スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓タメ!BOOK

2009年05月29日 23:40

今日、本屋さんに「韓タメ!BOOK」という書籍が入荷した。フジテレビで放送中の「韓タメ!DX」という番組のオフィシャルブックらしく、13人の韓流スターのインタビューが載っている。その中に、な、なんと、ドンくんの名前が! 仕事を終えた後、帰りに早速、中味をチェックしましたよ(店員が立ち読みするな・・・

いつ頃のインタビューなのかはよくわからなかったけど、写真は「デュエリスト」と「オオカミの誘惑」、「威風堂々な彼女」のスチールでした。番組に出演したときの写真が欲しかったなぁ・・・。

記事の内容は・・・なんかプリンの話が印象的で。ドンくんって・・・自分が差し入れにもらったプリンを、サッとスタッフの人に分けてあげたり・・・それも口にスプーンを加えながら^^ さらにインタビュー中、いきなり「右手が・・・」と言い出したり(ダーツ大会に参加した疲れで右手首がふるえていたらしい)・・・他人にきめ細やかな配慮をする反面、ふるまいはホントに自由人だなぁ・・・とおかしかったです^^

中味が気になる人は、本屋へGO!


韓タメ!BOOK
Amazon



ところで、いまマスコミを賑わせている村上春樹の「1Q84」。ウチの本屋さんでも、昨日入荷しましたが、その日のうちに完売。今朝、お客様から「取り置きしておいて」という電話を受け、その旨お伝えしたら「今日が発売日なのに?」と言われてしまいました・・・まったくもってその通り。発売日に1冊もないなんて・・・100冊くらい欲しかった。

入荷日の朝に早速、出版社に追加注文はしましたが(電話がなかなかつながらず、コンサートのチケット取り状態だった)、入荷は1週間先・・・買いそびれた方、大手書店を当たるか、再入荷までしばしお待ちを~。

ちなみに私、入荷した朝、真っ先に自分の分を取り置きしました。
いちお、ハルキストなもので^^
それにしても前作「海辺のカフカ」からすでに7年も経ってたなんて・・・ついこの前のような気がしてました



1Q84(1)
Amazon

1Q84(2)
Amazon



スポンサーサイト

「義兄弟」6月中頃クランクイン予定。

2009年05月20日 19:31

都会的な役を主に引き受けてきた花美男俳優カン・ドンウォンが、今度は南派スパイに変身する。

カン・ドンウォンの所属会社
(?)は、「何日も休むことができず、直ちに(映画「義兄弟」の)撮影準備に入らなければならない」「クランクインの日にちは決まらなかったが来月中旬ぐらいになる見込み」と伝えた。

カン・ドンウォンは去る18日、フィリピン・ボラカイ島でファンタジーアクション物「田禹治(チョン・ウチ)」(監督チェ・ドンフン)の撮影を9ヵ月ぶりに終えた。 撮影中ずっとワイヤーアクション演技を消化するために大小の打撲を負い、体重も5㎏減った。

だが、フィリピンの撮影場から帰ってきた彼は、数日だけ休息を取り、直ちに「義兄弟」の撮影準備に入らなければならない状況だ。「義兄弟」は昨年、「映画は映画だ」で注目されたチャン・フン監督演出、ソン・ガンホ出演で期待を集めている。ソン・ガンホは元国家情報院要員役を引き受け、カン・ドンウォンは南派スパイを演じることがわかった。


≫俳優カン・ドンウォン、南派スパイに変身(朝鮮日報)より

※南派
任務を与えて南に送ること。特に北朝鮮で南韓(南北に分断された韓国の休戦線南側地域)にスパイなどを送ることをいう。


クランクアップの後にすぐクランクインの記事・・・なんというあわただしさ
次の映画の撮影が迫っていると、つかの間の休日も休息にならないだろうね・・・。
ドンくん、ほんと、お疲れさまです~

ところで、髪、切っちゃうんでしょうかね?



「チョン・ウチ」18日にクランクアップ!

2009年05月19日 17:05

映画「田禹治(チョン・ウチ)」(監督チェ・ドンフン/製作映画会社「家」)が去る5月18日、フィリピン、ボラカイ海外撮影を最後にクランクアップした。

有名な国内最高の俳優たちを一堂に集め、100億ウォン台の製作費を投入して作る超大型プロジェクトらしく、「田禹治」は昨年9月撮影を始めて延々8ヵ月間、ソウル―釜山(プサン)―大邱(テグ)―鉄原(チョルウォン)―全州(チョンジュ)―益山(イクサン)など全国を縫ってフィリピン海外撮影まで大規模ロケを消化した。

特に、都心ビルディング群でのワイヤーアクションやカーチェイスなど映画の中で主要な場面を、清渓川(チョンゲチョン)、江南大路(カンナムデロ)、明洞(ミョンドン)、仁寺洞(インサドン)など、交通規制と群衆殺到問題で撮影許可さえ難しいソウル都心の繁華街で撮影を敢行したことが知られて注目されている。本場ハリウッドのスーパーヒーロー物に挑戦する「韓国スーパーヒーロー映画」を掲げるだけに、首都ソウルを代表する空間を鮮やかに盛り込みたかった製作陣の強い意志がうかがえる。

一方、「田禹治」はカン・ドンウォン、キム・ユンソク、イム・スジョン、ユ・ヘジンなど主演俳優たちが皆ワイヤー撮影を進行したほど、アクションの比重が大きい映画で、俳優たちの肉体的な苦労も侮れなかったという後日談だ。特に主人公チョン・ウチ役のカン・ドンウォンは、撮影前からソウルアクションスクールでワイヤー、剣術、格闘訓練など手にタコがいっぱいできるほどつらい訓練を受けた
(T__T)

また撮影量の半分以上がワイアーアクションのため、体重が5kg以上減り、全身にアザのない日はなかったが(T__T)高難度アクションまで大部分のシーンを代役なしで直接消化する闘魂を見せて、スタッフたちの賛辞を受けた。国内最高の武術監督と呼ばれるチョン・ドゥホン監督さえ、「これ以上教えることがないというくらい、アクションの才能に優れている。こんな俳優は初めて見た。オリンピックにワイヤー部門があったら、カン・ドンウォンが金メダル候補だ」と絶賛した。

8ヵ月間の撮影の長丁場を終えた「田禹治」は、映画の中の派手なアクションと時空間を行き来する壮大なスケールの道術ファンタジーを実感できるよう具現するために、約6ヵ月にわたる後半の作業後、12月に封切りの予定だ。

「田禹治」のある広報担当者は、「今回の映画には、『良い奴、悪い奴、変な奴』のチョ・ファソン美術監督とチョン・ドゥホン武術監督、『良い奴・・・』『レッドクリフ』の特殊効果を担当したデモリション、『グエムル』『コウモリ』『マザー』を手がけた国内最高のCG会社エイジウォクスが参加した」
「国内最高のビジュアルスタッフたちが一つになって作った韓国スーパーヒーロー映画『田禹治』は、韓国版怪獣映画『グエムル』、韓国版ウェスタン映画『良い奴、悪い奴、変な奴』に引き続き、もう一度国内映画のめざましい発展を告げるwell made(格好のよい、できのよい)映像を具現すると期待される」と明らかにした。


≫100億ウォンの大作「田禹治」18日にクランクアップ(Newsen)より


ドンくん、本当にお疲れさまでした~m(_ _)m
ハードな8ヵ月+撮影準備期間を経て、体重は5kg以上減り、全身アザだらけ、手はタコだらけ・・・(T_T) そして高難度のワイヤーアクションを代役なしでこなし、チョン武術監督から「オリンピックにワイヤー競技があったら金メダル候補だ」と言われるほどの素晴らしいアクションを披露した・・・と。

人一倍負けず嫌いで努力家だとは思っていたけど、その身体能力の高さときたら・・・凄すぎて正直引いちゃうほど きっとスポーツ選手になっていても活躍してたんだろうね。

それにしても膨大な制作費と時間を投入し、韓国内最高のビジュアルスタッフを揃え、主役のワイヤーアクションも完璧とくれば・・・ビジュアル的には相当見ごたえのある作品になりそう。あとはチェ監督のストーリー構成力に期待です。

で、ドンくん、今度は「義兄弟」の撮影準備? キャ~



信州~飛騨の旅ダイジェスト

2009年05月12日 23:00


光前寺(長野県駒ヶ根市)の
光苔を撮った・・・残念な写真
石垣のすき間の暗闇にかすかに
見える緑色が光苔なんだけど・・・
思いっきり手ブレしてしまった
これ以上近づいても遠ざかっても
見えない、という絶妙な距離で、
緑がボウッと光って見えるのです。




0511_02.jpg

お口直しに?境内にある三重塔を。




0511_03.jpg

台城公園(下伊那郡松川町)内に
ある、見ごろを過ぎたツツジ園。
(残念な写真シリーズ?




0511_04.jpg

遊具の周りは満開だった。




0511_05.jpg

元善光寺(飯田市)で7年に1度の
御開帳を拝観。ご本尊の善光寺如来は
撮影禁止なので、右手に結ばれた
金糸から五色の紐を経てつながっている
回向柱を
「これに触ると願いごとが叶う」と
バスガイドさんから聞かされ、
思いっきり触ってきた。




0511_06.jpg

開善寺(飯田市)の山門。
重要文化財に指定されている
室町時代の建造物。




0512_01.jpg

泊まった宿の敷地内にある
長いすべり台。スタート地点は、
立ち木のさらに向こう側を回って
いる。早朝にひとすべりして満足




0512_02.jpg

白川郷(岐阜県大野郡白川村)の
合掌造りのみやげ物屋。右背後
には雪を頂いた白山がチラリと。
右端に座る3人のお婆さんがツボ



恋愛演技をしたい俳優1位☆

2009年05月08日 22:06

俳優カン・ドンウォンとハン・イェスルが共に、恋愛演技をしたい俳優1位に選ばれた。

演技トレーニングセンター「C.A.S.T. by iHQ」が、4月23日から5月5日まで俳優志望生1,299人を対象に、「恋愛映画の主人公を一緒に演じる相手役に誰を選ぶか」というアンケート調査を実施した結果、カン・ドンウォンとハン・イェスルがそれぞれ男女1位に選ばれた。

カン・ドンウォンは429票、ハン・イェスルは372票で1位に上がり、2位はチョン・ウソン(333票)とソン・ヘギョ(240票)、3位にはチャン・ドンゴン(225票)とイム・スジョン(186票)が選ばれた。

一方、「韓国を代表する俳優の中で、暮らせる機会がたった一日与えらたとしたら、果たして誰と暮らしたいですか?」という質問に、チョ・インソンが387票、チョン・ジヒョンが462票を得てそれぞれ男女1位に上がった。2位はハ・ジョンウ(258票)とキム・ヘス(270票)、3位はソン・ガンホ(222票)とチョン・ドヨン(241票)が選ばれた。


≫カン・ドンウォン-ハン・イェスル、恋愛演技を一緒にしたい男女俳優1位に上がる(Newsen)より


恋愛映画の相手役にドンウォンくんをご指名とは・・・俳優になろうという人たちは、さすがに大胆ですね~(まぁ、中には自分の知名度アップのために、という野心家もいるかも) 私は、ドンくん相手にラブシーンなんて、恥ずかしすぎてできないわ~

でも、もし演技のワークショップかなんかが開催されて、ドンくんと一緒に演技できる機会が巡ってきたとしたら(出たよ妄想)・・・恋愛未満の微妙なところにいる男女の寸劇なんかやってみたいですね~。たとえていうなら、オフコースの曲「Yes-No」の

今なんていったの? 他のこと考えて
君のことぼんやり見てた


っていう、あの世界ですよ~っ!ドンくんがぼんやり見てる「君」は、私だったりするわけですよ~ キャ~ッ(≧▽≦) (重症

一日一緒に暮らしたい(というのは、一緒に過ごしたいというニュアンス?)のも、もちろん、ドンくんで~す 釜山の観光案内してもらいたい♪ 映画「HERO」を観て、山の斜面に家々が立ち並ぶ風景や、屋台が気に入っちゃったんです。そしてその後、川沿いを手をつないで歩きたい・・・

・・・って、なんかもう、記事の感想というより、妄想炸裂・・・スンマセン



バトルカップルは人見知りカップルだった?

2009年05月04日 23:28

役者キム・ジョンファが、最近MBC「ユ・ジェソク、キム・ウォニの遊びにきて」録画中に、モデル出身のトップ俳優、カン・ドンウォンとのエピソードを公開した。

MBCドラマ「1%の奇跡」で共演したキム・ジョンファとカン・ドンウォンは、撮影中の6ヶ月、ずっとぎこちなかったという。「以前の私は内気な性格で、相手の俳優と親しくなりにくかった。カン・ドンウォンと撮影する時は、より一層そうだった」と告白した。引き続き「結婚後に子どもを持つシーンまで撮ったのに、抱き合う場面さえとてもぎこちなくて、撮影が大変だった」「監督が私たちに、恋愛もしてこなかったのかと怒るほどだった」と付け加えて説明した。


≫キム・ジョンファ、カン・ドンウォンとぎこちなかった過去打ち明けて
「私があまりにも内気だから、相手の俳優と親しくなりにくかった」(ナヌムニュース)

より

キム・ジョンファは、「これではだめだと思い、ちょっとでも親しくなろうと、食事のときに同席してみたりもしたけど、とてもぎこちなくて、ご飯がまともに喉を通らなかった」「結局、最後の打ち上げパーティーの日に、互いに90度でお辞儀して、尊敬語で『今度会ったらきっと親しくなります』と言って別れた」と話して爆笑を誘った。

≫キム・ジョンファ、カン・ドンウォンと6ヶ月の間ぎこちなかった理由は?(スターニュース)より


10asiaというサイトでは、キム・ジョンファのこの発言に対し、
「本当に内気ですね(カン・ドンウォンなのに、カン・ドンウォンなのに!)」
とコメントしていましたが・・・いくら相手が魅力ある人物でも、波長が合う合わないはどうしようもないもんね~ 私だって、こんなにこんなにドンくんLOVEでも、実際に会って話すと、「違う・・・」と思ったりすることもあるかもしれない。

なんというか・・・内気な者同士というのは、互いに打ち解けにくい性質を持つ者同士ということなので、よほど波長が合う相手以外は、無理に近づこうとせず、お互いに気まずくならない適度な距離を取ることが良策かな?と経験上思います。

それにしても、気まずい相手と気まずい思いをしながらの恋愛演技・・・俳優さんって本当に大変な職業ですねぇ そんな困難を抱えつつも、ロマンチックかつコミカルな「1%」ワールドを堪能させてくれた二人に拍手&感謝です(*^-^*)



1%の奇跡/イルパーセントエ・オトン・ゴッ  (韓国盤)
内気さん同士
Amazon



麻薬事件容疑者に「花男」出演者も?

2009年05月02日 21:44

最近、俳優チュ・ジフンとイェ・ハギョン、女優ユン・ソルヒなどの麻薬使用容疑が知らされ、ファンに衝撃を与えている中で、人気ドラマ「花より男子」の出演者の中にも、麻薬事件に関わった人物がいるとわかり、さらなる波紋が予想されている。

ソウル地方警察庁麻薬捜査隊は、芸能人麻薬事件に関して、すでに知られた3人以外にも、2~3人の人気芸能人が含まれている情況を確保して、捜査を行っていると明らかにした。

特に警察の捜査線上に上がった芸能人の中には、この間放映終了したKBS「花より男子」に出演したモデル出身の役者と、デビュー4年めの歌手が含まれていると知らされ、気がかりなことをかもし出している状況。

ネチズンたちは、「花男」出演者の中でモデル出身の役者はAさんの他にいないと、麻薬使用容疑者が誰なのかほとんど確信している。

しかし、ネチズンたちが特定しているAさんは、「同姓同名のため生じた誤解」と悔しさを訴えたことがわかった。

一方、警察は捜査線上に上がった3人中2人が12回にわたり、麻薬資金を映画俳優ユン・ソルヒ(28·女)さんに渡した情況をとらえて、詳しい内容を調査中であることがわかった。

今回の麻薬事件には、捜査中の有名芸能人2~3人を含め、少なくとも14人が関与したとわかっており、警察の捜査はより一層拡大すると見られ、さらなる波紋を呼びそうだ。


≫「花より男子」出演陣の中にも麻薬使用者が? モデル出身の役者はこの人だけなのに…「衝撃」(トゥデイコリア)より


「モデル出身のAさん」とはいったい誰なんでしょう? 誤解ならとんだ災難だけど、事実だとしたら、また大々的に報道されそうですね。現在「花男」は日本でも放映中だし。



NEW ENTRIES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。