FC2ブログ

チェ・ドンフン監督映画次回作にドンウォンくん?

2008年04月17日 18:08

チェ・ドンフン監督の映画次回作の主演候補にドンウォンくんの名前が上がっている。

≫「いかさま師」チェ・ドンフン監督次回作は「戦友致奠」(JES)より

「犯罪の再構成」「いかさま師」のチェ・ドンフン監督が、古代小説を脚色した「戦友致奠」を次回作に決定した。「戦友致奠(田禹治伝)」は作者、年代不詳の古代小説で、朝鮮禅宗の時代に実在した前愚癡を主人公とする一種の道術小説だ。 韓国古代小説中「洪吉童伝」と共に、道術を素材にした作品の中では代表作に数えられる。

映画アイテムとして魅力的なこの素材に関心を見せた、チェ・ドンフン監督の選択眼が新しくて興味深い。

これに関連して映画会社家のイ・ユジン代表は「まだシナリオ完成本が出ない状態で、タイトルも仮名だから何だと言いにくい立場」と言いながら、「元々の計画よりプロジェクト日程が遅れている」と話した。

極秘裡に準備中の「戦友致奠」は、道術がキーワードであるだけに、きらびやかな画面と迫力が観客の視線をひきつけると予想される。

チェ・ドンフン監督は「犯罪の再構成」の時、自ら演劇舞台で抜てきしたキム・ユンソクとキム・サンホを起用するつもりであり、映画会社家は主人公にカン・ドンウォンなどを物色中だ。

※道術=道士や方士の行う長生・呪術などの術。仙術。方術。(三省堂「大辞林 第二版」より)


ドンくん、たとえ主役を打診されているとしても、まだシナリオが出来上がってないんじゃ、返事のしようがないよねぇ・・・
古代小説・・・どんな衣装になるのかな?ちなみに私は「デュエリスト」で見せてくれた、ドンくんの韓服姿に萌えでした。長髪もよかったけど、あのシルクハットみたいな形の帽子?をかぶった姿にキュン
最終的には決定になるのかどうなのか・・・続報が気になります。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://seka.blog81.fc2.com/tb.php/676-49fc7c74
    この記事へのトラックバック

    NEW ENTRIES