FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性芸能人のスリム化進行中。

2008年04月18日 13:01

スリム・タイト・スキニーが男性ファッションコードの「大勢」になりつつあり、男たちもスタイル作り戦争の真っ最中だ。トレンドのトップランナーである芸能人たちが最も忙しい。この頃人気ドラマとして浮上したSBS「オンエア」の二人の男性主人公、イ・ボムスとパク・ヨンハを見ればこのような流行が克明に現われる。

映画で見せてくれたコミックイメージと「かっとポムス」というニックネームを持つイ・ボムス。彼がこの頃大いに変わった。前より肉がたくさん落ちて、イメージがぐんと洗練されたし、スリムに見える。
彼はSBS「外科医ポン・ダルヒ」出演以降、専門トレーナーとともに着実に体を作った。体重も約5kg程度落ちた。イ・ボムスのマネジャーは、「イ・ボムスのファッション感覚は格別な方」と言いながら、「着実に体型管理をしながら普段も体にフィットする服を楽しんで着ている」と伝えた。

同じドラマに出演中のパク・ヨンハも、この頃ぐんとスリムなスタイルでブラウン管に映っている。
パク・ヨンハの所属会社ユンヨン代表は「たゆまぬ運動と食事の調整で体型を管理している」「ファッショントレンドに合うようにスリムでタイトな服を主に着ている」と話した。

男性芸能人の中でスリムルックをリードするスターはカン・ドンウォンだ。 彼はスキニースタイルで有名なブランド「ディオール・オム」のマニアで知られている。彼は身長188cm、体重70kgで乾いた(?)体型に近い。「ディオール・オム」が国内に輸入されていない4年前からこのブランドを着て通った。

ファッションの専門家たちは、スキニーな男性ファッションスタイルはすでに流行の終わりにあると見ている。また、東洋人の体型では取り入れにくいファッションだとも指摘する。しかし大衆的な次元ではスリムスタイルが大勢だ。

男性ファッション雑誌「アリーナ」のファッションディレクター、ミン・ビョンジュン は、「スキニールックを取り入れて自分のものにできる芸能人は、カン・ドンウォンとチョ・インソンぐらい」と言いつつ、「スキニーなスタイルを取り入れようとするなら、乾いたことも重要だが長くなければならない」と語った。

≫イ・ボムス、パク・ヨンハも? 男性ダイエット熱風(マネートゥデイ)より


・・・というわけで、記事の写真はドンウォン&インソンくんです^^
ドンくんの写真、いつ頃のだろ?膝下が特にビュワーンと長く写ってます

「スキニースタイルは東洋人の体型では取り入れにくい」というのが意外だった。
欧米人よりも華奢なぶん有利かと思っていたので・・・。

人それぞれ、適正な体型は異なるだろうから、みんなでやっきになってスリムを目指す必要もないと思うけど、ドンくんのスリムボディは確かに素敵です
まぁ、ファッションディレクターいわく、彼は特別っていうことで^^



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://seka.blog81.fc2.com/tb.php/679-f244df4d
    この記事へのトラックバック

    NEW ENTRIES

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。