FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花美男はお金持ち。

2008年04月30日 13:57

韓国のスポーツ選手のCFのギャラについての記事の中で、俳優のギャラについてもふれている箇所あり。

特A級に分類されるペ・ヨンジュンや、ピ、パク・チソンの場合、広告出演料(1年基準)は7億ウォン以上、チャン・ジニョン、キム・ハヌル、カン・ドンウォン、チョ・インソンなどのA級スターたちは5億~7億ウォン水準だ。

≫パク・テファン-キム・ヨンア、初めての同伴CF...「国民人気」急上昇(スポーツ朝鮮)より

※A級は芸能界での「トップスター」を指す言葉。A級の中でも最高クラスのスターは「特A」と呼ばれる。
≫テレビ局の業界用語(福岡発 コリアフリークなBlog)より


5億~7億ウォンというと、現在の為替レートで換算してざっと5千万~7千万円台・・・(◎_◎;)
ドンくん、年に映画1本のペースでも十分財産残せるわ・・・
他人にない類まれなる能力は、これだけの金銭価値に換算されるというわけなのね・・・ホゥ~=3
来月からアルバイト生活をスタートさせ、安定した生活ができる職場にたどりつくまでさすらおうとしている自分にとっては、ただただ、タメイキの出る話です・・・。

でも、だからこそ、映画の興行成績とかが良くないと主演俳優が叩かれるのだろうけど、それは違うと思うな。映画でもドラマでも作品がヒットしないのは、絶対、脚本と演出の責任。CF打っても商品が売れないとしたら、それは商品自体に魅力がないせいだし。



スポンサーサイト

ドンくん、スーパーヒーローに決定!

2008年04月29日 21:22

チェ・ドンフン監督の次回作を製作する映画会社チブは29日、「チェ・ドンフン監督の次回作『田禹治(チョン・ウチ)』にカン・ドンウォンとキム・ユンソク、イム・スジョンがそれぞれキャスティングされた」と明らかにした。

「田禹治」というチェ・ドンフン監督の次回作という点と、時空間を超越して現代に登場する道士たちの話という点で、これまで忠武路(チュンムロ)の関心を集めた作品だ。

「田禹治」は、濡れ衣を着せられて絵掛け軸に閉じ込められた朝鮮時代の道士・田禹治が、500年後の現代に封印を解かれて、世の中を惑わす妖怪たちと対立して戦う活躍の姿を描いた映画。「洪吉童伝」と共に代表的な古典英雄小説として知られる「田禹治伝」からキャラクターモチーフを取り、現代を主要背景に再創造したファンタジーアクション物だ。

「M」以後、長い沈黙を守ってきたカン・ドンウォンは、チェ・ドンフン監督の全面的な信頼によりこの映画出演を決めたことが分かった。 カン・ドンウォンが声の出演をした「あいつの声」を製作した映画四集との縁も一役買ったという裏話だ。

カン・ドンウォンは「田禹治」で、道術の実力は優れているが、遂行よりは風流と女にもっと関心の高い若い道士、田禹治役を引き受けた。封印から解かれる条件で、やむをえず妖怪を捕まえる任務を引き受けるが、生まれつきの茶目っ気と勝負欲、そして500年間の時差のために常に騒動を巻き起こすムチャクチャな悪童を演じる。

映画四集のイ・ユジン代表は「カン・ドンウォンは、『私たちの幸せな時間』『M』などで貴重な演技をしたが、『彼女を信じないでください』で以前コミック演技の披露もした。 カン・ドンウォンとしても『田禹治』は挑戦だが、良い結果が出ると思う」と明らかにした。


キム・ユンソクは道学が深いことで有名な道士 「ファダム」 役を引き受けて、カン・ドンウォンと対決の構図を取る。朝鮮時代に神仙たちの手助けをして田禹治を封印したファダムは、現代では妖怪を操る伝説の笛「万波息笛」の主として田禹治と再び対決することになる人物。

ホ・ジノ監督の「幸福」以後、しばらく次回作を決めなかったイム・スジョンは、チェ・ドンフン監督と映画四集に対する信頼から「田禹治」に合流した。今年初めからニューヨークに滞在しながら、CF撮影のためにたまに帰国したイム・スジョンは、「幸福」で縁を結んだ映画四集でチェ・ドンフン監督の次回作を製作することに大きな期待感を表したという裏話だ。

イ・ユジン代表は「イム・スジョンとカン・ドンウォンは、通常のヒーロー映画の男女の主人公のようにロマンスを映画で表現するだろう」と明らかにした。

≫「タチァ」 チェ・ドンフン監督次回作「田禹治」はどんな映画?(マネートゥデースターニュース)より

ユ・ヘジンは田禹治の最高の助力者で友人の「チョ・レンイ」役にキャスティングされた。「チョ・レンイ」は、実は田禹治が道術を使って人に変身させた「犬」で、人として過ごすことになじんで、本来の姿に戻るのを死ぬほど嫌がる。 名前のように滑稽なおしゃべりキャラクター「チョ・レンイ」は、ユ・ヘジン印のコミック演技と結合して、観客を笑わす責任を担う。

≫スーパーヒーローのための最高の結集「スクリーントップ4人衆」(デイリー)より


日本語記事もあり↓
≫カン・ドンウォン-イム・スジョン、映画「チョン・ウチ」キャスティング(BUNKAKOREA)
≫カン・ドンウォン、韓国英雄キャラクターで映画カムバック(Innolife)
*なんか、まるで引退してたようなタイトル・・・^^;
≫映画『田禹治』、カン・ドンウォンの相手役はイム・スジョンに決定(Innolife)
≫主役にカン・ドンウォンとイム・スジョン=映画『田禹治』(朝鮮日報)


今朝から、このニュースがネットを賑わせてましたね~^^
結局、主役はドンくんに決定!現代が舞台の妖怪退治ファンタジーって・・・ちょっと想像つかないけど、面白いものが出来上がるといいなぁ。
ドンくんの役どころって、なんか、「デュエリスト」で見せたアクションと、「マジック」のプレイボーイぶり、「オオカミの誘惑」で見せた茶目っ気、そして「彼女を信じないでください」のコメディ演技が合体したような感じでしょうか?どんな彼が観れるのか楽しみです。
クランクインは8月中旬。ドンくん、ファイティン!



少女マンガの王子様たち。

2008年04月28日 00:59

「長い足、高くそびえ立つ鼻、長細いアゴのライン、大きな目、肉づき一つない体つき。」

現実にはあまり存在しない純情マンガに登場する王子様の姿だ。この頃、男優たちがますます少女マンガの主人公のようにスリムになっていきつつある。デコボコと膨れ上がった筋肉で成り立ったナイスバディが主流である時代は去り、これからは小筋肉が発達して服の着こなしが優れた「ナルシンナム」たちが、女性ファンの母性本能をくすぐり、人気を集めている。

これらは一見、細い線のため男性らしくないという話を聞く。しかし、脱がせてみれば一般人には彫刻のように見える小筋肉が発達していて、女性ファンが感嘆の声を上げている。「スピードレーサー」でハリウッドに進出したピから、「花美男」チョ・インソン、チュ・ジンモ、イ・ジュンギなど最高の株価を上げている男性スターたちが、少女マンガに出てくる王子様になるためにダイエット生活を送っている。

現在SBS「オンエア」に出演中のイ・ボムスとパク・ヨンハもたゆまぬダイエットで以前より細長い姿だ。イ・ボムスはドラマ放送の何ヵ月か前から専門トレーナーの指導を受けて5㎏減量した。他にはチャン・ドンゴンも2004年「太極旗を翻して」以後、「タイフーン」の撮影準備をしながら10㎏程度を減量して以来、より一層株価が高まっている。 彼はダイエット後、「ジョニー・デップに似ている」という賛辞から、「整形手術を受けた」という噂まで多くの話題に上った。

カン・ドンウォンはデビューの時から、少女マンガに登場しそうな輪郭のきれいな顔とスマートな体つきで「メトロセクシャル」旋風を巻き起こしてきた。

ある映画関係者は最近巻き起こっている「ナルシンナム旋風」について、「メトロセクシャルが登場した後、これ以上荒っぽい男性性が脚光を浴びないために起きたことだ。 負担を与える筋肉男より洗練されたイメージの男たちがより一層愛されている」とその理由を分析した。

≫少女マンガの主人公のように…男性スター「スリム」熱風(スポーツカン)より


「メガネ男子」なインソンくんの画像がカワイイ
ドンくんをはじめ、チョ・インソン、イ・ジュンギ、ピ・・・と「いいなぁ」と思う俳優さんの名前がズラリ。かくいう自分も「ナルシンナム」好き・・・というより、もうズバリ「少女マンガの王子様タイプ」が好み^^それは国の内外を問わず。やっぱ、子どもの頃から読んできた「少女マンガ」の影響が大きいんじゃないかな~と思う。そこで美意識が形成された、って感じ。



【追加】同じテーマを扱った動画アリ↓
≫[キャップニュース] スリム熱風に男たちはつらいよ(YTN STAR)
*ドンくんは「私たちの幸せな時間」の記者会見?時の映像で登場。


やっぱりトンカツ。

2008年04月26日 21:35

韓国の映画俳優や監督などが、「撮影現場で大変な仕事をする時に選ぶ食べ物は何か」ということで、いろんな人の好物が紹介されていた。その中の、ドンくんについての記事。

モデル出身で体つきの良いカン・ドンウォンが好む食べ物は「トンカツ」。 体つきに似合わない食べ物だが、撮影場にトンカツが出てくるときは、皿の上にいっぱい積み上げて食べるほど好きだ。

≫[Why] スターたちが好きなご飯のメニューは(chosun.com)より


「皿の上にいっぱい積み上げて」って、相当トンカツ好きなんだね~^^
日本にも、行きつけのカツ丼屋さんがあるという話だし。
でも、韓国にもあるんだ、トンカツ


花壇

2008年04月26日 16:32

080426_09.jpg

いつもキレイに花が飾られている一角。




080426_10.jpg

下段の赤い花、形がイチゴみたい。




080426_11.jpg

そんなところにオシッコしちゃダメ~!


ツツジの道

2008年04月26日 16:02



雨上がり。
道の両側にツツジが咲いていた。




080426_02.jpg

白。




080426_03.jpg





080426_04.jpg

濃いピンク。




080426_05.jpg





080426_06.jpg

淡いピンク。




080426_07.jpg





080426_08.jpg

通り抜け。


コーヒープリンス1号店 8杯目

2008年04月25日 16:02

毎週木・金曜にテレビ愛知で放送されているのを観ているが、カットされたシーンのために、「え、どういうこと?」と物語の流れがつかめなくなることが多々あり、民放のドラマ枠で放送するには難ありという気がする。

でもストーリーは、やっぱ、おもしろい!

ウンチャン(ユン・ウネ)とユジュ(チェ・ジョンアン)はタイプの違う女性なのに、ハンギョル(コン・ユ)とハンソン(イ・ソンギュン)のいとこ同士は、なんでここまで女の好みがカブるんでしょう?^^;
ハンギョルにはギュッとハグされ、ハンソンにはいきなりチュウされて、ウンチャンのオトメ心は複雑だ・・・。

ウンチャンがハンソンにキスされて家を飛び出し、ちょうど彼女とすれ違いに来たユジュと、ウンチャンの後を追うハンソンが、玄関で鉢合わせしたとき、二人の目線、微妙な表情のやり取りだけで、ユジュは何が起こったのかを悟り、ハンソンも彼女に気づかれたことを知る。その間、セリフは何もなしで、最後にユジュが一言「明日電話するわ」と言って去る。

こういうシーンを観るとすごいなぁと思う。日本のドラマは、えてしてこういう場合、余計なセリフを入れたり、大げさな表情を作ったりして、わざとらしくなりがちだから。こういうシーンに、「大人の鑑賞に堪える」韓国ドラマの底力を感じる。

今回は、ハンギョルの家庭事情が明かされ、なるほどな・・・と。バアちゃんとはズケズケ言い合いながらもあったかい間柄なのに、なぜか母親の方はハンギョルに遠慮がちなのがちょっと気になってたので。父親との確執の理由もこれでわかったし。父は妻や母に負い目のようなものを感じていて、ハンギョルに愛情を注げなかった、ってとこでしょうか?

しかし今回は、コヒプリ店員のソンギ(キム・ジェウク)にも、ウンチャンが女であることがバレ、あとはハリム(キム・ドンウク)にバレるのも時間の問題?結局、最後まで知らないのはハンギョル、という展開になりそうな・・・^^

コン・ユくんは、やっぱ、ウマイなぁと思う。魅力的です

次週も楽しみ♪



コーヒープリンス1号店 オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
Amazon


「M」インターネット映画館で公開

2008年04月25日 14:15

M_poster_1.jpg


イ・ミョンセ監督の「M」がインターネット映画館で公開される。

「M」は、ベストセラー作家であるハン・ミヌ(カン・ドンウォン)が、初恋の記憶を探りながら忘れられた事実と遭遇することになるミステリーメローだ。難解なストーリーのためなのかはわからないが、劇場封切り当時、観客たちの評価は交錯した。

派手な経歴と容貌で高い人気を集める天才ベストセラー作家ハン・ミヌ。裕福で魅力的なフィアンセ・ウネ(コン・ヒョジン)との結婚を控えている彼の人生は完ぺきに見える。しかし最近、新しく執筆を始めた小説がうまく書けず、ひんぱんな不眠に苦しめられているうちに、ある日から、どこへ行っても、誰と会っても、何をしようと誰かの視線から抜け出すことができなくなる。

自分の小説の解けない糸口を探すため、そして全く忘れられた初恋の記憶を取り戻すために乗り出すミヌ。何かに追われながら、ミヌのそばをぐるぐる回るミミ(イ・ヨニ)。初恋の記憶にさまようミヌを見守るしかないウネ。彼らの恐ろしいほどに悲しくて美しい恋物語が始まる。

≫[オンラインVOD]4月第4週(ETNEWS)より


「M」がインターネットで配信されるってことでしょうか。
かの国では、とっくにDVDも発売され、ネット配信もスタートするというのに、わが国では「M」の公開、一体いつになるんでしょう?配給版権を持つエイベックスは、どういうマーケット戦略を立てて、どういうタイミングで公開しようとしてるのか?いいから早く見せてよ~ん!( ̄ε ̄)b゛


キム・ユンソク、「戦友致奠」(仮)出演決定。

2008年04月24日 11:54

「追撃者」のスター、キム・ユンソク(40)が、「犯罪の再構成」「タチァ」で息の合ったチェ・ドンフン(37)監督と、三度目に息を合わせる。 キム・ユンソクは、チェ監督の新しい映画「戦友致奠」(仮題、製作映画会社家)に出演する。

キム・ユンソクは、自分の実質的な映画デビュー作である2004年「犯罪の再構成」の時からチェ・ドンフン監督と縁を結んだ。 88年からすでに演劇とミュージカルで名を馳せたが、スクリーンデビューは遅かった。 同様に「犯罪の再構成」は、チェ監督にとっても初めての演出デビュー作であり、二人の縁は格別だった。

キム・ユンソクは引き続き、2006年にチェ・ドンフン監督の「タチァ」でアギィ(餓鬼)役を引き受けて、第44回大鐘賞男優助演賞を受賞した。 チェ監督は「タチァ」のシナリオを書く時から、アギィ役には他の俳優を考えてなかったほど二人の信頼は格別だ。

キム・ユンソクには「追撃者」の成功以降、多くの作品の出演依頼が殺到した。 だが、チェ・ドンフン監督の新作映画を1番目に選び、「必ず出演したい」という意向を伝えた。 チェ監督もこの映画を準備しながら、キム・ユンソクをすでに念頭に置いていた。

キム・ユンソクの所属会社、心エンターテイメントの関係者は「まだシナリオが完成されていなかったし製作初期段階だが、出演することを約束した。撮影開始は9月以降と予想している」と明らかにした。

「戦友致奠」は同名作者未詳の朝鮮時代小説が原作だ。 原作は「洪吉童伝」を模倣して、先祖時代に実際道術横(?)名を馳せた前愚癡の英雄物語を描いた。製作計画が知られた後、「犯罪の再構成」と「タチァ」を立て続けに成功させたチェ・ドンフン監督の、次回作であるだけに関心が高かった。

気のきいた道術を使う前愚癡が、宴官汚吏を苦しめて民たちの悔しさを解消してくれるという内容が基本の筋書き。 キム・ユンソクは前愚癡の師匠役を引き受ける予定だが、配役はまだ確定していない。道術が登場する映画であるだけに、きらびやかなアクションと特殊効果も描かれる予定だ。

タイトルロール前愚癡役では現在カン・ドンウォンが取り上げられている。

≫「義理派」キム・ユンソク「チェ・ドンフン監督作品が1番目」(dongA.com)より


前に「追撃者」の記事でキム・ユンソクを見て、「おぉ、『復活』のチョン社長だ!」とちょっと感激した。只今GyaOで視聴中のドラマ「復活」、その中でも、酸いも甘いもかみわけたやり手の調査会社?社長役としてなかなかの存在感を放っているので、映画の主演で活躍していると知ってうれしかった。チェ・ドンフン監督とは「相思相愛」の信頼関係が築かれていて、監督の作品なら即OK!って感じだったのね。

話題の監督に話題の俳優、その上主役がドンくんに決定したら、大々注目の映画になりそう
ところで肝心のシナリオ完成本は、もう出来上がったんでしょうか?



プラハの恋人 第1話

2008年04月22日 10:35

GyaOで配信スタートした第1話をお味見。

チョン・ドヨン演じる、気取りのない元気なお嬢様・ジェヒは、なかなかいいんじゃないでしょうか。
警察官サンヒョン(キム・ジュヒョク)が、電話で恋人に別れを告げられ、彼女を探しにいきなりプラハにやってくる・・・話の展開が早い早い。
最初、主演男優の二人がちょっと地味・・・?と思ったんだけど、そこは韓国俳優、ドラマの中で動き出すと魅力的です。
ジェヒ&ヨンウ(キム・ミンジュン)、ヘジュ(ユン・セア)&サンヒョンの二組のカップルが、そのうち入れ替わったりして・・・? とにかく今後も観たいと思います。



「プラハの恋人」オリジナルサウンドトラック(DVD付)
Amazon


パープル

2008年04月21日 17:46

080421_02.jpg

テッセン(上)とベルフラワー(下)の
パープルコーナー。


欲しい!

2008年04月21日 17:40



近所のリサイクルショップにある
木製の鳥。一目見て「サギだ!」
と思い、気に入ってしまった。
サギ好きには、たまらんです~♡

私が引き取りに行くまで、
待っててくれ~。


ドンウォン、「朝鮮時代のスパイダーマン」となるか?

2008年04月21日 14:12

花美男スター、カン・ドンウォンがチェ・ドンフン監督の「戦友致奠」(映画会社家)を次期作に検討中だ。正確に言えばスター監督との「ウィン-ウィン」(win-win=両者にとって有利)を摸索中だ。

カン・ドンウォンのマネジャー、パク・ヒョンジュン室長は、「ドンウォンさんが、映画会社から『戦友致奠』についての話を聞いて関心を見せたが、まだシナリオ完成本が出来てこない状態」として線を引いた。 投資・配給会社も未定であるだけに、まだ出演の有無を論じる段階ではないという慎重さだった。

しかし忠武路(チュンムロ)では、すでにカン・ドンウォンの「戦友致奠」出演を既成事実化する雰囲気だ。 カン・ドンウォンがチェ・ドンフン監督の出演依頼を断る理由と名分が多くないからだ。誰もが共同作業してみたいチェ監督を、カン・ドンウォンが拒むわけがないという推測だ。

ある忠武路関係者は、「何より『戦友致奠』の主人公のキャラクターが、カン・ドンウォンによく似合う」と話した。 ほっそりしている体型としらじらしい笑い(?)などが、前愚癡のキャラクターとよくマッチするという説明だ。 劇中、師匠として出てくる徐敬徳との道術バトルシーンも、カン・ドンウォンにふさわしいという評が支配的だ。

ここに「オオカミの誘惑」「私たちの幸せな時間」を除いて、最近これといった興行作品がないという点も、「カン・ドンウォン+チェ・ドンフン」コンビを期待させる要因だ。カン・ドンウォンはイ・ミョンセ監督の「デュエリスト」「M」に相次いで出演したが、映画の美学的成就を除けば、演技力と興行成績はあまりぱっとしなかった。軍入隊の前にフィルモグラフィーをしっかりと作れる絶好の機会だ。

「戦友致奠」は朝鮮時代の作者未詳の古代小説で、各種道術に長けた前愚癡の活躍が筋書きの柱だ。弱者を代弁する前愚癡は、悪い宴官汚吏をこらしめ、貧しく無力な階層を助けるという点で、ホン・ギルドンと肩を並べる時代の英雄だった。「戦友致奠」が「朝鮮時代のスパイダーマン」に例えられる理由がここにある。

KAISTのキム・タクファン教授も、道術で世の中の不正に対して戦う男の人生という点で、「戦友致奠」はドラマや映画の魅力的な素材であると語った。

一方、映画会社家のイ・ユジン代表は、「ドンウォンさんとは『あいつの声』を通じて親しくなった間柄だが、『戦友致奠』に対してはまだ具体的に交わした話がない」と語った。

チェ・ドンフン監督の三作目となる「戦友致奠」に、カン・ドンウォンが無事「乗船」できるか気になる。

≫カン・ドンウォン「戦友致奠」でチェ・ドンフン監督とウィン・ウィン?(JES)より


これまた、カワイイ画像が載せられちゃって
まだ正式に決まってもないのに、忠武路では「主役はドンウォン」と話題になってると。
正義のヒーロー・ドンくんも、観てみたい気がしなくもないなぁ・・・(*^^*)
でも、映画の興行成績とドンくんの演技力を同列に並べて評するのはやめてほしい・・・ =3
「軍入隊」の文字を見ると、なんか、ハッとさせられるわ



日の出シーンで新発見。

2008年04月21日 11:39

これまでにもう、何度観たか覚えていない「1%の奇跡」。でも、昨夜Yahoo!動画で第9話「真夜中の逃避行」の回を観て、これまで気づかなかった新たな事実を発見しました。

チェイン(カン・ドンウォン)とタダ(キム・ジョンファ)の二人が日の出を待ってるとき、チェインがタダに、「太陽は女のようだ。全て見せて輝いてるようで、心は見せない・・・」うんぬん、語るシーンがありますよね。あれって、暗に、タダに自分の想いを告白してたんだなぁ~、と昨夜初めて気づきました。今頃気づく?と思われる方も多いと思いますが・・・

これまでは、心中ではタダへの想いを秘めながらも、チェインが自分の女性観を語っているシーンだと思っていたんです。でも、喫茶店で友人のヒョンジュン(キム・スンミン)に、「タヒョンさんの気持ちはどうなんだ?一人で考える問題じゃない」と言われ、その場を飛び出してタダを連れ出したんだから、チェインはとにかく、タダの気持ちを知りたい思いでいっぱいだったはず。その後に続く、「俺ひとりで、おかしいことしてる? こうしてるの、俺ひとりの気持ちか?」という、チェインの愛の告白のセリフが、やけにシンプルだった理由も、これで納得がいったような気がしました。

で、その場の雰囲気で、当然タダも、チェインが「自分への想いを語ってる」ことに気づいてるよね? いや、でも、もっと後の回で、タダがイ会長(ピョン・ヒボン)に、「チェインさんが私のことをどう思ってるかわからない」とこぼして、会長に「まだわからないのか?」とあきれられるシーンがあるくらいだから、タダも案外鈍くて、気づいてなかったりして・・・と、タダも自分の仲間に入れようとするワタシ

でも、面白いなぁ。何度観ても新たな発見があるというのは、そのドラマのエピソードが、隅々まで計算されつくしている証だと思う。やっぱ私にとっては韓ドラベスト1の名作です。

ちなみに私、この回のチェインの告白のように、物事を遠まわしに語られてもピンとこないタイプの人間なんだということにも気づきました。実際、自分の恋愛でも、相手が私の意思を推し量ろうとして話している第三者の話を、私は単純に「他人の話」として聞き流していて、後で双方の思惑が食い違い、ちょっとしたトラブルが起きたことがありました(実に笑える話なんだけど、詳しく話すのははばかられるので)。

大切なことを伝えたいときは、遠まわしに語らず、もっとドーンと、ストレートに行きましょうよ!
(私がニブイ奴?)





今夏もプリントTシャツが主流

2008年04月20日 18:38

またまたドンウォンくんのクリス記事。

モデル出身映画俳優カン・ドンウォンが、今夏をターゲットにしたカタログを撮影した。
衣類ブランド「クリス・クリスティ」の専属モデルとして活動している彼は、Tシャツにジャケット、またはハイネックシャツにパンツなどを着てスタイリッシュな姿を表した。

「クリス・クリスティ」関係者は、「昨年に続き、今夏もプリントTシャツが主流であるようだ」としながらも、「今年はもう少しスリムにフィットする、ジャケットなどとコーディネートが可能なインナー類が人気を得るだろう」と予想した。
これと共に「Tシャツに綿パンツ、ハイネックスリーボタンシャツなど、もう少しダンディーな男性たちが主流になるようだ」と付け加えた。


≫Tシャツで誇るカン・ドンウォンのファッション提案(ノーカットニュース)より
※Tシャツのえりにストールを巻き、大きな星型ペンダントをしているドンくん。


私はもともとドラマ好きなので、ファッションの流行は、その時々のドラマに出てくる女優さんのファッションを参考に、自分の着こなしに取り入れたりしてたのですが、最近、日本のドラマを観ない・・・。
で、今、どういうことになってるかというと、私のファッションリーダーは、「嵐」と「ドンくん」なんです。男かいッ!( ̄∇ ̄;)ノ☆

でも、もともと、過度に女性らしさを強調したファッションよりも、シンプルなものを好むので、結構参考になるのです。
ドンくんのクリスの夏カタログの画像も、Tシャツと小物の合わせ方が、いろいろ参考になるなぁ~と思いながら見ています。

今日、大型ショッピングセンターの婦人服売り場で、マネキンさんが着ていた、キャミソールの重ね着の上に、シースルーのチュニックを組み合わせる、今、若い女性に人気のコーディネートを見てつくづく思いました。要するに「下着ルック」だなと・・・( ̄∇ ̄;)


マリモが来た。

2008年04月20日 14:26

080420_05.jpg


おととし小樽に行ったとき、出店でマリモを売っているのを見て、すごく欲しいと思ったんだけど、長持ちしないんじゃないかなぁ?という気がして買わなかった。
でも今日、地元の雑貨店の店先に並んでいるのを見つけ、「育て方かんたん!」と書いてあったので、つい買ってしまった。名前は「マリン」と「モリン」です。そのまんまやん!( ̄∇ ̄;)ノ☆



ハナミズキ並木

2008年04月20日 14:11

080420_03.jpg

よく咲いている。




080420_04.jpg

ピンクの花。


ハーモニー

2008年04月20日 14:06

080420_02.jpg

チューリップとパンジーの一群が
奏でるハーモニー♪


青空通り

2008年04月20日 14:04



ショッピングセンターの外の通り道。
横木のような建築材と青い空の
コントラストが面白いなと思った。


チケット申し込みまでの山あり谷あり。

2008年04月19日 22:32

本日は朝10時より、小田和正の名古屋コンサートチケットの一般発売がスタート!ということで、10時からサンデーフォークのダイレクトセンターに電話を延々かけ続けた。妹と一緒に行くので、妹も自宅から電話をかけ続けてくれていた。

電話でチケット取りをするのは何年ぶりのことだろう。
近年は、コンサートといえば嵐のしか行ってなくて、ファンクラブに入会しているので、チケット取りは直接、郵送されてきた振込用紙と料金を振り込むだけで済んでいるのだ。

ダイレクトセンターに何度も電話をかけては、NTTの「電話が大変混雑しておりますので、後ほどおかけ直しください」のアナウンスに阻まれ、かけては切り、かけては切り・・・をくり返し、ようやく午後2時を回った頃、電話がダイレクトセンターにつながった。

名古屋では2公演行われるが、2公演ともS・A席ともに完売。もう立見席しかないと言われて一瞬迷ったが、「どうせ嵐のコンサートに行っても、ほとんど立ちっぱなしだし、妹もお気に入りのアーティストのコンサートの時はそんな感じみたいだし(二人ともノリノリ♪)、ま、いっか」と思い、申し込むことにした。

そこから、チケット申し込み方法を聞くのがひと苦労。

まずは、受付ナンバーを聞き、次にゆうちょ銀行での振り込み方法。用紙は青い普通の振替用紙で、口座番号、加入者名を聞き、さらに通信欄に書き込む必要項目が5項目。公演日・アーティスト名・受付番号・立見席2枚・公演時間。料金は返送料を含めxxxxx円。×月×日までには配達記録を送る。×月×日までにチケットが届かない場合は、ダイレクトセンターxxx-xxx-xxxxに問い合わせしてください・・・。

ちょうど電話がつながったとき、車で移動中で、自分は助手席に座っていたのだけれど、膝上で、小さなメモ用紙に上記の内容を必死で書きとめた。口座番号を聞いた後、それを復唱しようとしたら、「後で全部まとめて確認しますので」と言われたので、とにかく言われることをひたすら書きとめた。

で、最後の「確認方法」というのがすごかった。

もう一度最初から同じことを説明してくれて、私はそれを自分のメモ書きと見くらべ、間違いがないかチェックすればいいのだと思っていたら、なんと「受付番号は何番ですか?」「通信欄に書き込む項目は何ですか?」と、相手がこっちを質問攻めにしてくるではないか。なんか・・・学校で授業中、先生に突然指された生徒のような気分・・・?必死で回答しましたよ。でも正直、「何様?」って感じの不快感は拭えなかった。

相手は、チケットを購入する「お客様」にサービスを提供する側ではないのか?なのに、客にこれだけ負担を負わせる申し込み方法・確認方法ってなに?百歩譲って、情報の伝達ミスのために、チケットが客の元に届かないというトラブルを防ぐため、客への思いやりの気持ちで、相手が客の理解度を問うているのだと解釈しよう。でもそもそも、客側に伝えた内容を復唱させないとトラブルを回避できない、その申込方法の複雑さの方に改善の余地はないんですか?と問いたくなる。

だいたい、最初の受付番号をこちらに教えてくれる時点で、相手がPCでその受付番号の欄に、私の名前や住所、アーティスト名、公演日、公演時間、立見席2枚の情報を入力すれば、私に伝える情報は受付番号と振り込み方法、口座番号、加入者名、振り込み料金、発送予定日時、問い合わせ先の電話番号くらいで済み(それだけでも十分聞き取る内容は多いが)、通信欄への5項目の記述の手間などは省けると思うのだが。

アーティストのファンクラブかプロモーターに会員登録してないと、チケット取りはこんなにも面倒くさいものなのか?と思わされた今日だった。


またまたクリスのドンくん♪

2008年04月19日 17:00

マイデイリーからも、ドンくん記事がアップ。
初めて見る画像が3枚あった。ラッキー
テキストは全部共通。

衣類ブランド、クリス・クリスティのモデルとして活動中のカン・ドンウォン(27)が、
スリムなデザインの夏カタログを通じて、久しぶりに姿を現した


≫[MDフォト] 「ファッショニスタ」カン・ドンウォン、夏衣類カタログ公開(マイデイリー)

≫[MDフォト] カン・ドンウォン、ファンに「夏のあいさつ」(マイデイリー)

≫[MDフォト] カン・ドンウォン、「夏男に変身」(マイデイリー)


ひとこと。

2008年04月18日 15:37

昨日、非常に嫌な思いをしました。

韓国記事から引用した部分を自分で翻訳して、ブログにアップした文章が、まるごとそのまま、他人のブログに掲載されていたのです。

翻訳機にかけたままの直訳文をそのままアップした場合は、同じ文章が複数のブログで掲載されていても当然のことなのですが、私の場合は、直訳文の中で意味不明な言葉や、日本語としては不自然な表現があれば、まず韓国辞典を引いて言葉の正確な意味をチェックし、言葉自体に誤りがなければ、次に日本語の辞書を引いて、同様の意味でもっと自然な言い回しがないか検討します。

だから、勝手に掲載されていた文章が自分の書いた文章だということが確実にわかるのです。一字一句、違った所はありませんでした。しかも、元記事の中で、必要な部分だけを引用した文章だったのですが、その引用部分も丸ごと同じでした。

非常にショックでした。

もし事前にひとこと、「載せさせてもらってもいいですか?」とコメントでもいただければ、元々その記事の著作権は記事を載せた韓国サイトにあるわけだし、なんせ韓国語初心者なので、意訳のつもりが異訳になっている可能性も大いにあり、内容の正確さについては保証できないことを了承していただければ、自分としては別に構わないのです。

けれども、原文を3種類の翻訳機にかけ、不明な言葉を韓国語と日本語の辞書で引き、もっと自然な日本語にならないものかと考える作業は、結構時間と労力がかかるのです。昨日翻訳した文章はとくに長文で、かなりの時間をさきました。それを丸々無断で、自分の記事として転載するという行為は、人道的にどうなんでしょうか?

元々、自分がドンウォンくんの情報を、できるだけ正確に把握しておきたいからやっている翻訳で、それが、たまたま目にとまった方のお役に立てればうれしいなと思っています。だから今後も翻訳記事のアップは続けるつもりですが、今回のようなことは二度とご免だと思います。



和気あいあい。

2008年04月18日 15:37

「隠し砦の三悪人/THE LAST PRINCESS」のジャパンプレミアが昨日行われたようで、その舞台挨拶の記事を読んだ。

客席からの割れるような歓声の中、舞台挨拶に立った松本は「いやらしい話ですけど(笑)宣伝ていうか……お願いしたいなと思います」とコメントし、大きな笑いと拍手が巻き起こった。長澤は開口一番「新八役を演じました長澤です」とボケをかまし、それに乗って阿部も「雪姫役をやらせていただきました」と笑いを誘った。宮川は、そんな2人の“無茶ブリ”に応えて、撮影中に起こった「すべらない話」を披露。「休み時間にたき火にあたっていたら、潤が『焦げ臭くない?』と言い出した。『別に臭くないけど』と言ってパッと見たら、阿部さん(の衣装)が燃えていた」と明かすと、会場は爆笑の渦に包まれた。

≫すべらない舞台挨拶に2000人が爆笑!「隠し砦の三悪人」ジャパンプレミア(eiga.com)より



人が何人か集まると、中には温度差のある人(ノリが悪い)も必ずいるものだけど、この会見の様子からは、何かとてもいい感じのチームワークがうかがえます。
「隠し砦」、TVのCMを見る限りでは、画面は迫力がありそう。あとはストーリーの出来次第かな。期待してます!(o^-')d


カタログ撮影現場@Yahoo!動画

2008年04月18日 14:19

本日よりYahoo!動画で、ドンウォンくんのクリス・クリスティ夏カタログ撮影現場(Mnet)が
観れます。縦長く映ってるところがちょっと残念なんだけど・・・撮影中のドンくんは、
なんかこう、色っぽいねぇ~ こんなに色っぽかったっけ?と思ってしまいました(*^^*)





男性芸能人のスリム化進行中。

2008年04月18日 13:01

スリム・タイト・スキニーが男性ファッションコードの「大勢」になりつつあり、男たちもスタイル作り戦争の真っ最中だ。トレンドのトップランナーである芸能人たちが最も忙しい。この頃人気ドラマとして浮上したSBS「オンエア」の二人の男性主人公、イ・ボムスとパク・ヨンハを見ればこのような流行が克明に現われる。

映画で見せてくれたコミックイメージと「かっとポムス」というニックネームを持つイ・ボムス。彼がこの頃大いに変わった。前より肉がたくさん落ちて、イメージがぐんと洗練されたし、スリムに見える。
彼はSBS「外科医ポン・ダルヒ」出演以降、専門トレーナーとともに着実に体を作った。体重も約5kg程度落ちた。イ・ボムスのマネジャーは、「イ・ボムスのファッション感覚は格別な方」と言いながら、「着実に体型管理をしながら普段も体にフィットする服を楽しんで着ている」と伝えた。

同じドラマに出演中のパク・ヨンハも、この頃ぐんとスリムなスタイルでブラウン管に映っている。
パク・ヨンハの所属会社ユンヨン代表は「たゆまぬ運動と食事の調整で体型を管理している」「ファッショントレンドに合うようにスリムでタイトな服を主に着ている」と話した。

男性芸能人の中でスリムルックをリードするスターはカン・ドンウォンだ。 彼はスキニースタイルで有名なブランド「ディオール・オム」のマニアで知られている。彼は身長188cm、体重70kgで乾いた(?)体型に近い。「ディオール・オム」が国内に輸入されていない4年前からこのブランドを着て通った。

ファッションの専門家たちは、スキニーな男性ファッションスタイルはすでに流行の終わりにあると見ている。また、東洋人の体型では取り入れにくいファッションだとも指摘する。しかし大衆的な次元ではスリムスタイルが大勢だ。

男性ファッション雑誌「アリーナ」のファッションディレクター、ミン・ビョンジュン は、「スキニールックを取り入れて自分のものにできる芸能人は、カン・ドンウォンとチョ・インソンぐらい」と言いつつ、「スキニーなスタイルを取り入れようとするなら、乾いたことも重要だが長くなければならない」と語った。

≫イ・ボムス、パク・ヨンハも? 男性ダイエット熱風(マネートゥデイ)より


・・・というわけで、記事の写真はドンウォン&インソンくんです^^
ドンくんの写真、いつ頃のだろ?膝下が特にビュワーンと長く写ってます

「スキニースタイルは東洋人の体型では取り入れにくい」というのが意外だった。
欧米人よりも華奢なぶん有利かと思っていたので・・・。

人それぞれ、適正な体型は異なるだろうから、みんなでやっきになってスリムを目指す必要もないと思うけど、ドンくんのスリムボディは確かに素敵です
まぁ、ファッションディレクターいわく、彼は特別っていうことで^^



魅力あふれるカン・ドンウォン

2008年04月17日 20:40

クリス・クリスティの夏の広告カットがNEWSISから計8枚上がってきた。テキストは全部共通。

実用名品主義ブランド、 クリス・クリスティが、カン・ドンウォンと今夏の広告撮影を終えたと17日明らかにした。

今夏クリス・クリスティとlet's slimキャンペーンを繰り広げ、スリムな夏を強調しているカン・ドンウォンは、この夏の撮影でTシャツにジャケットをコーディネートしながら、わが国最高のファッショニスタ(ファッションに敏感な人)の顔を見せ、スリムなカリスマを発散した。

ここで、ハイネックシャツにパンツなどがピッタリで立派なダンディー姿と、Tシャツ一枚でもスタイリッシュな姿を見せたカン・ドンウォンに、フォトグラファーのホン・チャンヒョン室長などスタッフたちも賞賛を惜しまなかった。

夏の広告カットと動画はクリス・クリスティホームページ(www.chris-christy.com)を通じて、今月中に公開される。


≫魅力あふれるカン・ドンウォン、クリス・クリスティを着る(NEWSIS)
チェックのシャツに蝶ネクタイがラブリー

≫カリスマあふれるカン・ドンウォン、クリス・クリスティを着る(NEWSIS)
黒のポロシャツに白のパンツがさわやか!

≫スリムな感じのカン・ドンウォン、クリス・クリスティと会う(NEWSIS)
短パン姿(ファッション用語がわからん・・・)のドンくん。
ケンタウロス?のイラスト入りTシャツがちょっと妖しげ・・・。

≫優しい男カン・ドンウォン、クリス・クリスティと会う(NEWSIS)
オレンジ・白・黒・グレーの奇抜な格子柄ポロシャツが粋!

≫カリスマあふれるまなざしのカン・ドンウォン、クリス・クリスティと会う(NEWSIS)
白地にゼブラのイラスト入りのTシャツを着たドンくん。
この目つきが、優しいというか妖しいというか・・・やっぱヤバイわ、この人

≫柔らかいカリスマのカン・ドンウォン、クリス・クリスティと会う(NEWSIS)
黒ポロ+白パンツのクローズアップバージョン。

≫柔らかい男カン・ドンウォン、クリス・クリスティと会う(NEWSIS)
タイトルにそぐわない^^;シャープな目つきのドンくん。

≫スリムな感じのカン・ドンウォン、クリス・クリスティを着る(NEWSIS)
白ジャケット姿のドンくん。なんか愛らしい表情してます。

あなたはどのドンくんがお好き?^^
私は当然、全部好きだけど、特に4番目格子柄ポロのお目々パッチリドンくんと、
5番目の妖しげ目線なドンくんがいいかな。
クリスHPでの広告カットと動画の公開、楽しみです♪


チェ・ドンフン監督映画次回作にドンウォンくん?

2008年04月17日 18:08

チェ・ドンフン監督の映画次回作の主演候補にドンウォンくんの名前が上がっている。

≫「いかさま師」チェ・ドンフン監督次回作は「戦友致奠」(JES)より

「犯罪の再構成」「いかさま師」のチェ・ドンフン監督が、古代小説を脚色した「戦友致奠」を次回作に決定した。「戦友致奠(田禹治伝)」は作者、年代不詳の古代小説で、朝鮮禅宗の時代に実在した前愚癡を主人公とする一種の道術小説だ。 韓国古代小説中「洪吉童伝」と共に、道術を素材にした作品の中では代表作に数えられる。

映画アイテムとして魅力的なこの素材に関心を見せた、チェ・ドンフン監督の選択眼が新しくて興味深い。

これに関連して映画会社家のイ・ユジン代表は「まだシナリオ完成本が出ない状態で、タイトルも仮名だから何だと言いにくい立場」と言いながら、「元々の計画よりプロジェクト日程が遅れている」と話した。

極秘裡に準備中の「戦友致奠」は、道術がキーワードであるだけに、きらびやかな画面と迫力が観客の視線をひきつけると予想される。

チェ・ドンフン監督は「犯罪の再構成」の時、自ら演劇舞台で抜てきしたキム・ユンソクとキム・サンホを起用するつもりであり、映画会社家は主人公にカン・ドンウォンなどを物色中だ。

※道術=道士や方士の行う長生・呪術などの術。仙術。方術。(三省堂「大辞林 第二版」より)


ドンくん、たとえ主役を打診されているとしても、まだシナリオが出来上がってないんじゃ、返事のしようがないよねぇ・・・
古代小説・・・どんな衣装になるのかな?ちなみに私は「デュエリスト」で見せてくれた、ドンくんの韓服姿に萌えでした。長髪もよかったけど、あのシルクハットみたいな形の帽子?をかぶった姿にキュン
最終的には決定になるのかどうなのか・・・続報が気になります。



韓国映画の10代マーケット

2008年04月17日 14:48

韓国映画に10代マーケットはあるのか? 「ドレミファソラシド」が4月3日、製作以来1年ぶりに封切られた。 撮影が中断されて製作会社が変わるなどの産みの苦しみを味わった末だ。「ドレミファソラシド」は「オオカミの誘惑」「あいつは格好よかった」に続くグィ・ヨニの小説を原作にした映画で、10代の観客が主要ターゲットだ。それ以外にもいま忠武路(チュンムロ)では、10代をターゲットにした作品が一つまた一つと製作されている。

プライムエンターテイメントでは、チャン・グンソクを主人公に、急に赤ん坊を引き取って育てるようになった高校生の話「赤ちゃんと僕」を撮影しているし、子供ビジョンエンターテイメントはグィ・ヨニのまた他の小説を原作にした「私のボーイフレンドに」を準備している。

2003年「同い年の家庭教師」(全国観客500万人)と2004年「オオカミの誘惑」(218万人)、「マイ・リトル・ブライド」(314万人)などで10代映画のブームが起きた忠武路に、また10代映画の風が吹くのだろうか。

予想はそんなに楽観的ではない。2004~2005年の作品をよく見ても、興行に成功した「オオカミの誘惑」「マイ・リトル・ブライド」「愛しのサガジ」とは違い、似たコンセプトの映画「あいつは格好よかった」と「ジェニ、ジュノ」などは興行に失敗したし、「解剖学教室」「ムイ」「二人だ」 など10代映画の代表的ジャンルと見なされた10代ホラー映画も最近不振を免れなくなっている。

出来ばえの論議から10代マーケットの有無問題まで。最近、忠武路の10代映画はあいまいな位置に立たされている。大多数の作品が10代と20代をターゲットに作られているが、10代だけのためにティーンエイジャーの話を素材にした作品は探すのが容易ではなく、たとえば「同い年の家庭教師 レッスン2」 「百万長者の初恋」のように、10代をメインターゲットに作られた作品があっても、10代の観客にさえそっぽを向かれるのがオチだ。

さらにティーンエイジャー映画、アイドル映画、青春映画などの用語が入り乱れて、10代映画を「幼稚」「アイドルスターのプロモーション用映画」と誤解する傾向もなくはない。忠武路の10代映画、何が問題なのであろうか。


俳優キャスティングから広報まで、正確なターゲット設定がカギ

キャスティングでも現在、忠武路の趣向は10代の趣向よりワンテンポ遅い。 カン・ドンウォンが「オオカミの誘惑」に、ムン・グニョンが「マイ・リトル・ブライド」に出演した時、彼らはスターではなかった。「ドレミファソラシド」のチャン・グンソクも映画が企画された2006年には新人俳優だった。

ほぼ同じ時期に封切りした「オオカミの誘惑」と「あいつは格好よかった」の行き違った明暗も印象的だ。当時スター性を認められたソン・スンホンとチョン・ダビン主演の「あいつは格好よかった」は興行に失敗したが、新人に過ぎなかったカン・ドンウォン、チョ・ハンソン主演の「オオカミの誘惑」は大成功だった。

「オオカミの誘惑」のプロデューサー、イ・ジョンハクは「ティーンエイジャーは本当に新鮮なこと、新製品を探すようだ」と話した。すなわち、10代はニューフェイスを望むのに、映画界はすでに検証されたスターで10代に近づこうとする。「マイ・リトル・ブライド」のプロデューサー、ユ・スニルは「俳優キャスティングのために配給会社に断られたことがある」と語った。20代が真似た10代映画、10代と20代を一緒にする若者好みの映画の中の10代、それが現在の忠武路のあいまいな10代映画だ。

2007年に映画振興委員会が発表した調査結果によると、15~18歳女性(22.2本)の場合、24~29歳女性(26.6本)の次に年間映画鑑賞本数が多かった。同じ年齢層の男性の場合8.7本で、他の年齢層に比べて数値は低かったが毎年増加する傾向であった。

「ドレミファソラシド」のプロデューサー、チェ・ジョンミンは10代の観客の規模を200万人程度と推定した。“大多数が女子中・高生の観客だった”「オオカミの誘惑」が、全国218万人の観客を動員したのだから、間違った話ではない。だが、この200万市場が、ますます大きくなりつつある韓国映画製作コスト内で、簡単に攻略できるすき間ではない。

チェプロデューサーは、「マーケティング費をたくさん減らしてしているが、10代の観客だけで損益分岐点を合わせることは大変だ」と話した。「ドレミファソラシド」の場合、総製作費が35億ウォン程で、損失を兔れるためには150万の観客が入らなければならないのに、現在の国内映画界の事情を考えると、それは決して容易なことではない。 韓国映画全体が難しいことと同じ脈絡で、10代のすき間攻略がよりいっそう難しくなるのだ。

だが、すき間だから可能性もある。「ドレミファソラシド」は原作者のグィ・ヨニ、チャン・グンソクのファンカフェなどに広報を集中している。放送、雑誌広告も一切しないでインターネットだけで広報をしている。チェプロデューサーは「グィ・ヨニカフェの100万人会員を利用するやり方でマーケティング費用が半分近く節約された」と話した。

「花美男連続テロ事件」が見せたDVD需要も有効だ。 10代映画は主演俳優に対する選好度が映画の興行に大きい比重を占めるので、DVD購買意欲も他の映画に比べて高い。「オオカミの誘惑」もカン・ドンウォン人気にあやかり1万枚を越える販売高を上げた。

すなわち10代映画は、ターゲットをもう少し明確にすればするほど、潜在的な可能性が増える。アイドルスターが持つ興行性と広報効果、新人俳優だから減らすことのできる出演料、10代のトレンドを早くとらえて応用できるマーケティング技術など。 良い出来ばえも映画の正確なターゲット設定から生まれる。

マーケットがないのではないかと恐れて、ターゲットがあいまいな映画を作り、慣れたドラマですべての映画を結末づけるのは、安全ではあっても10代の映画マーケットのための道はない。すべての映画がそうだが、10代の映画も10代の文化に対する徹底した観察と分析から生まれるのではないだろうか。 忠武路の10代映画は、うまく企画すれば低迷した映画界のすき間を埋めることができる。


日本のアイドル映画製作会社ジェイ・ストームが
製作した映画の成功の秘訣


アイドルスターの魅力をいきいき生かして10代熱狂

ジャニーズ事務所所属のダンスグループ嵐の個別レーベルとして始めたジェイ・ストームは、SMの「花美男連続テロ事件」が参照しなかったであろう理想的な形態の「アイドル映画製作会社」だ。
アルバム製作を基本にしているが、コンサート映像やジャニーズ所属アイドルの映像も製作してDVDで発売している。

2002年に嵐のメンバー全員が出演した映画「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」をはじめ、2004年と2007年にやはり嵐主演の映画「ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY」と「黄色い涙」を製作したし、V6のメンバーが出演した「COSMIC RESCUE」「ホールドアップダウン」、TOKIOの国分太一、Kinki Kidsの堂本剛が共演した「ファンタスティポ」も製作した。 2007年にはNEWSの山下智久が主演した映画「クロサギ」製作に参加した。

現在上映中である「クロサギ」を除けば、今まで製作した映画6本の中で赤字だった作品は一本もない。 ジェイ・ストームのほとんどの映画は、会社が所有したグローブ座劇場の単館封切りが基本なのに、俳優のテレビ番組出演やコンビニチェーン・ローソンとのマーケティングは、単館映画とは思えないほどの広報効果を持つ。

ジャニーズ所属スターの魅力をいきいきと生かしたキャラクターと、愉快な冒険談がジェイ・ストーム映画の特徴。 若い女性の観客が主要なターゲットなので、グローブ座劇場に置かれる映画パンフレットには、映画に出てきた品物がどこで買えるかなどの情報も載っている。

ジェイ・ストーム代表の藤島ジュリーKは、ジェイ・ストームの成功の秘訣について「ジャニーズ事務所の厳格なシステム」と語った。

≫[10代映画市場生存戦略] 10代の熱狂を恐れないで(CINE21)より
※「オオカミの誘惑」の傘のシーン、「クロサギ」の山P画像あり。


意外に思ったのは、韓国映画に10代マーケットがあるということ。
日本だと、ターゲットを10代に絞っても、金取れないでしょ・・・。
だからおそらく、韓国の映画料金は日本ほど高くないに違いないと思い、調べてみたら案の定、通常7000ウォン(4/17現在日本円に換算して約720円ほど)くらいらしい。これなら中高生でも観れるよね。日本の通常料金1800円は、大人でも敷居が高いっつーの・・・

私がドンウォンくんのファンになったのはまだ昨年のことで、「オオカミの誘惑」もリアルタイムでは観ていないので、記事を読んでいると、この映画の大ヒットが、当時の映画業界にとってかなり衝撃的なことだったんだな~ということがよくわかる。
ジェイ・ストームのくだりでは、「そうか、嵐は“ダンスグループ”なんだ・・・」とか^^

すんごい長文だったけど、ドンくんと嵐、両方に関連する記事なので必死で訳した・・・((((o_ _)--o
でも韓国の映画事情がわかって、なかなか参考になった。
読んでくれた方も、たいへんお疲れさまでした・・・



同姓同名さん。

2008年04月16日 15:47

私はNAVER検索で「강동원(カン・ドンウォン)」をキーワードに、新しいニュースが上がったらRSSリーダーでキャッチできるようにしている。
さっき上がってきたニュースを見ると、人名と8桁の数字がズラリと羅列されていた。

「これは住民登録番号かなんかの漏えいじゃ・・・」と思い、翻訳機にかけてみると・・・何のことはない、司法試験の第一次試験合格者の受験番号と名前の発表だった。へぇ~、合格者名がネットで発表されるんだ。

愛しのドンくんと同姓同名のカン・ドンウォンさん、合格おめでとうございます。
引き続き二次・三次試験もがんばってください。

ちなみにときどき検索で引っかかる同姓同名さんには、どこかの議員や社長もいる。



百想芸術大賞映画部門人気賞レース(4/14現在)

2008年04月15日 12:03

第44回百想芸術大賞映画部門人気賞の主人公において、熾烈な争いが繰り広げられている。百想芸術大賞は毎年TVと映画部門に分けて、男女人気賞4人を選定して受賞する。最優秀演技賞とともに俳優たちが最も受けたいに違いない人気賞だ。 広告界が注目する賞でもあるが、大衆の関心と愛を意味するのがまさに人気賞であるためだ。

人気賞は先月26日から今月21日までモバイルとARS投票で集計されており、その結果が人気賞の最終の行方に反映される。

14日現在まで映画部門の先頭圏を走る俳優はクォン・サンウ、ハ・ジョンウ、ソン・スンホン、ユン・ゲサン、
カン・ドンウォンに絞られている。「宿命」のクォン・サンウが24%の得票を記録して単独トップを維持する中で、「追撃者」のハ・ジョンウ(11%)、「宿命」のソン・スンホン(9%)が2・3位でその後を追っている。

興行では残念な思いをしたが「宿命」でカムバックしたソン・スンホンと、デビュー後初の悪役演技をリアルに見せてくれたクォン・サンウが1~3位中に並んで布陣されて目を引く。

500万観客を突破したヒット作「追撃者」のハ・ジョンウ人気も、見違えるほど上昇した。「許されざるもの」「九尾狐(クミホ)家族」に出演したが、興行の喜びを味わったのは「追撃者」が初めてだ。 MBCテレビ「ヒット」の正義感あふれる検事役で「可能性のある俳優」と呼ばれた彼は、「追撃者」で名実共に「恐るべき演技者」として位置づけられることになった。
キム・ヨンゴンの息子というレッテルも自然にはがれた。


ユン・ゲサン、カン・ドンウォンは「6年目恋愛中」「M」で各々8.7%、8.6%を記録しながら4・5位に上がった。歌手とモデル出身の二人は、既存の若いファン層から脱して30~40代に幅が広がっているという共通点がある。

この他に「追撃者」のキム・ユンソク(7.9%)、「愛」のチュ・ジンモ(7.8%)、「無防備都市」のキム・ミョンミン(5%)、「私の愛」のチョン・イルウ(3%)、「ワンス・アポン・ア・タイム」のパク・ヨンウ(1%)が10位圏内に入った。

≫ [百想芸術大賞]映画部門人気賞、誰のふところに抱かれるだろうか?(JES)より


気になったのは、ドンウォンくんが映画部門人気賞にノミネートされているということよりも(それももちろんうれしいけど)、「既存の若いファン層から脱して30~40代に幅が広がっている」という部分ですよん♪韓国でもそうなの?日本のアジュンマだけじゃなく?^^;それはうれしい!
やはり「大人の女」に支持されるほど、俳優としての実力も男としての魅力もあるってことですよ。ホホホ



NEW ENTRIES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。