FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬ前に見たい映画100

2009年03月25日 17:09

米Yahoo!が3月22日、「死ぬ前に見たい映画100」という映画史上の名作リストを発表した。
(英語題のABC順、カッコ内は製作年&監督名)

「十二人の怒れる男」(1957、シドニー・ルメット)
「2001年宇宙の旅」(1968、スタンリー・キューブリック)
「大人は判ってくれない」(1959、フランソワ・トリュフォー)
「8 1/2」(1963、フェデリコ・フェリーニ)

「アフリカの女王」(1952、ジョン・ヒューストン)
「エイリアン」(1979、リドリー・スコット)
「イヴの総て」(1950、ジョセフ・L・マンキウィッツ)
「アニー・ホール」(1977、ウッディ・アレン)
「地獄の黙示録」(1979、フランシス・フォード・コッポラ)
「アルジェの戦い」(1967、ジッロ・ポンテコルボ)
「自転車泥棒」(1948、ビットリオ・デ・シーカ)
「ブレードランナー」(1982、リドリー・スコット)
「ブレージングサドル」(1974、メル・ブルックス)
「欲望」(1966、ミケランジェロ・アントニオーニ)
「ブルーベルベット」(1986、デビッド・リンチ)
「俺たちに明日はない」(1967、アーサー・ペン)
「勝手にしやがれ」(1959、ジャン=リュック・ゴダール)

「戦場にかける橋」(1957、デビッド・リーン)
「赤ちゃん教育」(1938、ハワード・ホークス)
「明日に向って撃て!」(1969、ジョージ・ロイ・ヒル)
「カサブランカ」(1942、マイケル・カーティス)

「チャイナタウン」(1974、ロマン・ポランスキー)
「市民ケーン」(1941、オーソン・ウェルズ)
「グリーン・デスディニー」(2000、アン・リー)
「ダイ・ハード」(1988、ジョン・マクティアナン)
「ドゥ・ザ・ライト・シング」(1989、スパイク・リー)
「深夜の告白」(1944、ビリー・ワイルダー)
「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」(1964、スタンリー・キューブリック)
「我輩はカモである」(1933、レオ・マッケリー)
「E.T.」(1982、スティーブン・スピルバーグ)
「燃えよドラゴン」(1973、ロバート・クローズ)
「エクソシスト」(1973、ウィリアム・フリードキン)
「初体験/リッジモンド・ハイ」(1982、エイミー・ヘッカリング)
「フレンチ・コネクション」(1971、ウィリアム・フリードキン)
「ゴッドファーザー」(1972、フランシス・フォード・コッポラ)
「ゴッドファーザー PARTII」(1974、フランシス・フォード・コッポラ)

「007/ゴールドフィンガー」(1964、ガイ・ハミルトン)
「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」(1966、セルジオ・レオーネ)
「グッドフェローズ」(1990、マーティン・スコセッシ)
「卒業」(1967、マイク・ニコルズ)
「大いなる幻影」(1938、ジャン・ルノワール)
「恋はデジャ・ヴ」(1993、ハロルド・レイミス)
「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」(1963、リチャード・レスター)
「花様年華」(2000、ウォン・カーウァイ)
「或る夜の出来事」(1934、フランク・キャプラ)
「素晴らしき哉、人生!」(1946、フランク・キャプラ)
「ジョーズ」(1975、スティーブン・スピルバーグ)
「キング・コング」(1933、メリアン・C・クーパー&アーネスト・B・シュードサック)
「レディ・イヴ」(1941、プレストン・スタージェス)
「アラビアのロレンス」(1962、デビッド・リーン)
「ロード・オブ・ザ・リング」3部作(2001、2002、2003、ピーター・ジャクソン)
「M」(1931、フリッツ・ラング)
「M★A★S★H マッシュ」(1970、ロバート・アルトマン)
「マルタの鷹」(1941、ジョン・ヒューストン)
「マトリックス」(1999、アンディ&ラリー・ウォシャウスキー)
「モダン・タイムス」(1936、チャールズ・チャップリン)
「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」(1975、テリー・ギリアム&テリー・ジョーンズ)
「アニマル・ハウス」(1978、ジョン・ランディス)
「ネットワーク」(1976、シドニー・ルメット)
「吸血鬼ノスフェラトゥ」(1922、F・W・ムルナウ)
「波止場」(1954、エリア・カザン)
「カッコーの巣の上で」(1975、ミロシュ・フォアマン)
「突撃」(1957、スタンリー・キューブリック)
「もののけ姫」(1999、宮崎駿)
「サイコ」(1960、アルフレッド・ヒッチコック)

「パルプ・フィクション」(1994、クエンティン・タランティーノ)
「レイジング・ブル」(1980、マーティン・スコセッシ)
「レイダース/失われた聖櫃《アーク》」(1981、スティーブン・スピルバーグ)
「紅夢」(1991、チャン・イーモウ)
「羅生門」(1951、黒澤明)
「裏窓」(1954、アルフレッド・ヒッチコック)
「理由なき反抗」(1955、ニコラス・レイ)
「ロッキー」(1976、ジョン・アビルドセン)
「ローマの休日」(1953、ウィリアム・ワイラー)
「プライベート・ライアン」(1998、スティーブン・スピルバーグ)
「シンドラーのリスト」(1993、スティーブン・スピルバーグ)
「捜索者」(1956、ジョン・フォード)
「七人の侍」(1954、黒澤明)
「ショーシャンクの空に」(1994、フランク・ダラボン)
「羊たちの沈黙」(1991、ジョナサン・デミ)

「雨に唄えば」(1952、スタンリー・ドーネン&ジーン・ケリー)
「白雪姫」(1937、デビット・ハンド)
「お熱いのがお好き」(1959、ビリー・ワイルダー)
「サウンド・オブ・ミュージック」(1965、ロバート・ワイズ)
「スター・ウォーズ」(1977、ジョージ・ルーカス)

「サンセット大通り」(1950、ビリー・ワイルダー)
「ターミネーター2」(1991、ジェームズ・キャメロン)
「第三の男」(1949、キャロル・リード)
「スパイナル・タップ」(1984、ロブ・ライナー)
「タイタニック」(1997、ジェームズ・キャメロン)
「アラバマ物語」(1962、ロバート・マリガン)
「トイ・ストーリー」(1995、ジョン・ラセター)
「ユージュアル・サスペクツ」(1995、ブライアン・シンガー)
「めまい」(1958、アルフレッド・ヒッチコック)
「恋人たちの予感」(1989、ロブ・ライナー)
「野いちご」(1957、イングマル・ベルイマン)
「ベルリン・天使の詩」(1987、ビム・ベンダース)
「オズの魔法使」(1939、ビクター・フレミング)
「神経衰弱ぎりぎりの女たち」(1987、ペドロ・アルモドバル)
「大樹のうた」(1959、サタジット・レイ)

≫米Yahoo!が「死ぬ前に見たい映画100」をリストアップ(eiga.com)より


ちなみに自分、この中でどれくらい観てるだろうと思い、数えてみたら29本(青字の作品)。オレンジ色の007に関しては、初期のシリーズは一通り観ているはずだけど、記憶が定かでないので保留にしときます。「理由なき反抗」「オズの魔法使」あたりもビミョウなんですが・・・

ここ数年、映画をほとんど観ていない割には、そこそこ観てる作品があったなぁと・・・やはり長年生きてきた賜物ですなぁホホ。

トリュフォーとフェリーニは、映画通好みの作品が好きだった彼とつき合っていたときに観ました。でも、どういう内容だったかは忘却の彼方に・・・(催眠術でもかけてくれ~)

ゴダールは「勝手にしやがれ」、この作品だけが特別に好きで(すごく粋なんだよなぁ)、他の作品は理屈っぽくてよく理解できませんでした。

「俺たちに明日はない」「明日に向って撃て!」「カサブランカ」「ローマの休日」このあたりは、「ふふん、なるほど~!(妥当)」って感じです。

「ロード・オブ・ザ・リング」3部作は「当然!」って感じ。

「マトリックス」はストーリーも良かったけど、CGが画期的な作品でした。

宮崎駿作品の中では「もののけ姫」が入ってるんですねぇ。テーマが明確で、観る者の心を打つという意味では妥当かも。私の「宮崎駿作品ベスト3」の中にも入ってますが、ワタシ的にはトトロとナウシカの方がさらに好きです。

「ユージュアル・サスペクツ」が入っているのもうれしいなぁ♪

ところで「ターミネーター」は、1を押しのけて2が選ばれてますが・・・私、1に非常に感動したんですよ。でも、2は、自分の体験上「続編は最初の作品を超えられない」と思って観てないんですが・・・1をしのぐ素晴らしい出来だったということでしょうか? ならばチャンスがあればぜひ観てみたいと思います。

他の作品も機会があれば観てみたいな。でも「グリーン・デスディニー」は、テレビ放映されたときに観たけど、なぜかその世界に入っていけず、冒頭部分でリタイアしました



スポンサーサイト

次回作検討中?

2009年03月25日 02:31

俳優カン・ドンウォンとソン・ガンホが、映画「義兄弟」(仮題)にキャスティングされた。

映画「義兄弟」は、昨年「映画は映画だ」でデビューしたチャン・フン監督の新作で、南に送り込まれた北朝鮮の工作員と、元国家情報院要員が同居を始めることになって広がる話を盛り込む。

早めに出演を確定したソン・ガンホは、劇の中で元国家情報院要員で出演する。彼はチャン・フン監督に対する信頼と、シナリオの完成度を見て快く出演を決心したとわかった。

ソン・ガンホの相手役として、カン・ドンウォンが呼吸を合わせる。カン・ドンウォンは北朝鮮の工作員で出演する。南に送り込まれるスパイとして徹底した教育を受けたが、韓国にきて予期できない状況に巻き込まれることになる。

ある映画界関係者は、「カン・ドンウォンが出演を肯定的に検討していて、現在、詳細な契約を調整していることで分かる」と明らかにした。

「義兄弟」は来る5月クランクインする予定だ。


≫ソン・ガンホ-カン・ドンウォン、映画「義兄弟」で会う(OSEN)より


北朝鮮の工作員と、南の国家情報院要員・・・なんだか映画「シュリ」をほうふつとさせる設定だ・・・と思ったら、ソン・ガンホ、「シュリ」に出演してたんだね!ハン・ソッキュの同僚役で(いま知った)。

ガンホssiとドンくん、二人の画像を見比べると、いかついオッサン(失礼)と愛らしい少年(青年ですが・・・)って感じで対照的・・・と思っていたら、ガンホssi、自分より年下だった・・・ガ~ン(いや、別に、オヤジギャグじゃなくて

今度は友情と敵対する立場の間で引き裂かれる、男同士のせつない物語?

それにしても、クランクインが5月って・・・出演決定となると、ドンくん、「チョン・ウチ」のクランクアップと同時に、次回作の撮影に入るわけ? 準備期間は? 休養どころじゃないよね・・・ なんか入隊前に一気に撮りまくるって感じで・・・ファンとしては、スクリーンで彼の姿が観れる機会が増えるのはうれしけど、彼の身が心配です



沈丁花

2009年03月11日 18:08


ピンク色が入った、
ウスイロジンチョウゲの茂み。
仕事の行き帰りに、
甘い匂いを漂わせている。




090311_03.jpg

近所のシロバナジンチョウゲ。

どちらもアップで撮ったのだけど、
携帯のマクロ設定がわからなくて
ボヤけてしまった。
まだ使いこなせないねぇ・・・



水仙

2009年03月11日 17:50


家と塀のすきまにひとかたまり。



何?

2009年03月06日 20:38


酒好きの父の元に送られてきた、
いとこのグアム新婚旅行みやげ。
英語に暗い家族3人
「何?」と途方にくれていた。

ネットで調べてみると、どうやら
「ココナッツワイン」らしい。
改めてラベルをよ~く見ると、
「Wine from young coconuts」と
小さい文字で書かれていました。

正体がわかってひと安心。
謎の地酒かと思ったので・・・
(それでも良かったけど^^)



嵐の柱@名駅

2009年03月04日 20:34


嵐だ~!




090304_02.jpg

とりあえず、松潤とニノを収める。

ホントは、東山線のホームを
撮りたかったんだけど、
人が多くて断念しました・・・



映画の中で一番お似合いの年上年下カップル。

2009年03月03日 12:59

今や年上年下カップル時代だ。 ドラマや映画の中に出てきた年上年下カップルの中で、どのカップルが一番お似合いだろうか。 パッチ(韓国の女性向けサイト)会員334人に尋ねた。

1.一番お似合いのドラマの年上年下カップルは?

1位は32%でMBCドラマ「私の名前はキム・サムスン」のキム・ソナ&ヒョンビンカップルが占めた。放映が終了して4年経つこのドラマのカップルは、今なお私たちに強く認識されたカップルであるようだ。一番は、時代の平凡な現実の中の姿にぴったりの「サムスン」での、キム・ソナの体当たりの演技と、若干の「礼儀」を兼ね備えたヒョンビンとのカップルの掛け合いが、ドラマに熱狂する私たちにうらやましさのあまり歯ぎしりをさせたドラマだ。

2位は16%でKBSシチュエーションコメディ「オールドミスダイアリー」の、イェ・ジウォン&チ・ヒョンウカップルだ。そのシチュエーションコメディの「チPD」チ・ヒョンウは、イェ・ジウォンにだけでなく、すべての20~30代のお姉さんたちを熱狂させ、成功した年下男性の姿を見事に作り上げた。

3位は12%のSBS「甘い私の都市」の、チェ・ガンヒ&チ・ヒョンウカップルだ。 ここで証明された。チ・ヒョンウは、望ましい年下男性のロールモデルを作り出し、もうどんなお姉さんとも最強のカップルになれる資質をそろえたということを! 事実、現在放映中であるKBS「愛しの金枝玉葉」でカップルとして出てくるユ・インヨンとは、なぜかあまり似合わないと多くの人々が言っている。


2.一番お似合いの映画の年上年下カップルは?


1位は34%で「私たちの幸せな時間」のイ・ナヨン&カン・ドンウォンカップルだ。 あまりにも幼く見えるイ・ナヨンの容貌で、それほど歳の差のあるカップルには見えないが、映画の中で合わされた彼らの呼吸は、最高の年上年下カップルに選ばれるのに十分だ。

2位は31%で「オールドミス ダイアリー―劇場版」の、イェ・ジウォン&チ・ヒョンウカップルだ。 これからさらに時間が過ぎても、年下の男「チPD」チ・ヒョンウキャラクターに追随するに値する俳優が、果たして出てこれるか気になる。

3位は意外な結果で13%の、「浮気するのにいい日」のキム・ヘス&イ・ミンギカップルが占めた。セクシー美の代名詞キム・ヘスと、ドラマの中でおっちょこちょいでまごまごするイ・ミンギの調和は、まるで叔母とおいがまず連想されるカップルだったが、映画で見られる彼らの演技と呼吸は、カップルランキング3位に上がるほどお似合いだった。


≫[スターリサーチ]ドラマの中のベスト年上年下カップルは?(JES)より


「年上年下カップル」とは、どうやら女性が年上のカップルを指すようで・・・。
映画の中で一番お似合いの年上年下カップルベスト1は、ナヨンちゃんとドンウォンくん
文章では、ナヨンちゃんの方がかなり年上な印象を受けるけど、実年齢で2歳上なだけ。
私の感覚では「ほぼ同い年」って感じだけどなぁ・・・=3

「私の名前はキム・サムスン」にしても、サムスンとジノンの年齢差は3歳。こんなの、私にとっちゃぁ、年下の域には入らない。せめて10歳くらい離れていなきゃぁ・・・
自分の年齢より10歳下でも、社会的には全然大人な年齢なので・・・自分が精神年齢低い分、相手が10歳くらい離れてても全然平気!って感じです。

それにしてもドラマ部門で2位、3位にランクインした「オールドミスダイアリー」と「甘い私の都市」、観てみた~い




映画で一番お似合いの
年上年下カップル♡



コサギ。

2009年03月01日 19:13


久しぶりの川沿い散歩。
いきなりコサギが




090301_02.jpg

飛び立って




090301_03.jpg

電線の上から降りてこず




090301_04.jpg

二羽めも逃走(いや、逃翔?)
この後しばらく、コイツの後を
追いかける。




090301_05.jpg

ちょっと一息。
また飛んで




090301_06.jpg

ちょっと一息。




090301_07.jpg

この後また飛び去った。



NEW ENTRIES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。