スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホタルノヒカリ 15巻(最終巻)

2009年10月14日 08:02


ホタルノヒカリ 15―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (講談社コミックスキス)
Amazon


物語が山場を迎えて盛り上がった14巻とくらべると、徐々に収束していく感じがちょっと寂しいな、という感あり。

14巻で、なぜ蛍が高野部長から離れる決心をしたのか、わかるようでいま一つ釈然としなかったのが、15巻の冒頭の章でよく理解できた感じです。高野部長が大好きで、一緒にいたいんだけど、部長と自分の人間的な「格」が違いすぎて、どうしても彼に引け目を感じてしまう。やはり人間、釣り合わない相手といるのは気がひけるものです。だから、彼のことが好きだからこそ、一緒にいても引け目を感じない人間になりたくて、彼と離れることにした蛍。そんな彼女の気持ちを、高野部長も理解して、彼女の好きなようにさせてあげたのでしょうね。

それにしても、冒頭でいきなり「5年後」の話になってるって・・・韓国ドラマか?(笑)
二人、とうとう結婚したか・・・と思えば、誰かさんの披露宴だったり(高野部長の後を継ぎ、部長に昇進したんですね~)、番外編「リバプールの恋」で、優華がとうとう要に愛想を尽かして、マコトくんに走った!?かと思いきや・・・などの、トラップもしかけられていましたが、蛍もその周りの人もみんなハッピーエンドで、めでたしめでたし

蛍34歳。なんかピチピチの20代のうちに、高野部長と結ばれるシーンが見たかったような気もしたのですが、あとがきで、蛍なりの「自由」を確立するためには、彼女なら5年の歳月を要したと思うという内容の作者のコメントを読んで、なるほどな~と思いました。

あと、5年の歳月が経ってうれしかったことが一つ。高野部長、シブキャラで素敵だったのですが、私にとっては所詮年下クン チェッ!と思ってたのですが、5年経つと、私よりも年上に・・・! あぁ、高野部長のような包容力のあるアラフィフ男性、どっかにいませんかね?蛍よりも、さらに年季の入った干物女が、ここにいるんですが・・・(いらない?)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://seka.blog81.fc2.com/tb.php/900-9eec7a75
    この記事へのトラックバック

    NEW ENTRIES

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。