FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日への扉

2007年03月31日 23:11

ただいま感想まとめ中。

一つ言えることは、今日、ブルーで散歩にも行けなかったんだけど、
この番組を観終わった後、心がスッキリして前向きになれた。
これっきりじゃなくて、毎週ゴールデンでやってほしいと思う。
スポンサーサイト

川にて。

2007年03月30日 20:39

07033007.jpg

川べり一面、菜の花。




07033008.jpg

カメが甲羅干し。
近づくと、土手を転げ落ちるように下りて、
川にダイブした。




07033009.jpg

ツバメ飛来。




07033010.jpg

細い川で間近にカルガモを見れた。


街なかの春。

2007年03月30日 18:29


背の高い桜の木。




07033002.jpg

花は白。




07033003.jpg

公園のしだれ桜。




07033004.jpg

枝が風に流される。




07033005.jpg

隣の白い桜もかわいい。




07033006.jpg

アスファルトのすき間にひとかたまりのスミレ。


お取り込み中。

2007年03月29日 23:59

07032918.jpg

黒のボディにオレンジ色の幾何学デザインが
印象的なカメムシ。畑でよく見かける。
お取り込み中のトコ悪いけど・・・と思いつつ
レンズを近づけると、このままの格好で
逃げていくのには笑ってしまった。

小さい花たち。

2007年03月29日 23:47

07032915.jpg

オオイヌノフグリ。




07032916.jpg

ホトケノザ。




07032917.jpg

ハコベ。
とっても小さい花。


畑の花。

2007年03月29日 23:29

07032911.jpg

庭先でよく見かける花なんだけど
何かな?




07032912.jpg

一番華やかな色のをアップで。




07032913.jpg

ヤグルマギクがぽつんと一輪。




07032914.jpg

ニホンスイセンの真ん中が白いタイプ。

食べ物の花。

2007年03月29日 23:11

07032909.jpg

エンドウ。





07032910.jpg

向かいの畑のイチゴ。

菜の花いろいろ。

2007年03月29日 23:05

07032904.jpg

ブロッコリーの菜の花。
一般的なアブラナの菜の花より花が大きくて、
レモンイエローを薄くしたような黄色をしている。
この色が好き。




07032905.jpg

キャベツの菜の花。
花はブロッコリーよりさらに大きい。




07032906.jpg

ハクサイの菜の花。
これが一番「菜の花」のイメージに近い。




07032907.jpg

コマツナの菜の花。
花は大きめで、キャベツやハクサイより優しい黄色。




07032908.jpg

ミズナの菜の花。
花びらが細長い。

三人娘。

2007年03月28日 21:25

07032806.jpg

グループ名「ムラサキカタバミズ」。

桜づくし。

2007年03月28日 21:21

07032818.jpg

おやつに桜餅と桜紅茶。
湯飲みとコースターも桜で揃えてみた。

シャイ?

2007年03月28日 21:14

07032814.jpg

シャッターを押した瞬間、羽づくろい。




07032815.jpg

また羽づくろい。




07032816.jpg

やっと顔をとらえた。




07032817.jpg

しつこく粘っても、
逃げないでいてくれてありがとう。

カメ日和。

2007年03月28日 21:08

07032810.jpg

格好の甲羅干し日和。




07032811.jpg

ヒトの上に乗っかって甲羅乾かすな!
って、下のカメは重くないのだろうか?




07032812.jpg


「上がるべきか、上がらざるべきか、
それが問題だ・・・」のまま静止しているカメ。
悩ませてるのは私?

久々に。

2007年03月28日 21:00

07032808.jpg

コサギ。




07032809.jpg

草を食むヌーのおしり。




07032813.jpg

土手の桜並木にはいつの間にか
ちょうちんが吊られている。

春が加速度を増して近づいてきた。

よく見ると

2007年03月28日 20:53

07032807.jpg

キレイ?
or キモチワルイ?

何の幼虫なんだろう?

あちこちに。

2007年03月28日 20:09

07032801.jpg

畑にニオイスミレ。




07032804.jpg

アスファルトのすき間にスミレ。




07032805.jpg

またスミレ。


大輪の桜?

2007年03月28日 19:40


やけに大きな桜の花だな・・・
と思って近づいてみると




07032803.jpg

幹にかかっていたカードに
「アーモンド」の名が。
こんな花だったなんて・・・というか、
こんな木になるなんて初めて知ったよ(◎.◎;)

街中の桜。

2007年03月27日 22:55

07032703.jpg

桜通大津交差点のしだれ桜。
道路をはさんで向かい側の木の方が満開?

WELCOMEな花壇。

2007年03月27日 22:48


春らしい優しい色揃い。

土手の春。

2007年03月26日 12:28



妹と甥っ子が川べりを散歩してきたおみやげ。

初セントレア。

2007年03月25日 20:02



開港より2年を過ぎて、初めて
セントレア(中部国際空港)を訪れた。
レストランをはじめいろんな店舗があり、
食事やショッピングが楽しめる。




07032502.jpg


スカイデッキから飛行機を眺める。




07032503.jpg


助走中。




07032504.jpg


離陸。

天気のいい日は、テイクアウトのコーヒーを手に、
スカイデッキのベンチに座って飛行機を眺めていると楽しそう。
4階フロアには展望風呂もあるし、飛行機に乗る用事がなくても、
結構楽しめる場所だと思った。

拝啓、父上様 最終話

2007年03月24日 18:56

この最終話の一番の見どころは、何といっても雪乃が、一平の
出生の秘密を津山に語るシーンであったろう。

思えば、店じまいをする雪乃のところへ津山が姿を見せたとき、
雪乃は一瞬、愛しいような哀しいような複雑な表情を見せた。
あの表情が真相の全てを物語っていたのだと思う。

雪乃は、一平やナオミに対しては「父親は津山じゃない」と
断言していたのに、津山に聞かれたときには「あなたです」と。

この発言にはビックリだった。

津山「妙なこと、急にいわんでください。僕たちにはそういう
ことは、なかったじゃないですか」

雪乃「でもあなたなんです。あなたの子のつもりで生んだんです」


ん・・・?

この後雪乃は、一平を出産するときは難産で、産科医に「ご主人
の名前を大声で叫べ」といわれて、津山の名を叫びながら生んだ
ことなどを語る。

これまでのいきさつで、雪乃は津山のことが本気で好きだった
んだけど、津山の方は雪乃のひたむきさが怖くなって逃げ出した
ということはわかっていた。

なるほどねぇ・・・。
これで、雪乃が頑として一平に父親の名を告げなかった理由が
わかったよ。

深く詮索するのは野暮というものだけど、おそらく雪乃ちゃんは、
津山に去られてショックで心が不安定だった時期に、たまたま、
関係を持った男性の子を宿してしまった、と、そんなような事情
なのだろう。

で、津山の子がほしかったという願望も入り混じり、「これは
津山の子だ」と自分で思い込むことで、その大変な状況を乗り
切るしかなかったのだろう。

これは、一平に本当のことはいえないよなぁ・・・と雪乃に共感する。

「あなたのお父さんは長いきれいな指をしてた」と雪乃が一平に
いった言葉、あれはやっぱり津山のことだったんだね・・・。

神楽坂はマンション建設が着々と進み、古い家屋が取り壊され
ていく。壊れていく町並み、壊れていく人・・・でも、夢子の鼓は
おそらく孫娘のエリによって受け継がれ、マンションに入る
「新・坂下」も、また新たな歴史を刻んでいくのだろう。
未来にも少し希望を残しつつ、ドラマはそこで幕を閉じる。

人生の機微のようなものがしっかりと描かれていて、本当に、
老舗の料亭の料理のような、味わい深いドラマだった。
主演の二宮さんも、一平の表情の一つ一つが、そのシーンの情感を
盛り上げていて、今さらだけどタダ者ではない演技力を見せてくれたと思う。

ドラマの評価 ★★★★(5ツ星満点)


07032401.jpg


いちご大福。

2007年03月24日 13:38

ほっしゃん。のブログに、「バンビ~ノ!」がクランクインして、
潤くんが差し入れしたいちご大福の写真が掲載されていた。

いちご大福を差し入れ! カ・ワ・イ~(≧▽≦)

しかし私は、まだ美味しいいちご大福というものを食べたことがない。
これまでにいくつか食べたけど、いちごの酸味とあんこの甘さが
分離していて、しっくり来なかった。いちごとあんこの味が調和した、
美味しいいちご大福があるなら食べてみた~い!

てゆうか、潤くんの差し入れしたのが食いた~い!
彼の味覚なら信用できそう。

ダイサギ再び。

2007年03月23日 16:54

07032312.jpg

菜の花畑の影からゆっくり近寄る。




07032313.jpg






07032314.jpg

飛ぶ!




07032315.jpg

漁に夢中。

久々。

2007年03月23日 16:47

07032309.jpg

飛び立つホシハジロ その1





07032310.jpg

その2




07032311.jpg

ホシハジロとカルガモ。
ホシハジロはもうどこかに行っちゃったかな?
と思っていたので、久々に見れてうれしかった。

ようこそ!

2007年03月23日 16:39

07032303.jpg

大きい方の川にダイサギが来ていた。




07032305.jpg

堂々としていて、王者の風格だ。




07032306.jpg

長い首が「?」マークのように
グギッと曲がるのがおもしろい。
骨はどうなっているのだろう?




07032307.jpg

ある程度の距離まで近づくと
飛んで行ってしまう。




07032308.jpg

ホシハジロの群れの方まで飛んで行った。

地上の星。

2007年03月23日 16:29



小さな青い星々




07032302.jpg


地上にきらめく。

上流をたどる。

2007年03月22日 17:51

20070322175121
古墳?

隔日で散歩する近所の川の、
散歩ルートよりも上流を
たどってみた。

川というよりは水路?という
細々とした流れで、
鳥はハクセキレイと、
途中でツグミの姿を見たくらい。

途中、古墳だという
木が生い茂った場所を通り過ぎた。

晴れた日といえば・・・

2007年03月21日 20:25

07032111.jpg


へばりつきギャラリーその1。




07032112.jpg


その2。




07032113.jpg


その3。




07032114.jpg


カメ捨て山?




07032115.jpg


整列もにぎやか。

今日の水鳥たち。

2007年03月21日 20:16

07032108.jpg


コサギの飛ぶ姿を真正面から見たところ。
飛行機の模型みたい。




07032109.jpg


今日はあったかいねぇ。




07032110.jpg


ボクは一人・・・。

あちこちに花。

2007年03月21日 20:06

07032104.jpg


ユリオプス・デージーに蝶がとまる。
(蝶の名前がわからない・・・)




07032105.jpg


コンクリートのすき間にスミレ咲く。




07032106.jpg


生垣の下にひっそりムラサキカタバミ。




07032107.jpg


これはハナニラ? お寺の境内で
星が散らばるように咲いていた。

NEW ENTRIES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。