スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「義兄弟」の夏、終わる。

2009年09月29日 23:58

去る6月5日クランクインした「義兄弟」は、4ヶ月間の日程を経て、去る22日仁川(インチョン)空港にて、「ハンギュ」と「チウォン」の出国場面でクランクアップした。ソン・ガンホとカン・ドンウォンをはじめ、すべてのスタッフたちは、2009年夏シーズンの間、貴重な玉の汗を流してオールインした映画「義兄弟」を通して、2010年上半期の劇場街を熱い雰囲気に包む予定だ。

クランクアップ当日、二人の主人公ソン・ガンホとカン・ドンウォンは、それぞれ現実的で人間的な性格の「ハンギュ」と、うわべは冷たいが内面にあたたかい感性を持った「チウォン」のキャラクターに完璧に没頭したことはもちろん、幻想の演技呼吸を誇示して有終の美を飾った。

チャン・フン監督のOKサインが下りた後には、監督と俳優、スタッフたちがお互いを励まし合い、撮影終了に対する惜しさをほのめかしたりした。

「ハンギュ」役のソン・ガンホは、「昨夏は『義兄弟』のための季節だった。観客の方たちが私たちの映画を好んで見てくれたらいいなと思う」と、最後の撮影に対する所感を伝えたし、「チウォン」役のカン・ドンウォンもまた、「皆が苦労して撮った映画だ。4ヶ月間何の事故もなく無事に撮影を終えることができて幸いに思う。熱心に撮ったぶん良い映画として完成してほしい」と最後の所感を残した。


≫映画「義兄弟」来年封切り予定(プライム経済)より


映画「義兄弟」、9月22日にクランクアップ。
キャストはじめスタッフのみなさん、お疲れさまでした!
ほんと、ドンくんの言うように、撮影期間中、無事故で終えられて何よりです。
待望の画像がアップ 沈鬱な面持ちのチウォン、「うわべは冷たいが内面にあたたかい感性を持った」彼に早く会いたいです(≧▽≦)
映画は来年上半期に韓国で公開。その頃ドンくんは、どうしているのかな・・・?


スポンサーサイト

ドンウォンくんのファンミーティング

2009年09月28日 22:11

さっき申請してきました。

名ばかりの公式サイトだと思っていたのに・・・なんと素晴らしい爆弾企画を立ててくれたことでしょう!

しかも、

ファンミーティングの参加費は全て無料で、入場料もかかりません。
今回のファンミーティングはカン・ドンウォンさんが直接主催し、進行はカン・ドンウォン、gangdongwon.comで成り立ちます。


って、なんて太っ腹なの!やる気マンマンなのドンくん!(T▽T)
金なんて、払えと言われれば喜んで払うのに・・・来日費用や会場の手配、準備等、何かと経費がかかるだろうに・・・とかえって心苦しい限りです。

でも、兵役のことも考えてかな? 日本のファンにもちゃんと気配りしてくれるのは、とってもうれしくありがたいことです(T▽T)

来月、会える・・・のかな
あぁ、東京までの往復運賃分が赤字だよ~!
って、ウレシイ悲鳴?(いや、実は切実な問題なのだが


言葉のキャッチボール

2009年09月26日 22:34

私は対話をするとき、相手と言葉のキャッチボールをしたいと願う。でも残念なことに、相手の話をロクに聞かず、延々と自分の話をしたがる人が、案外多い。そういう相手と二人きりでいるのは苦痛だ。そんなに自分だけ一人でしゃべりたいんなら、穴でも掘って、穴に向かって勝手にしゃべっててくれ、私を巻き込むな、と思う。

でも、えてしてそういう類の人たちは、自分の話を黙って聞いてくれる他人を必要としている。その自己中心的な精神構造は、おそらく3歳くらいから発達が止まってしまっているのではないか。実際にそれくらいの年齢のときに、自分の話をちゃんと聞いて受け止めてくれる大人が周りにいなかったため、いまだに周囲の人間に「無条件で自分を受け入れてくれる愛情」を求めているのかも知れない。

「誰だって、そういうタイプの人は苦手だよ」と思われるかもしれない。でも、そう思う人よりも、私の苦手アレルギーはたぶんいっそう強い。それは、自分の父親がそういうタイプの人間であるからだ。

子どもの頃、自分の話したいことだけ一方的にしゃべり、子どもの話は聞こうとしない父親の態度に、「自分への関心のなさ=愛情の欠如」を感じていたような気がする。さらに、「一方的に人の話を聞かされ続けるのが苦痛なのは当たり前」という知識もなかったため、父親の長話を苦痛に感じる自分を「悪い子」だと感じて、心の中は苦痛と自罰の念で葛藤していた。

大人になってようやく、「苦痛なのは当たり前」と、自分の自然な感情を許せるようになってから、父親の話を、飽きてきたら適当に聞き流せるようになってきた。「話を聞くのにも集中力がいるんだから、長々と話し続けられると疲れる」と、面と向かって言えるようにもなった。ただし、敵は懲りた様子もなく、あいかわらず話が長い。きっと死ぬまでそんな調子なんだろう。でも大人になった自分は、父親が、愛情表現は不器用ながらも、自分を大切に思ってくれていることに気づくことができた。

今日、友人と会い、お茶しながら話をした。彼女は社交的で受け答えも洗練されていて、当然、言葉のキャッチボールもできる人だ。ほんの3時間足らずの間に、仕事の苦労話からたわいない世間話、冗談まで、とても話が弾んだ。なんだか元気になって、家へ帰ってからも家族との会話まで弾む。楽しい対話の時間が持てると、心が活性化される。こんな素敵な友人がいてくれることに心から感謝したい。


上高地~駒ヶ根の旅ダイジェスト

2009年09月16日 23:15

9/15(火)

大正池。




090915_02.jpg

河童橋から見た梓川。




9/16(水)
090916_03.jpg

下條村の朝霧。




090916_01.jpg

駒ヶ根ロープウェイへバスで行く途中、
道端に突然姿を現したカモシカ。




090916_04.jpg

千畳敷。




090916_02.jpg

ロープウェイ乗場からバスで下山する
途中、サルの群れに出くわす。




090916_05.jpg

光前寺の庭園。


ヤモリ。

2009年09月12日 17:00


バイト先に向かう途中の階段で、
なにやら発見!




090912_02.jpg

ヤ・モ・リ
携帯で撮影してから、おもむろにさわる。
ぷにょぷにょしてた。
相手は大あわてで逃げた(悪いね)




幸せと不幸は一つでセット。

2009年09月06日 14:50

今日、プリンターのインクカートリッジを買いに、最寄りの大型家電店に行ったら、ちょうど欲しかったブラックとイエローが品切れ。なんかな~と思ってしまった。

たくさんの商品を扱っている店の場合、商品の隅々まで目が行き届かず、うっかり品切れしてしまうこともあるのは仕方ない。でも、商品によって「しょうがないね」で済むものと済まないものがあると思う。インクカートリッジは明らかに、「しょうがないね」ではすまない商品なのではないだろうか。

幸い自分の場合は、ストック分の補充のために来たので実害はなかった。でも中には、プリンター使用中に突然「インク切れ」の表示が出て、あわてて買いに来る客もいることだろう。そんな人にとっては、一刻を争う状況の中で、「品切れ」なんてあってはならない事態なのではないか。

「しょうがないな~」と思いつつ、その後、百均ショップに寄り、最後に古書店チェーン店に立ち寄った。バイト仲間から2・3巻を借りて昨夜一気に読んだコミックの1巻を見つけたので、その1冊と、他にちょっと気になってるマンガの1巻も試しに、105円のものを手にとってレジに向かった。すると、只今105円で2冊買えるキャンペーンをやってると店員さんに聞き、大急ぎで2巻も取りに本棚に走った。ラッキー♪

なんだかふと思ったこと。
幸せと不幸は一つでセット。それが人生。

今回は幸せも不幸も、瞬時に忘れ去るくらいのたわいない出来事だったけど、自分に背負いきれないと思うほどの不幸に見舞われた場合は、そのあまりの重さに圧倒されて、自分が生きていること自体が不幸だと思い込んでしまいがちだ。でも、そのときは、思考が不幸に囚われてしまっているだけで、別の機会には幸せもちゃんと訪れているのだろう、きっと。

ついつい「不幸」の方に強く囚われてしまいがちな悲観的な人間(私)は、幸せを見逃さず味わう感受性を、日頃から磨いておいた方がいいなと思う。



最近、百均で買い集めたもの。
近々、本屋さんで企画フェアを
やるので、今日は一日、その
準備で終わりそう・・・。



ミリオン突破おめでとう!

2009年09月03日 21:23

携帯に、久々の「迷惑メール」(※注:迷惑じゃない方の迷惑メール)が飛んできたと思ったら、潤くんから
「All the BEST!1999-2009」がミリオン突破したことのお礼メールでした。

皆さんの応援のお陰で、デビューして初初だよ
ミリオンいきました

ホントにありがとう


いやぁ、やったね おめでとう
ていうか私、このメールで初めて知りました。
昨日の朝、もうニュースが出てたんだね・・・

>嵐ベストが発売13日目でミリオン達成、デビュー以来初 (オリコン)

嵐のデビューから、ずっとシングルとアルバムを買っているファンにとっては、今回のアルバムの新曲は「5×10」だけで、新鮮味がなかったかもしれない。
でも、おそらく、デビュー当初からのファンより、途中からファンになった人の方が、いまや大多数を占めるだろうと思う。そんなファンにとっては、このアルバムは「買い」です。

私なんかも、初期のシングル・アルバムは持っていないので、DISC1はまるごとうれしかったです
シングルを一挙に聴けるというのはいい。今もBGMにこのアルバムを聴いてます♪


NEW ENTRIES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。