スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHANGE 第3話

2008年05月26日 23:15

日本政友党総裁候補の街頭演説。大衆を前に、朝倉啓太(木村拓哉)は語りかける。

「国民みなさんの幸せよりも、自分の利益を優先するような人間は、本当の政治家ではありません。そして何より、国民のみなさまが何に怒り、何を望み、何を信じたいのか、それがわからない人間は、本当の総理大臣ではないんです。でも、僕の見た政治の世界では、そんな人間がたくさんいました。政治のプロになるということが、彼らのルールに従うことをいうなら、僕はプロにはなりたくない。僕は約束します。みなさんと同じ目で、今行われている政治の問題点を見つけ出し、そして、それを正すことを。僕は約束します。みなさんと同じ耳で、弱者といわれる人たちのどんな小さな声も聞くことを。僕は約束します。みなさんと同じ足で、問題が起きている現場にためらうことなく駆けつけることを。僕は約束します。みなさんと同じ手で、自分も汗まみれになって働き、そしてこの国の進むべき道を指し示すことを。僕の全ては・・・僕の全ては、みなさんと同じです」

観てて泣けてきたよ(T_T)こんな言葉を実際に政治家から聞きたいものだと思った。

この様子を車内で見ていた神林総務会長(寺尾聰)は何思う?思っていたよりも骨のあるヤツだが、政界では百戦錬磨の自分の前では赤子も同然、とか思っていたのだろうか。

党内の圧倒的な支持を受け、とうとう総理大臣に就任した啓太。これから、押し寄せる波風にどう立ち向かう!?

久しぶりにワクワクしながら観れる日本ドラマだ~\(^o^)/



スポンサーサイト

恋愛ドラマモード2/2

2008年05月25日 23:55

で、「コーヒープリンス1号店」第11~16話。

前回の第10話で、ウンチャン(ユン・ウネ)のことを男だと思っているハンギョル(コン・ユ)が、ウンチャンに愛の告白をする名セリフがあった。
「お前が好きだ。お前が男だろうが、宇宙人だろうが、もうどうでもいい。・・・行ってみよう、行けるところまで。二人で行ってみよう」
ク~ッ!(>ω<) これはもう、性別や星別?を超え、自分のキャパシティの限界にも挑もうという、究極の愛の告白だ~!

これは少女マンガの古典的名作、萩尾望都の「11人いる!」の中で、タダがフロルにプロポーズした言葉「僕でがまんしなよ」に匹敵する名セリフだと思った(今聞くと何てことのない言葉だけど、当時の少女マンガの愛の告白が「愛してる!」「結婚しよう!」が主流だった中で、とても謙虚でさりげないそのセリフが新鮮で子ども心にも感銘を受けた)

男にホレた自分に混乱し苦悩しながらも、愛を貫く覚悟を決めたハンギョルだから、実はウンチャンが女で、その事実を知らなかったのは自分一人だけだったと知った日にゃ、そりゃあ腹も立ちますよ。で、ウンチャンや周りの人たちと言いたいこと言い合ってケンカして、でも、ウンチャンを好きな気持ちは抑えきれず、結局二人は仲直り。

で、今度は、すぐにでも結婚して一緒に暮らしたいハンギョルと、自分がバリスタ(ノンアルコール飲料、とりわけコーヒーに関する知識と技術を持つ職業)として一人前になり、家族の生活を支えられるようになるまでは結婚したくないと言い張るウンチャンが、またまた対立。そこでハンギョルの祖母(キム・ヨンオク)が一肌脱ぎ、会社の研修制度を使ってウンチャンを2年間バリスタ修行のためイタリア留学させる案を出す。

ラブラブ最高潮な二人にとって、2年間離れ離れになるというのは痛手だが、これなら自立したいというウンチャンの意志は尊重されるし、ハンギョルも譲歩できなくもない条件だ。若い二人が自分の意志を通し続けて譲らず、なかなか解決できない問題を、人生の大先輩が助言することで解決の道へと導く。これが、とかく主人公の恋物語に家族も絡んでくる韓国ドラマの醍醐味だ(日本の面白いドラマも、主人公の周りの家族などの人間関係がやはりうまく描かれている)。

夜、ハンギョルに「会いたいよ」と携帯メールを打つウンチャン。ハンギョルは「夢で会おうな」と返信する。それを見て、いてもたってもいられなくなったウンチャンは、ハンギョルの家に押しかけ、そして二人は結ばれる・・・この「夢で会おうな」が絶妙だ。「また明日会おうな」とか、期待を後日につなぐ言葉だと、ウンチャンは恋しさを抱えつつもそのまま眠りについたかもしれない。でも、「夢じゃイヤだ」という激しい思いが、ウンチャンをハンギョルの元に走らせたのだと思う。

いよいよ次週で最終回かぁ。今度はネットのノーカット版でちゃんと観直したいな。



Soundtrack from コーヒープリンス1号店~心ときめくコーヒーの香り~
Amazon



恋愛ドラマモード1/2

2008年05月25日 23:55

昨夜は、休日前夜の解放感で、ドラマでも観て楽しもうと思い、まずは録画していた台湾版「花ざかりの君たちへ」(花様少年少女)を観た。このドラマ、結構ハマっている。日本版とは違い、原作に忠実にドラマ化されていて(たぶん)、ストーリー的にもなかなか楽しめる。

でも、一番のお目当ては佐野役のウーズン(呉尊)くんかもこれがまた、少女マンガのキャラクター顔負けの、甘いマスクのイケメンくんなのだ。「飛輪海(フェイルンハイ)」という台湾の4人組アイドルグループの一員で、てっきり台湾の人かと思っていたら、飛輪海は台湾の事務所が世界各地でスカウトしてきたイケメンの集まりなのだという。

で、ウーズンくんの出身国はブルネイ。ブルネイ・・・あのブルネイ王朝のブルネイ? どこにあるの?と思って世界地図で探してみたら、ボルネオ島のマレーシアの一角に食い込んだ小さな国だった。私はこのあたり一帯、全部インドネシアかと思ってた・・・(マレーシアでさえ、名前こそ知ってるが、ボルネオ島にあるとは知らなんだ)

ヒョエ~ッ!私のイケメン好きはアジア圏の国境をどんどん越えて快進撃~!?とか思ったけど、あえて飛輪海には深入りしないと決めた。ただでさえ今、韓国のドンウォンくんに愛を注ぎまくり、自国の嵐ファン活動さえおろそかになりがちで(でもドームには行くよ!)、香港のニコラスくんに至っては野放し状態(「男兒本色」はいつ公開されるんだろう)なのに、これ以上抱え込むのは・・・エネルギーの総量にも限度があるので無理だろう。

で、話を「花ざかりの君たちへ」に戻すと・・・昨夜観たのは第8話。瑞稀(エラ・チェン)は佐野(ウーズン)、中津(ジロー:彼も飛輪海)と共に、校医の梅田先生(ダン・ジーピン)の姉が経営するペンションで夏休みのアルバイトをすることになる。瑞稀は、アルバイト仲間の蒔田(ウー・ジョンチャン)という女たらしの男に目をつけられ、買い出しの帰りに車中で襲われそうになるが、心配してバイクで走ってきた佐野が、蒔田を殴り、瑞稀を救い出す。

が、恐怖でパニックになった瑞稀は、佐野のことがわからず、彼から逃げて森の中へ駆け出す。途中で転んだ瑞稀に佐野が追いつき、「俺の顔を見ろ!」といったらようやく相手が佐野であることに気づいて、彼に泣きながら抱きつく瑞稀。二人ひしと抱き合う・・・という展開。これで胸にドキュ~ンと火がつき、恋愛ドラマモードのスイッチが入ってしまった。

で、その後「太王四神記」第8話(ヨン様の立ち回りがカッコよかった。次回は神剣が輝き、タムドクがチュシンの王であることが証明される?)をはさみ、「コーヒープリンス1号店」の録りだめ分第11~16話を一気に観て、寝たのは朝の4時過ぎだった。(2/2につづく)



左からジロー、エラ・チェン、ウーズン
花ざかりの君たちへ~花様少年少女~DVD-BOXI(プレミアム版)
Amazon



「花男」韓国版、夢のキャスティングはどれだけ実現?

2008年05月19日 20:45


「花より男子」ティーザーポスター



日本マンガ原作のドラマ「花より男子」が放送を控えている中で、キャスティングに対する関心がいつもより高まっている。韓国のファンが作った仮想キャスティングリストに上がった俳優たちも、出演者の有力な候補に上がっており、仮想キャスティングが実現できるのか期待を集めている。

「花より男子」は日本マンガの原作から大反響を呼んだし、台湾、日本でドラマ化されて大注目を浴びた作品だ。韓国ドラマ製作会社(株)グループエイトが、このマンガを全24話ミニシリーズでドラマ化し韓国で放送する計画を明らかにしてから、やはり話題作として浮上した。

これで韓国まで製作を終えれば、同じ原作で韓・中・日の三バージョンが製作される最初のドラマとして、3ヵ国ドラマの真剣勝負になるものと見られる。

何より注目を引く部分は主人公F4のキャスティングだ。劇中F4は花美男たちが団結して作ったグループで、一様に個性のある魅力を誇り、少女ファンたちのアイドルになった。韓国ドラマの製作ニュースが知られる前から、ネチズンたちは各々思う韓国俳優たちの仮想キャスティングで、オンラインを熱い雰囲気にしたことがある。

「花より男子」は、現在2009年上半期KBS放送を目標にキャスティングの真っ最中だ。 仮想キャスティングリストには、カン・ドンウォン、ヒョンビン、チョ・インソンなどのトップスターから新人俳優たちまで皆上がっていて関心を集めている。この仮想キャスティングに上がった俳優たちの中で一部は、実際に演出者、製作会社の関係者等を通してミーティングを終えた状態だ。

何人かの俳優は日程上合流できない状況だが、最後まで肯定的に出演を議論中の俳優もいて、仮想キャスティングリストの俳優が実際に出演する可能性を控えめに予測する。


≫「花より男子」仮想キャスティング、実際ドラマで現実に?(マイデイリー)より


もしドンくんのところにオファーが来てても、「日程上合流できない」何人かの俳優の中に入っちゃってるんだろうなぁ・・・8月から「チョン・ウチ」の撮影に入るしね。
でも、仮想キャスティングリストの中の何人かは、出演が実現するといいねぇ

ところで日本版「花男」の話。
「花男1」のときは、3人の脚本家が共同でシナリオを書いていて、そのうち藤本有紀さん(NHKの朝ドラ「ちりとてちん」の脚本家。人気ドラマでしたよね。さすが!と思いました)担当の回は、原作のトキメキ感が生かされていて、セリフもよくて、この人がいてくれたからこそ、何とか楽しく観ることができたのですが、「花男2」は・・・藤本さんじゃない脚本家になっちゃいましたよね
まぁ、ストーリー展開には無駄があるわ、セリフはピンと来ないわ、ヒロインが泣いても全然感情移入できないわ・・・ということで、「花男2」は私の中では「なきもの」として葬り去り、「ファイナル」も全然無視してたんです(また同じ脚本家だし)。

でも・・・

この前「隠し砦」を観に行ったとき、「ファイナル」の予告もやってたんですが、なんか・・・おもしろそうだったんです。ちゃんと映画館向けの作品になってるというか。だから、だまされたと思って「ファイナル」、観に行くつもりです。で、まただまされたら、このブログで「だまされた~!!!」と叫ぼうと思います^^



花フェスタ記念公園のポピー

2008年05月17日 20:56

080517_11.jpg

池沿いにずっとポピーの群生が
続いていて、これも見事だった。



花フェスタ記念公園のバラ8/8

2008年05月17日 20:50

080517_26.jpg
Many Happy Returns

あなたにも、多くの幸せがめぐってきますように♡




花フェスタ記念公園のバラ7/8

2008年05月17日 20:39

080517_20.jpg
レインボー ピンク




080517_22.jpg
つるバラの塔




080517_23.jpg
ブラック ティ




080517_24.jpg
絵日傘




080517_25.jpg
記念撮影スポット




花フェスタ記念公園のバラ6/8

2008年05月17日 20:32

080517_21.jpg
オードリー ヘップバーン




080517_18.jpg
ドンくんと潤くんに捧ぐ♡




花フェスタ記念公園のバラ5/8

2008年05月17日 20:30

080517_16.jpg
マダム ピエール オジェ




080517_17.jpg
ブラッシュ ブールソールの
茂み(淡いピンク)




080517_19.jpg
フォーマルガーデンの一角



花フェスタ記念公園のバラ4/8

2008年05月17日 20:11

080517_12.jpg

3色が一列に。




080517_13.jpg

アーチはまだ未完成。




080517_14.jpg

ロイヤル ゴールドのアーチ。




080517_15.jpg

フェンスにはピンクが。



花フェスタ記念公園のバラ3/8

2008年05月17日 19:48

080517_06.jpg
レッドムーン




080517_07.jpg
あさぼらけ




080517_08.jpg
きらり




080517_09.jpg
ピンク アバンダンス




080517_10.jpg
ファブ ゴールド



花フェスタ記念公園のバラ2/8

2008年05月17日 19:41

080517_04.jpg

階段の手すりに赤いバラ。




080517_05.jpg

カクテルという品種らしい。



花フェスタ記念公園のバラ1/8

2008年05月17日 19:36

岐阜県可児市の花フェスタ記念公園にバラを見に行く。
満開にはまだ早く、これから見ごろを迎えるという感じ。





白。




080517_02.jpg

赤。




080517_03.jpg

ピンク&黄。



KISSして♡

2008年05月15日 21:26

韓国にも「成人の日」があり、5月の第3月曜日、今年は19日に1988年生まれの人たちが成人の日を迎えるそう。その成人の日にまつわるアンケート調査↓

女性ポータルサイト「ゼクシーインラブ」が、去る2日から14日まで女性会員252人を対象に実施した、「成人の日にキスされたいスターは?」というアンケート調査の結果、チョ・インソンが22%の支持率で1位を占めた。

チョ・インソンと終盤まで争ったカン・ドンウォンは、僅差の21%で2位に上がった。二人のスターは共に現在活発な活動をしていないが、相変わらず女心に火をつける男として確実に位置づけられている。

今回の調査で、元祖フンナムドル(?)が大勢ランクされた中に、この間放映終了したドラマ「快刀ホン・ギルドン」のカン・ジファンは19%で3位に上がり新しいダークホースとして浮上、続いて除隊後帰って来たソ・ジソプが11%、切れ美男チャン・ドンゴンが9%で4、5位を占めた。

≫成人の日、「チョ・インソンとキスしたい」(ジョイニュース24)より

日本語記事もあり↓
≫成人の日にキスされたい男性スターは?(Innolife.net)


成人式を迎えたのが何十年前だったのか、思い出したくもない私だけど、
キスされたいよぉ~、ドンくんに




dong_calendar0806_up.jpg

日本版壁掛けカレンダー6月のドンくん



「隠し砦の三悪人」カンヌ国際映画祭へ。

2008年05月11日 16:16

「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」が、14日に開幕される第61回カンヌ国際映画祭のインターナショナルマーケット(国際見本市)で上映される。世界約300ヵ国のバイヤーへのプロモーションが成功すれば、欧米での公開が一気に実現する可能性が高まってくる。4月27日に行われたLAプレミアは大成功、台湾、タイではすでに公開が決定している。

≫松潤主演映画 カンヌ国際見本市“進出”(Yahoo!ニュース)


昨日、公開初日の朝一番で観てきた。これは、行けるよ、世界へ!
ストーリーは単純明快、かつ、人間ドラマも見ごたえがあり、武蔵と雪姫のロマンスもあり、CG画像もリアルな迫力がある。

なんかねぇ・・・滅ぼされた秋月の国の姫を、家臣が命がけで守るシーンとか、武士と山の民、身分が違うもの同士の間に芽生える絆とか、そういうものが心に迫ってきて、結構、観てる間じゅう泣いていた(T_T) 第一級のエンターテイメント作品だと思う。

朝、劇場の入り口前に、開演を待つ人の列ができていて、劇場がビルの7階にあったので、階段で並んでいた。そのときちょうど携帯に、Johnny's Webから件名「いよいよ本日公開!!」の松潤メールが飛んできて、その中に「僕のことが好きじゃなくても楽しめる作品ですよ!!」とあって笑ってしまった。何をそんなに謙虚な潤くん・・・って感じで^^

でも、ご心配なく。客層は、松潤ファンらしき人よりも、「クロサワ」のネームバリューと、樋口監督の影響大?と思われる「映画ファン」的な人たちが圧倒的に多かった。嵐のメンバー出演の映画で、これだけ中高年の男性客が多い映画は・・・ニノの「硫黄島からの手紙」以来かな?

そして潤くん、カッコよかったよ~!コメディもシリアスも演れるあなたの演技力が、作品にうまく生かされていたと思う。

「隠し砦の三悪人」、はばたけ、世界へ!


080511_01.jpg

秋月の家紋(三日月)入りの
金塊をモチーフにした根付け



★ネタバレ感想ひとこと↓
[「隠し砦の三悪人」カンヌ国際映画祭へ。]の続きを読む

大ちゃん魔王!

2008年05月09日 23:19

いやぁ、今朝、ニュースを見て興奮しちゃったよ!(≧▽≦) 韓ドラ「魔王」のリメイクドラマに、嵐の大野智くんと生田斗真くんがW主演。しかも大ちゃんが弁護士役って・・・チュ・ジフンじゃ~ん!と、いま三重テレビで放送中の「魔王」にすっかりハマってる私は、かなりオーバーヒートしてしまった。

「魔王」は、今週の火曜に第9・10話が放送されたはずだが、私は録画したまま、まだ観ていない。第8話までしか知らない私にとって、ニュース記事で紹介されたドラマのあらすじが「ネタバレ」だったのが非常に残念であるが・・・(やっぱチュ・ジフンは、殺された高校生の■■だったのね)

この弁護士、自分の大切な人を殺された復讐のため、無関係な人々をコマのように動かして、自分は直接手を下さず、殺人事件に関わった人間を一人ずつ抹殺していく。やってることは非常に卑劣で狡猾で、なのに本人は一見クールで礼儀正しく、どことなくさわやかささえ漂う青年、という役柄をチュ・ジフンが好演している。この役を大ちゃんがどう演じるのか、非常に興味をかき立てられる。

大ちゃんはこれまでほとんどドラマに出演していないので、私は彼の演技を映画でしか観たことがない(「ピカンチ」2本と「黄色い涙」)。でも、そのどれもが、一風変わった個性的な役柄だったので、イマイチ、彼の演技力をはかりきれていないのだ。舞台では「プーシリーズ」が好評のようなので、このドラマで大ちゃんの実力を見極めたいなぁと思っている。

その弁護士と対立する、事件を追う刑事役が斗真くん。いいんじゃないですか?^^確か彼は、過去にも刑事ドラマに出演してたよね。二人の熱演が空回りしないよう、製作スタッフには、オリジナルほどの重厚さは期待していないけれど^^;それでも斗真くんのコメントにあるように「深みのあるドラマ」になるよう望みたい。

役柄のために髪を切って、黒く染めたという大ちゃんを早く観た~い!^^彼のコメントに「復讐なんてやったこともないし、これまで考えたこともない」とあったけど、そうだろうねぇ、アナタなら・・・
7月スタートということで、この夏一番期待のドラマとなりそう

≫TBS「金曜ドラマ『魔王』」
≫嵐・大野、連ドラ初出演&初主演…TBS系「魔王」(サンスポ)


≫韓ドラ「魔王」第1話(Show Time)
「魔王」オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
(Amazon)
左が弁護士(チュ・ジフン)、右が刑事(オム・テウン)
ヒロインは誰になるんでしょうね?



有名監督、花美男スターとタッグを組む。

2008年05月08日 21:11

韓国を代表するスター監督たちが美男スターにハマった。

多くの映画ファンが新作を指折り数えて待っている、名前だけである程度の興行が保障されるポン・ジュノ、チェ・ドンフン監督。 最近、国内で二番目というには悲しい美男俳優ウォンビン、カン・ドンウォンと手を取り合った。また「マルチュク青春通り」「卑劣な街」のユ・ハ監督は、チョ・インソンだけでは足りずチュ・ジンモまでキャスティングして撮影に入り、キム・ギドク監督はオダギリジョー、久しぶりに復帰したヨ・ギュンドン監督もイ・ジョンジェ、キム・ソックンと撮影を終わらせた。

ポン・ジュノ監督は新しい映画「マザー」にウォンビンをキャスティング。ヒロインにキム・ヘジャを早めに確定した後、苦心の末にウォンビンと手を取り合った。製作関係者は「ポン・ジュノ監督でも興行に対する負担は大きい。商業映画期のために男性主人公のキャスティングに多くの努力を注いだ。 特にヒロインのキム・ヘジャを相手にできる演技力を持つ美男俳優が必要だった」と明らかにした。

「タチァ」のチェ・ドンフン監督も新しい映画「チョン・ウチ」のタイトルロールにカン・ドンウォンを選択した。長年の仲間であるキム・ユンソク、ユ・ヘジンを先にキャスティングした後、カン・ドンウォンが迎え入れられた。

ユ・ハ監督の「サンファジョム」は、チュ・ジンモとチョ・インソンが共演しているし、キム・ギドク監督の「非夢」はオダギリジョーが撮影を終わらせた。ヨ・ギュンドン監督はイ・ジョンジェとキム・ソックンという二人の貫禄ある美男俳優と「妓房乱闘事件」を完成させた。

「ファンタジーの相棒」スター監督と美男俳優の出会いは、お互いの必要の上に成り立つ最良の組み合わせだ。とくに映画市場が不況を経験して難しくなった投資市場はこれらの出会いをけしかけている。

スター監督は美男スターの選択、製作費投資も容易で、興行に対する負担も減らすことができる。美男スターにとっても、有名監督の映画出演はフィルモグラフィーを引き立てられる良い機会だ。とくにカン・ドンウォンとチョ・インソンは、それぞれイ・ミョンセ、ユ・ハ監督と出会い、花美男スターの映画俳優として認められた。

≫ 「監督は美男がお好き」(スポーツ東亜)より
*画像は左がチョ・インソン、右がウォンビン、真ん中は・・・誰?


韓国の映画市場も不況のため、できるだけ興行収入が得られるよう、有名監督と人気俳優を組み合わせて観客動員を狙う傾向にあるのね・・・。
ドンくんが「花美男スターの映画俳優として認められた」作品といえば、イ・ミョンセ作品もそうだけど、何といってもキム・テギュン監督の「オオカミの誘惑」でしょう
「チョン・ウチ」は絶対観たい(≧▽≦) けど、ビン兄の「マザー」とオダジョー出演作品も気になる♪




嵐「24時間テレビ」のメインパーソナリティーに!

2008年05月02日 11:14

≫2度目も五輪イヤー!嵐が日テレ系「24時間テレビ-」の顔(Yahoo!ニュース)

前回の出演からもう4年も経ったの!? 月日の流れは早い早い・・・
前回のときは、私がまだ嵐ファンになって2年めぐらいの頃だった。初コンサートを体験した後だったので、「24時間テレビ」で嵐がステージで歌ったとき、コンサートの臨場感がよみがえってきて、テレビの前で興奮したのを覚えている。
8月30、31日放送ってことは、しょっぱな、潤くんのバースデイイベントも入るのかな?
「24時間テレビ」、この夏の楽しみの一つとなりそうです


「チョン・ウチ」ニュース動画

2008年05月01日 20:49

≫ <クリックニュース>カン・ドンウォン チョン・ウチ(連合ニュース)より

芸能界の代表的な花美男スター、カン・ドンウォンさんが、チェ・ドンフン監督の新作「チョン・ウチ」にキャスティングされたそうです。

カン・ドンウォンさんの他にも、イム・スジョン、キム・ユンソク、ユ・ヘジンさんなど忠武路(チュンムロ)を代表するスターたちが皆キャスティングされて、映画ファンたちの熱い関心を集めています。

映画「チョン・ウチ」は作者未詳の古典小説「田禹治(チョン・ウチ)伝」をモチーフにしています。

小説と違う点は、時代を飛び越えて現代でも英雄チョン・ウチの活躍が繰り広げられるという点です。

今回の映画で主人公チョン・ウチ役を引き受けたカン・ドンウォンさんは、その間見せてくれた真摯なキャラクターから脱して、ムチャクチャな道術家に変身する予定だそうです。

バットマン、スーパーマン、スパイダーマンなど、海外では英雄が主人公で登場する映画が相当多いでしょう?

国内ではめったに見られなかったヒーロー映画「チョン・ウチ」、カン・ドンウォンさんをはじめ3(4?)
人のスターとチェ・ドンフン監督の演出力が出会い、どんな映画が出来上がるのか注目されます。


キャストの4人はこういう方たちですよ、という感じの30秒ほどのニュースでした。
「ムチャクチャな道術家」チョン・ウチ、ファイティン!^^



メガネ男子、ドンくん☆

2008年05月01日 18:02

≫カン・ドンウォン、映画「チョン・ウチ」でイム・スジョンと一緒にキャスティング!(スポーツソウル)
記事の内容は、ドンくんの「チョン・ウチ」出演決定と、ラブ♡のお相手がイム・スジョンだよ、
ってことなんだけど、画像が・・・
パッと見、「誰?」って感じで、でもよく見るとドンくん!食べてるのはアイスクリーム?
超カワイイッ(≧▽≦)


ついでに、こちらはイム・スジョン。この記事の画像がとってもカワイイ
≫イム・スジョン、チェ・ドンフン監督の「チョン・ウチ」合流(JES)


2008年「美しい顔25」

2008年05月01日 12:06

ハ・ジョンウとキム・ヘスが、写真作家たちの選んだ「美しい顔」のスターたちに選ばれた。
二人は映画エンターテイメント週刊誌ムービーウィークが毎年選定する「美しい顔25」で2008年の男女1位に選ばれた。ハ・ジョンウは初めて、キム・ヘスは去る2006年に続き二度目の頂点を極めた。

この順位はムービーウィークで、スターたちの顔を最も近くで観察する韓国の写真作家およびカメラマン52人が選定したこと。ムービーウィークは彼らに「被写体として美しい顔」というテーマで男女各々3人ずつの推薦を受けてこの順位を抜き出した。

今年の順位では、女性はキム・ヘスに続きチョン・リョウォンが2位、チョン・ドヨンが3位、イム・スジョンが4位、キム・ミニが5位を占めた。引き続きハン・イェスル、キム・ミンソン、ハン・ジミン、ハン・チェヨン、イ・ヨニ、ペ・ドゥナ、ソン・イェジン、キム・テヒが選ばれた。男性ではチャン・ドンゴンが2位、チョ・インソンが3位、チャ・スンウォンが4位、チョ・スンウが5位に上がり、ウォンビン、カン・ドンウォン、リュ・スンボム、チョン・ウソン、イ・ビョンホン、ファン・ジョンミン、キム・ガンウが「美しい顔25」を満たした。

スリラー「追撃者」で大衆に親しまれた新鋭ハ・ジョンウが、国家代表級花美男のチャン・ドンゴン、チョ・インソンを抜いて1位に上がったことはちょっと意外。イ・ポギョン作家はハ・ジョンウについて、「千変万化しながらも自然な顔」と絶賛したし、キム・ジョンス作家は「平凡な顔だからこそ表現できることが無限」、キム・ヒョンソン作家も「カリスマあふれる演技力。モデルが決して見せることのできない表情と身ぶり」とほめた。

女性の1位に上がったキム・ヘスに対しても、「写真作家を圧倒する魅力と情熱」「歳月を逆行する俳優」など作家たちの賛辞があふれた。 ムービーウィークの「美しい顔25」特集は、2日に発売される326号に掲載される。

≫ハ・ジョンウ-キム・ヘス、今年の「美しい顔」男女1位(JES)より

【追加】
1位 キム・ヘス/ハ・ジョンウ
2位 チョン・リョウォン/チャン・ドンゴン
3位 チョン・ドヨン/チョ・インソン
4位 イム・スジョン/チャ・スンウォン
5位 キム・ミニ/チョ・スンウ
6位 ハン・イェスル/ウォンビン
7位 キム・ミンソン/ハン・ジミン/カン・ドンウォン
8位 リュ・スンボム
9位 ハン・チェヨン/チョン・ウソン/イ・ビョンホン
10位 イ・ヨニ

≫キム・ヘス-ハ・ジョンウ、写真作家選定「美しい顔」 1位(マイデイリー)より


ドンくんは7位にランクインか。

画像を見る限り、キム・ヘスは確かに美人さんだが、ハ・ジョンウは・・・私も「国家代表級花美男のチャン・ドンゴン、チョ・インソン(さらにドンくんまで)を抜いて1位に上がったことはかなり意外」な気がする。でも、写真作家のコメントを読むと、その表現力、カリスマ性が被写体として非常に魅力的であることが伝わってくる。表現力の豊かさは、日本人の、少なくとも私から見て、韓国俳優さん全般に共通して感じられる魅力であるので、その価値感には共感できなくはない。

ある韓国人の見解によると、「日本人はまっすぐ見たところで美人かどうかを決めるが、韓国人は横から下からとあちこちから眺めて、美人かどうかの判断をくだす」ということらしい(林えり子著『冬のソナタに恋した人へ』より)。「美しい顔」の判定基準には、そういうお国柄の違いも反映されているのかもしれない。

それにしてもキム・ヘスの「歳月を逆行する俳優」の賛辞はスゴイねぇ~




NEW ENTRIES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。