FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ユンソク、「戦友致奠」(仮)出演決定。

2008年04月24日 11:54

「追撃者」のスター、キム・ユンソク(40)が、「犯罪の再構成」「タチァ」で息の合ったチェ・ドンフン(37)監督と、三度目に息を合わせる。 キム・ユンソクは、チェ監督の新しい映画「戦友致奠」(仮題、製作映画会社家)に出演する。

キム・ユンソクは、自分の実質的な映画デビュー作である2004年「犯罪の再構成」の時からチェ・ドンフン監督と縁を結んだ。 88年からすでに演劇とミュージカルで名を馳せたが、スクリーンデビューは遅かった。 同様に「犯罪の再構成」は、チェ監督にとっても初めての演出デビュー作であり、二人の縁は格別だった。

キム・ユンソクは引き続き、2006年にチェ・ドンフン監督の「タチァ」でアギィ(餓鬼)役を引き受けて、第44回大鐘賞男優助演賞を受賞した。 チェ監督は「タチァ」のシナリオを書く時から、アギィ役には他の俳優を考えてなかったほど二人の信頼は格別だ。

キム・ユンソクには「追撃者」の成功以降、多くの作品の出演依頼が殺到した。 だが、チェ・ドンフン監督の新作映画を1番目に選び、「必ず出演したい」という意向を伝えた。 チェ監督もこの映画を準備しながら、キム・ユンソクをすでに念頭に置いていた。

キム・ユンソクの所属会社、心エンターテイメントの関係者は「まだシナリオが完成されていなかったし製作初期段階だが、出演することを約束した。撮影開始は9月以降と予想している」と明らかにした。

「戦友致奠」は同名作者未詳の朝鮮時代小説が原作だ。 原作は「洪吉童伝」を模倣して、先祖時代に実際道術横(?)名を馳せた前愚癡の英雄物語を描いた。製作計画が知られた後、「犯罪の再構成」と「タチァ」を立て続けに成功させたチェ・ドンフン監督の、次回作であるだけに関心が高かった。

気のきいた道術を使う前愚癡が、宴官汚吏を苦しめて民たちの悔しさを解消してくれるという内容が基本の筋書き。 キム・ユンソクは前愚癡の師匠役を引き受ける予定だが、配役はまだ確定していない。道術が登場する映画であるだけに、きらびやかなアクションと特殊効果も描かれる予定だ。

タイトルロール前愚癡役では現在カン・ドンウォンが取り上げられている。

≫「義理派」キム・ユンソク「チェ・ドンフン監督作品が1番目」(dongA.com)より


前に「追撃者」の記事でキム・ユンソクを見て、「おぉ、『復活』のチョン社長だ!」とちょっと感激した。只今GyaOで視聴中のドラマ「復活」、その中でも、酸いも甘いもかみわけたやり手の調査会社?社長役としてなかなかの存在感を放っているので、映画の主演で活躍していると知ってうれしかった。チェ・ドンフン監督とは「相思相愛」の信頼関係が築かれていて、監督の作品なら即OK!って感じだったのね。

話題の監督に話題の俳優、その上主役がドンくんに決定したら、大々注目の映画になりそう
ところで肝心のシナリオ完成本は、もう出来上がったんでしょうか?



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://seka.blog81.fc2.com/tb.php/694-bd5aa135
    この記事へのトラックバック

    NEW ENTRIES

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。