FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドンくんの「ミヌ」

2007年12月28日 21:55

韓国で今年公開された映画について語られた記事の中に、「M」のドンくんの演技についてふれられている部分があった。

小顔と完璧なスタイルで女心を捕らえたカン・ドンウォンが、神経質な作家に変身した。 ミステリーラブストーリーを志向する映画は、その内容ぐらい奥深いカン・ドンウォンの演技の中に、ミヌ(彼の役名)が持っている内面の葛藤を見せてくれる。
特にカン・ドンウォンは、華麗な容姿と天才的な文才の裏でミヌが抱える不安を自然に見せてくれる。 自ら混乱しているような場面が多い映画の中で、彼の冷ややかな表情は観客を夢中にさせるのに不足がない。


>>‘私たち思いのままに’異色映画授賞式現場を行く(ヘラルド新鮮ニュース)

「M」の評価については、非常に賛否両論分かれていて、「興行的には失敗」、ひいては主演の演技力までもが疑問視されるという内容の記事も出たりしていたが、この記事を読むと、ドンくんの演技について純粋に興味をそそられる。

早く~来い、来い、「M」~♪



M_poster01s.jpg



スポンサーサイト

めっちゃカワイイ!

2007年12月27日 00:26

GyaO動画の韓国ドラマ「復活」第4話を観に行ったら、韓GyaOスペシャル!vol.2の続き、vol.5映画「M」舞台挨拶がアップされているのを見つけて、「キャ~ッ!」と「復活」そっちのけで飛びついてしまった

「M」宣伝シーンは、韓国サイトでこれまで結構観てきたけど、初めて観るシーン、初めて観るドンくんの表情があり、「ヒャ~ッ!」とテンション急上昇↑観たいよ観たいよ「M」~ッ!たとえストーリー展開についていけなくても?ドンくんの演技はぜひ観たい~ッ!

「監督から演技で求められたことは?」の質問に、一生懸命答えながらも、途中「俺、何言ってんだろう?」「俺、一体、何言ってんだろう?」と混乱するドンくん^^* 見かねたイ・ミョンセ監督が、マイクを取って代わりに解説したり^^

「インスピレーションをどう受けましたか?」の質問に至っては、監督の話を聞いているうちに、質問内容を忘れてしまい、隣のコン・ヒョジンにこっそり尋ねてるし・・・^^;
「彼は今、ミヌになりきっているので、言葉が出てこないんです」と、コン・ヒョジンがナイスフォロー!^^d

うつむいて照れ笑いしてるし・・・

いや~ん、どうしよう!
この人、ホントにホントに、めっちゃカワイイっ!!!(≧▽≦)
これまでも十分好きだったけど、さらに愛が深まっちゃいました

これって、韓国じゃなく、日本の取材班が直接撮った動画なのかな?

もぅカメラマンさん

天才ッ!


「これはもう絶対に、生ドンくんを見るまでは死ねない!」と、さらに決意を固めた私だった。


カン・ドンウォン オフィシャルカレンダー2008

2007年12月23日 20:26

チァル オショッスムニダ カン・ドンウォンシ~!\(*^▽^*)/第二弾。
注文していた壁掛タイプのカレンダーが、午後7時頃わが家に届いた。

ちょうどクリスマス前夜祭(正確にはイブ前夜祭)でシャンパンを飲み、ほろ酔い加減だったので、箱を開けてまず、特典のカレンダー・カードにチュウ(^3^)、続いてカレンダー表紙のドンくんの唇にチュウ(^3^)(※注 酔っ払うと周りの人にキスしまくる酒癖があるわけではない)

公式販売サイトのサンプル画像を見る限りでは、「ちょっとアバンギャルドな感じ?」って気がして、やや抵抗がなくもなかったけど、「ドンくんが写ってりゃいいや」と思い注文した。だから、思ってたよりもナイス!な中身に満足^^*

特に、自分の誕生月の写真がビューティホーだとうれしくなりません?
私がうらやましいのは、4月のどアップ微笑みドンくんと、6月のチュウ顔ドンくん。
7月以降もナイスだなぁ。10月の血まみれスマイル?のトレーナーを着た、「逆さドンくん」の目の妖しさときたら・・・この目の威力は、やはり只者ではない!

大勢の人が彼の魅力のとりこになり、彼に会いたくてたまらないのに、本人は人前(マスコミ?)に出るのが苦手という・・・神様も罪なことをなさる、と思います。


ゆず湯

2007年12月22日 23:22

きょうは冬至。
わが家では、食卓にカボチャの煮物が並び、湯船にはゆずがぽっかり浮いていた。

ゆず風呂は、湯につかった当初は匂わないが、そのうちふんわりと、優しい香りが漂ってくる。果汁の強い酸味のイメージとは違う、癒し系の香り。何ともいい感じ。
これってアロマテラピーじゃん!昔の人は乙なことをしたもんだ、と湯船につかりながらボーッと考えていた。



お役目ご苦労さんでした



Our Happy Time

2007年12月22日 17:15

チァル オショッスムニダ カン・ドンウォンシ~!\(*^▽^*)/

「私たちの幸せな時間」DVDが届いた♡
昨日の夕方まではまだ届いていなかったのだが、今朝、魚市場へ買い出しに行った父が、朝7時頃に戻ってポストをのぞいたら入っていたらしい。おそらく昨夜に届いていたものと思える。

ごめんねドンくん、一晩中、戸外で寒い思いをさせて・・・TT

念のためDVDを再生してみる。映画会社の名前が出るときと、本編冒頭のあたり、画像がフリーズ気味なのは、わがPCの性能がポンコツなせい・・・?^^;
とりあえず物語の映像は問題なさそうだったのでよしとした。


071222_01.jpg
中を開けるとこんな感じ
チラシ&リーフレットが
3枚入っていた



dong0017_s.jpg
ユンスとユジョン、握手♡


dong0018_s.jpg
コミック化決定かぁ
これは立ち読みに行かねば・・・
裏は原作本の宣伝



dong0019_s.jpg
マジックのリーフ表面
これはウレシイ♡



dong0020_s4.jpg
リーフ裏面


うれしいなぁ。わが家のドンくん作品第一号!
ていうか3枚めのDVD・・・ウチには友人にもらった洋画と、どうしても欲しくて初めて買った「ARASHI AROUND ASIA」のDVDしかなかった。
DVD買いは「金持ちの道楽」だと思っていたので・・・^^;

でも、ドンくん作品だけはしょうがないですわ。
ちょっとずつ集めていかなければ・・・。

このDVDは、自分へのクリスマスプレゼントです


ミクロネシアの石像

2007年12月15日 17:11

071215-03.jpg

ミクロネシア、ロンボック島の
石像らしい。こういうの大好き。

以前、ペルーに旅行して、
遺跡の石像のレプリカを
見つけたときは、どうにかして
日本に持って帰れないものかと、
真剣に悩んだ。

それにしても、この穏やかな表情。
仏像をほうふつとさせるなぁ。


Plant Christmas

2007年12月15日 16:51

071215-02.jpg

コケ玉のトナカイと
レモンスノー。

最近はポインセチアも、
赤だけでなくブルーや
黄色などカラフルになった。


空では

2007年12月15日 16:41



大きな雲のかたまりが、
2つに裂けていた。


今日は窓拭き。

2007年12月15日 12:00


手前の扇風機は見なかったことに・・・
(近日片付け予定)


午前中、窓拭きとカーテンの洗濯をした。
快挙!
「片づけられない女」にとっては快挙!

昨年の日記を読み返してみると、奇しくも今日と同じ12月15日に窓拭きをしていた。

>>気の乗らないことはテキトーに。(2006/12/15)

去年の日記を読み返して思ったのは、「去年はまだしんどかったんだな」ということ。うつ病は、ひどいときは心身ともにエネルギーが枯渇し、体調も悪くてただ寝ていることしかできない。食べ物を食べても、味覚はあるのだが、味わったときの「おいしい」という感動がない。少しよくなってくると、体は動けるようになるが、ただ、本人が自覚している以上に、脳の機能は低下している。

だから窓拭き一つをとっても、手順の段取りができない。どこが一番ホコリがたまっていて汚いから、そこを一番後回しにして、きれいな場所から拭いていくとか、あらかじめ計画を立ててやらないと、要領が悪いばかりで、やたらと時間がかかる。ただでさえエネルギーが低下しているのに、余計に疲れる。

今日は、とりあえず道具をそろえて、拭く順番を決めて、無心で掃除に取りかかった。サッシの溝の砂ボコリは相変わらず、歯ブラシ・ぞうきんを使っても完全には取りきれない。さて、そこでどうするか? 完璧にキレイにする情報とテクを身につけている人は、完璧にキレイにするに違いない。

でも、私は「もうこれでいいや」と思って、そこで終わった。自分にできるだけのことは精一杯やったので、完璧にキレイにならなくてもOK。やった分だけのホコリは取れている。それで十分。

今日は集中してやれたので、短時間で終わってしまった。まだ余力があるから、ついでに周囲の掃除もやっとくか?NO!やるべきことはたくさんあるけど、明日に回す。やることやったら、あとはのんびりすることを自分に許す。

エネルギーに満ちあふれていないタイプの人間が、一度にたくさんのことをやろうとすると、その日一日は何とかなっても、後でドッと疲れが襲ってくる。何事につけても、自分のペース、自分のリズムを守ること。それを自分に許すことが、生きていく上でとても大事なことだと思う。

今日はスッキリした!( ̄∇ ̄)


今日のアオサギ。

2007年12月14日 20:16

071214_12.jpg

いた。




071214_13.jpg

向こうにも、
哲学するアオサギが。




071214_14.jpg

どこまで近づけるか?




071214_15.jpg

もう限界か。




071214_16.jpg

もうちょっと遊んでよ~TT


ユリカモメ

2007年12月14日 20:00

071214_08.jpg

新顔さん登場。




071214_09.jpg

白とグレーのきれいな鳥。
最初はカモのヒナ?と思ったが




071214_10.jpg

ユリカモメだと知ってビックリ!
川で見れるとは思わなかった。


降臨

2007年12月14日 19:41

071214_06.jpg

生きとし生けるものに幸いあれ。


十月桜?

2007年12月14日 19:38

071214_03.jpg

裸の木々に混じって、
花を咲かせている木が。




071214_04.jpg

花びらがたくさんあるから
十月桜?




071214_05.jpg

春に咲くソメイヨシノよりも
小ぶりの花。


どんぐりごろごろ

2007年12月14日 19:16

071214_02.jpg

どんぐりが、足の踏み場もないぐらい
たくさん落ちていた。
甥っ子たちを連れてきたら喜びそう。


何かの実。

2007年12月14日 19:07



今日は気温が低い
冬らしい日。


医龍2 KARTE:10

2007年12月14日 07:32

チーム鬼頭vsチームドラゴンの心臓移植対決。

明真大学付属病院は心臓移植実施施設として認可され、第1号の心臓移植患者はVIP、手術を担当するのは鬼頭(夏木マリ)と決定されていた。

一方、朝田(坂口憲二)の元にも、2年前に彼自身がバチスタ手術をした9歳の患者、雄太(田中碧海)が心機能悪化のため運ばれてくる。彼にも心臓移植手術が必要だった。

朝田は伊集院(小池徹平)に「お前はチーム鬼頭に入れ」と言う。「チーム鬼頭で心臓移植を学べ。心臓移植を経験して雄太くんの手術に備えろ」と。

ひたすらドナーを待つ日々の中、突然、雄太が苦しみだした。原因は肝硬変。幸い母親の肝臓が適合するため、まずは生体肝移植を行った後、ドナーを待つ方針を取ることになる。「ドナー心が来るまで、肝臓は俺が持たせる」と、消化器外科医の松平(佐藤二朗)は断言する。

VIP患者のドナーが見つかり、心臓を受け取りに行く伊集院。チーム鬼頭はその間、手術を開始するが、途中、患者の容態が悪化し、もはや心臓移植は不可能になる。

一方、松平執刀の生体肝移植のオペを見守る朝田ら心臓外科医たち。そこへ、VIP患者用のドナー心が雄太に移植可能になったという連絡が入る。ドナー心が病院に到着次第、一刻も早く心臓移植手術を行わなければならないが、まだ生体肝移植が終わっていない。「不可能だ」とみんながあきらめムードの中、朝田は「生体肝移植と心臓移植を同時に行う」と決断する。

「肝機能の疾患を抱えていたら心臓移植はできない規定がある。医師免許を剥奪されるぞ」という外山(高橋一生)に、「かまわない。それで患者が救えるのなら」と朝田。やがて外山も「よし、準備にかかるぞ」と言い、日本初の心肝同時移植に向けてチームは団結するのだった。

これまで朝田は、神の手を持つ天才外科医、超人的な存在として描かれていたが、今回、心肝同時移植を決断する前に、彼の脳裏には様々な情景が浮かんでいた。「肝臓は俺が持たせる」と断言した松平。「病気を絶対治す」と雄太に約束したこと。

朝田も、自分の技術の限界や現状の厳しさをつきつけられて、どうすればいいか迷うこともあるのだ。でもそんなときは、信じられる仲間や、命を救いたい患者のことを頭に浮かべ、自分のモチベーションを最大限に高めてから、困難に立ち向かう決断をする。そんな朝田の人間らしさが、今回は垣間見れた気がした(でもやっぱり、超人的に精神がタフだけど)。

一方、ドナー心を抱えて救急車で急ぐ伊集院の前に、自動車事故が立ちふさがる・・・。

よくぞ毎回、これだけの見せ場を持ってくるよなぁと感心する。

一流の腕を持つ医療のプロたちが、尊い志を持って団結し、一人の人間の命を救うために全力を尽くす。その姿がとても素晴らしくて、医龍を観るたび、いつも胸がいっぱいになって泣けてくるTT

自分も、こんな尊厳に満ちた素晴らしい生き方がしたかったと、心の底で昔の憧れの気持ちがちょっぴりうずいたりもしている。


なぜ?

2007年12月13日 15:33

071213_03.jpg

ゴミ回収袋掛けにマグカップが。


宙吊りサンタ

2007年12月13日 15:28



活魚料理の店の入り口に、
サンタがぶら下がっていて、
「メリークリスマス」とか何とかいいながら、
上へ登っていった。
突然しゃべり出すのでちょっとビビった^^;


紅葉。

2007年12月13日 09:58



わが家のベランダにて。


カラスよけ?

2007年12月12日 17:09

071212_01.jpg

住宅地のゴミ置き場の
ネットの横にぶら下がっていた。




071212_02.jpg

裏がもっとキラキラしてた。
なんか芸術的。


叶うといいね。

2007年12月12日 16:59



名駅地下に飾られているXマスツリーには、
オーナメントと一緒に、なぜか
「願いごとカード」がいっぱい飾られていた。
七夕とXマス行事の合体?
さすがは何でも取り入れてしまう日本!

でも、このたくさんの願いごと、叶うといいね。


あと14日。

2007年12月11日 13:14



衣料品コーナーのレジ横に、
サンタの編みぐるみが。
「お金を落とせよ」と催促してる?^^
でもカワイイ。


今年観た映画は何本?

2007年12月10日 15:55

お昼に「笑っていいとも!」を見てたら、ゲストがチームに分かれて、今年観た映画の本数を当てるクイズをやっていた。タイトルを見た途端、「映画?観てねぇ~!」と思ったが、DVDもカウントに入れていいということだったので、TVやネットも含め、今年自分が観た映画を思い出してみることにした。

※一応、それぞれの映画の評価もしています(5ツ星満点)

僕は妹に恋をする(2007)★★★
鉄コン筋クリート(2006)★★★
ルナシー(2005)★★
PROMISE(2005)
黄色い涙(2007)★★★
かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート(2007)★★
ハンニバル・ライジング(2007)★★
俺は、君のためにこそ死ににいく(2007)★★★
大日本人(2007)★★
彼女を信じないでください(2004)★★★★
オオカミの誘惑(2004)★★★☆
デュエリスト(2005)★★
私たちの幸せな時間(2006)★★★★★
デスパレート 愛されてた記憶(2003)★★★
HERO(2007)★★★
バンジージャンプする(2001)★★☆
ひとまず走れ!(2001)★☆
大変な結婚(2002)★☆
殺人の追憶(2003)★★☆
永遠の片想い(2003)★★★
僕の彼女を知らないとスパイ(2003)★★☆
マルチュク青春通り(2004)★☆
愛さずにはいられない(2005)★☆
カンナさん大成功です!(2007)★★★★


全部で24本。ハハハ・・・^^;
で、そのうちの12本、半数が韓国映画というのが、私の2007年をよく物語っていると思う。ベスト1に輝いた「私たちの幸せな時間」も韓国映画だし。しかも久々の5ツ星!(昨年は4ツ星止まりだった。)大好きな俳優(カン・ドンウォン)が、生涯忘れられない素晴らしい作品に出演するという、至福の喜びを味わわせてもらった。どうもありがとう!TT

今年の反省点としては・・・来年は日本映画の名作も観たいな。
いくらふだんは韓国ドラマに命かけてるとはいえ^^;もちょっと映画館に通う回数を増やしたい。


ちなみに今年観た映画ベスト5は以下の通り↓
韓国映画に占領されてしまった^^;

1.私たちの幸せな時間
私たちの幸せな時間
Amazon

2.カンナさん大成功です!


3.彼女を信じないでください
彼女を信じないでください (通常版)
Amazon

4.オオカミの誘惑
オオカミの誘惑
Amazon

5.永遠の片想い
Yahoo!動画で観れます
永遠の片想い
Amazon


一年で一番よく動いた日。

2007年12月09日 15:31

家事嫌いの私。掛けぶとんは、「綿ぶとんほどこまめに干さなくても良い」という理由から、迷わず羽毛ふとんを選んだ。で、ふとんカバーさえロクに変えない・・・(-_-;)
最近、カバーの顎に当たる部分が黄変してきたので、これはさすがに洗濯しなきゃなと思っていたら、母から「ふとん干したら?」と声がかかったので、久々にふとん干し&カバー洗濯をした。

といっても、ふとん干しとカバー洗濯をしてくれたのは母・・・(-_-;) 私は何をしたかというと、自室と取り入れたふとんの両面に掃除機をかけただけ。しかし掃除機がけって、まさに全身運動だね。全身から汗が吹き出してきたよ。終わった後、久々の充実感があり、「まぁ、今日が大そうじということにしておこう」と思った(ヲイ・・・)。

まぁ、怠け者のたわごとはさておき(-_-;)、これから真冬に向けて、日ごとに強まる寒さに、「この冬を越す自信がない・・・」と弱気になっている人には、ぜひ、掃除機がけ^^と散歩をお勧めしたい。

散歩はできれば1時間以上歩いた方がいい。30分以内だと汗をかかないからだ。
30分を過ぎると汗が吹き出してきて、途端に全身が爽快になり、脳までスッキリ冴えてくる。その後一日、体がシャキッとするし、体の芯も冷えない感じで快適だ。

私の場合、心身ともに不調だと、動けなくなる日もある。だから、ちょっとでも元気な日は、できるだけ体を動かして、心身ともにサビつかないようにしたいなと思っている。


071209_01.jpg
ところで、この散らかりはどうする・・・?



スプレー菊?

2007年12月08日 22:33

071208_12.jpg

花びらの付け根が筒状に
なっているのがユニーク。

土手の彩。

2007年12月08日 22:28

071208_09.jpg

川沿いの草の紅葉がキレイ。




071208_10.jpg

ススキとキリンソウのツートン。




071208_11.jpg

風になびくススキ。


いたいた。

2007年12月08日 22:16

071208_08.jpg

ミドリガメも。
顔がアップで見たいなぁ…。


初3羽!

2007年12月08日 21:02

071208_05.jpg

ゴイサギはいつも昼間は
木陰で休んでいるのに、
今日は2羽、草むらで
ひなたぼっこ?していた。




071208_06.jpg

さらにもう1羽が、
木にとまっている。
3羽一緒に見るのは初めて^^




071208_07.jpg

枝にとまっている1羽。


今日のコサギ

2007年12月08日 20:12



紅葉の合間から。




071208_02.jpg

カルガモの群れと一緒に。




071208_03.jpg

ぽつんと。




071208_04.jpg

ペアで。


親知らずを抜く。

2007年12月07日 19:49

親知らずが急に痛み出したので、さっき抜いてもらってきた。

そこの歯医者さんが不思議なキャラの人で、「今から麻酔の注射打ちますね」「急に打つと痛いのでゆっくり打ちますね」と、患者に話しかけるというよりは、自分でブツブツとつぶやくように言う。その口調が、まるで催眠術の呪文のようで、妙に心が落ち着いた。

以前、別の歯科で親知らずを抜いたときは、医師が力任せにかなり苦労して抜いていたので、今回も覚悟していたら、しばらく口の中でガコガコやった後、「レーザーで焼きますね」と違う処置に移り、拍子抜けするくらい短時間で終わってしまった。

え、この先生、なにげに腕がいい?

初めて会ったときは、「無表情な人」「力量がわからないのに、いきなり親知らずを抜かれるなんて不安」などと思っていたのだが。

肝心なのはやはり歯科医としての腕だ。抜歯が終った後、先生に対する信頼感のようなものがわいてきて、相変わらずの無表情さも「こういうタイプの人なんだ」と思えるようになった。

人間、生きてると本当に、いろんな人との出会いがあるものだ。


NEW ENTRIES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。