スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年好きな曲best10

2006年12月31日 16:29

ドラマの主題歌を中心に、今年もいろんな曲との出会いがあった。
その中でマイベスト10は・・・

1位 KT Tunstall♪Suddenly I See
最近PCで音楽を聴くことが多いが、今年の4月に引っ越しした際、
しばらくPCをつなげられなかった時期があった。
そのとき、久しぶりにラジオを聴いていて「いいな」と思った曲。
「Suddenly I See~♪」のサビの弾んだ楽しさが何ともいえない。
映画「プラダを来た悪魔」のCMのバックにも流れていた。
久々にハマった洋楽が、今年のベスト1。

2位 嵐♪アオゾラペダル
メロディがきれいで、イントロ部分からひきつけられる。
嵐は「ファイトソング」も捨てがたいし、「きっと大丈夫」も楽しいけど、
代表してこの曲を。

3位 Kaoru Amane♪Stay with me
ドラマ「タイヨウのうた」の挿入歌で、
初めて耳にしたときからいいなと思ってた曲。
さりげない明るさが好き。

4位 絢香♪Real voice
ドラマ「サプリ」を毎週観ているうちに、この主題歌にハマってしまった。
アップテンポなリズムも共感できる詞も、
絢香のパンチのあるヴォーカルもいい。

5位 ORANGE RANGE♪チャンピオーネ
サッカーワールドカップをきっかけに、耳について離れなくなった。
まさに「弾けて」「盛り上がる」曲。

6位 倖田來未♪恋のつぼみ
サビの「めちゃくちゃ 好きやっちゅーねん!!!」の詞がむちゃカワイイ!
恋にときめく感じがよく出ていて楽しい曲。

7位 森山直太朗♪風花
NHK連続テレビ小説「風のハルカ」の主題歌として強く印象に残った。
直太朗くんお得意のサビの高音部分が、聴いてて気持ちいい。

8位 kokua♪Progress
NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」のテーマ曲。
サビの部分
ずっと探していた 理想の自分って
もうちょっとカッコよかったけれど
ぼくが歩いてきた 日々と道のりを
ほんとは“ジブン”っていうらしい

の歌詞に泣いた・・・(T_T)
「自分が歩いてきた道のりこそが自分そのものなんだ」ということを、
今年一年かけて消化してきたような気がする。

9位 KAT-TUN♪Real Face
オリコンのシングル年間チャート1位を獲得。
サウンドがカッコいい。
KAT-TUNは「SIGNAL」も好きだけど、代表してこの曲を。

10位 木村カエラ♪OH PRETTY WOMAN
ドラマ「アテンションプリーズ」の主題歌。
Roy Orbisonで有名なこの曲の、
ロック調のアレンジが今風でいいなと思った。

*次点 山下智久♪抱いてセニョリータ
TVで見ていても、(たぶん)カラオケで歌っても、
何てったって盛り上がるのがいい!

「チャンピオーネ」と「Progress」は紅白でも聴けるようで、楽しみ♪
スポンサーサイト

【祝】NEWS活動再開!

2006年12月31日 01:57

Johnny's Web「NEWS」サイトで、
NEWS活動再開について、ジャニーズ事務所からの発表があった。

山下、小山、錦戸、加藤、増田、手越の6名は、
大みそかの「ジャニーズカウントダウン2006-2007」から活動を再開する。

なお、芸能活動を自粛していた内と草野については、
「本人の初心に戻って一から出直したいという意向を尊重し、
研修生として活動を再開する」ことになるらしい
(今後のスケジュールはまだ未定)。

とりあえず二人のファンにとっても、
ひとまず安心な結末を迎えられたってことなのかな。

ヤマピーの日記より。
「みんなNEWS復活するよ。待っててくれてありがとう。」

復活おめでとう!(≧▽≦) この間みんな、よく耐えてきたねぇ。
今夜のカウコンでは久々のNEWSが見れるんだね。
楽しみだ~( ̄∇ ̄)♪

サービス精神旺盛日本一

2006年12月27日 23:12

「決定!全国47都道府県超ランキングバトル!
出身県で性格診断?ニッポン県民性発表SP3」

(タイトル長いね^^;)を見る。

いろんな調査データをもとに、全国一万人アンケートを取り、
それぞれの県独自の個性をあぶり出そうとするこの番組、
毎回見ていておもしろい。

各地をリポートする調査員は櫻井翔くん(名駅にも来てたなんて!☆_☆)

トップバッターはサービス精神旺盛な県

「あなたはいくつ当てはまりますか?」の5つの質問のうち、
「沈黙に耐えられない」とか「人に笑ってもらえるとうれしい」とか、
しょっぱなから三連続「YES」回答だったので、
もしやと思ったら・・・

やっぱり大阪府( ̄∇ ̄;(出身)!
ピストルで撃つふりされると、絶対撃たれたリアクションで
返すもんね、自分も・・・。

そんなサービス精神旺盛ぶりはどこから来るか?
それは「ハッピーな気分をみんなで分かち合いたい」と指摘する、
県民性研究の大家・矢野新一先生の一言に尽きると思う。
(゚_゚)(。_。)(゚_゚)(。_。) ウンウン

日本一イチかバチかな県の検証で、
ジャンケンで負けた罰ゲームとして、泥の中に飛び込む宮崎県民。
その飛び込みっぷりの良さにはリスペクト(T_T)

日本一食いしん坊な県が愛知県だとは、住んでいながら気づかなかった。
アンケートの「よく『一口ちょうだい』といってしまう」
ここだけ愛知県民だ(*^.^*)

私としては、バイキングのシフォンケーキの生クリームだけを取って
コーヒーに入れた女性の「バイキングだからいいんじゃないかしら?」
という発言にこそ、愛知県を感じる。ある種の個人主義のようなものを。

デパ地下の納豆コーヒーゼリーサンドはちょっと食べてみたい・・・
櫻井氏のコメントがちょい気になるけど(^_^;)

大雨一過。

2006年12月27日 15:30

大雨明けた今日、
風は強いけど穏やかな晴天となった。




テンプレートの写真風に



12270101.jpg

アロエの花

嵐アジアツアー写真集

2006年12月27日 14:52

ARASHI AROUND ASIA 嵐写真集
出版社:角川書店
価格(税込):1,995円
◇A5版上製・表紙布張り(240ページ)


アジアツアーの全日程に完全密着した写真集で、
メンバーが撮影したデジカメ日記やツアーの裏側まで、
ありのままの素顔が満載!
らしい。
(TSUTAYA onlineより)

やっぱ「買い」だよな・・・( ̄∇ ̄)

Merry Christmas!

2006年12月25日 17:06



実のところ、そんなmerryな
気分でもないんだけど・・・
ケーキぐらいは食べよ、ってことで。

左の生クリームも右のヨーグルトも
おいしかった。

今夜はフレンドパークの潤くんサンタ待ち。

完敗ですか!

2006年12月20日 23:28

気になる映画レポートを見つけてしまった。

必見のお正月映画はこれ! vol.3 『僕は妹に恋をする』に完敗!

TVドラマ「君はペット」で、はたまた「花より男子」で、
もしくは映画『東京タワー』で、
“彼”に心を鷲掴みにされたお姉さま方、お待たせしました!
再び、胸をきゅうううん…とさせてくれる、
松潤が戻ってまいりました。


この出だしの文章で、すでに心を鷲掴みにされている私(〃▽〃)
すっごい期待高まるんですけど↑↑↑

そういえば、もう試写会を観た人がいるんだねぇ、いいなぁ・・・☆

この映画、たぶん、ピンと来るか来ないか、
評価が二分するタイプの作品じゃないかな?
と自分では勝手にそう予想してるんだけども。

でも、たとえピンと来なくても、潤くんが出演してるなら、
私は最後までついていくだけ(^_^)(ちなみに花男も)

たぁ↑

2006年12月20日 22:28

Johnny's Webより「テゴマスからのお手紙」が届いた。
「ミソスープ」シングル本日発売なり♪

今年の夏にドラマ「ダンドリ。」を観てから、
なんとなく増田貴久くんが気になっていた。
ヒロインに恋する、底抜けに明るい高校生役が強く印象に残った。

同時期にWebで連載されていた日記も好きだった。
飾らない素直な言葉で書かれていて、
中には感性の鋭さを感じる文章もあった。(屋久杉についてのコメント

その後、テゴマスを結成して「ミソスープ」でCDデビューしたとき、
少年のような屈託のない笑顔に反して、
声の響きが男っぽかったのにドキッ!
(そのギャップにやられたかも・・・^^)

テゴマスの二人は、伸びやかないい声をしてるなぁ~。
聞かせるデュオとして今後も成長していってほしい・・・
って、NEWSとしての活動があるじゃん^^;)

まっすーには、今後もどんどんドラマに出演してほしい。
それとWebの連載再開もぜひぜひ希望!

「お手紙」の締めの言葉、

たぁ

なんかわけわからんけど、ツボにはまった

ドッグイア

2006年12月20日 19:32

よく、せんべいなどの個包装の袋に、
ちょっとした読み物が印刷されていたりするものがある。
亀田製菓のまがりせんべい「まがりの手帖8頁」より。

【ドッグイア】
本を読んだとき、しおりがわりにページの隅を折り曲げた状態を
[dog-ear](犬の耳)といいます。
垂れている犬の耳のようにみえることからそういわれています。


まさか、英語でちゃんと呼び名があるとは思わなかった。
これ、私もやるんだよね~^^ ページの隅はドッグイアだらけ。

感銘を受けた文章のあるページは隅を折っておいて、
後で読み返せるようにしておくのがクセになっているのだ。

人に借りた本や図書館の本、後でスクラップしたい雑誌のページなど、
隅を折れないものについては付箋を貼る。
以前、私が付箋を貼った雑誌を妹が見て「気持ち悪い・・・」といっていた。
あまりにもウジャウジャ貼り付けていたせいらしい・・・^^;

ここ最近読んだ本の中で「ドッグイア大賞」は、
河合隼雄先生の『縦糸横糸』かな。
心に響く言葉が随所にあって、ドッグイアだらけになっている。





三隅がドッグイア状態

Internet Explorerで表示されない自分のブログ

2006年12月18日 23:29

私は日頃ブラウザにFirefoxを使っている。
おととい、ふとInternet Explorerでこのブログを見て驚いた。

サイドバーのCINEMA欄以降が表示されず、
メインの記事&フッターに至っては真っ白で、何も表示されていない。
あせった!全くの盲点だった。

Firefoxでは正常に表示されるのに、なんでIEじゃダメなんだ?
同じトラブルが発生してないかネットで検索しまくり、
似たようなトラブルの対処法を実行してみたが、全然効果がない。
昨日、丸一日がんばってみて、とうとうサジを投げ、
FC2に問い合わせメールを送って回答を待つことにした。

今日の正午過ぎにもらった回答をもとに、その後も試行錯誤した末、
ようやくトラブルの原因を突き止めた。
FC2ブログのプラグインの「フリーエリア」という、
ブログパーツを貼り付けられるスペースに、
映画のバナーを2つ貼り付けたせいであった。

一つのフリーエリアに一つのバナーしか貼れないとは
思ってもみなかったのである。シロウトの怖さというか・・・^^;)

これはJUGEMのプログマニュアルの
「フリースペース」の項目を読んで気づいた。
JUGEMの無料プログではフリースペースは5つに限定されていて、
「フリースペースは全部で5つ使うことができます。」と記されていた。
その文章に、「え?ひょっとしてブログパーツは
1スペースに1個しか貼れないの?」と初めて気づいたのだ。

実は、映画のバナーを貼れないんだったら、
ブログを引っ越そうかと思って、JUGEMの方も試してみたのである。
でも、FC2のフリーエリアは利用数が限定されていない(よね?)し、
広告が入っていないシンプルなテンプレートが気に入ってるし、
トラブルも解決できたので、またFC2に戻ってきた。

やっぱFC2サイコー!
でも、JUGEMのように、初心者でもわかりやすいマニュアルを
作ってくれると、もっとウレシイんだけど・・・^^;)

・・・というわけで、またテンプレートがクリスマスバージョンに戻ってます。

硫黄島CM

2006年12月18日 23:24

「硫黄島からの手紙」CM、レッドカーペット編を見た。

なんか、にのちゃん三昧なんだけど・・・

すげぇ。

なんかひさびさ潤くん。

2006年12月16日 22:33

TVJapan「花より男子2(リターンズ)」のページを開いた途端、


ぅわぉぉぉおっっ!!!???Σ( ̄∇ ̄


ラブラブやん!アツアツやん!
真央ちゃんと潤くん・・・
いやさ、つくしと道明寺っ!!☆


いきなりテンション上がったぁ

それに、今日は僕妹フォトブックの発売日。
近所の書店には置いてなかったので、まだ現物を見てなくて・・・。
中身をチェックしてから買いたい、と思ってたんだけど、
本のカバー画像を一目見て、もう、買う気マンマンっす!

あぁ、来週の火曜に行くまで、在庫持ってくれ~、M書店!

テンプレート突然変更しました。

2006年12月16日 21:19

今日、僕妹フォトブックの画像を、ブログのサイドバーに貼り付けたら、
これまで使っていたクリスマス用のテンプレートがうまく表示されなくなった。
それ以前に、鉄コンパーツを貼り付けたときから、
下の方の枠線がずれていたのだが・・・。

気に入ってたテンプレートだったし
「クリスマス目前にどうしよう!?」と思ったけど、
テンプレートより潤くんの方を取りました^^

で、新年用にいいなと思ってたテンプレートに早めに切り替えました。
クリスマスの雰囲気もほしいと思い、
サイドバーにカウントダウンツリーも貼り付けてみました。
(fuulさん、bamboowavesさん、ありがとうございます。)

硫黄島からの手紙

2006年12月16日 21:10



「戦争なんてロクでもないな」ということを、
理屈じゃなく実感としてわからせてくれる作品。
二宮和也の演技が素晴らしい!

映画の評価 ★★★☆
※評価ランク ☆ ★の半分 ★イマイチ ★★まあよかった
★★★フツーに感動 ★★★★強く感動 ★★★★★完璧


以下ネタバレあり↓
[硫黄島からの手紙]の続きを読む

誰かのゴージャス・クリスマス。

2006年12月15日 20:28

夕食時、TVで地元のホテルのクリスマス宿泊プランについての
ニュースが流れた。


某外資系ホテルのディナー付宿泊プラン、6万円なり・・・

母「ウチの1ヵ月の生活費やん。」

チーン・・・!m(_ _)m そうでしたか・・・


某お城の近くのホテルのスイート宿泊プラン、35万円なり・・・

父・私「フフフフフフ・・・」(もう笑うしかない)


「ずっとつましい生活してると、うらやましいとも思えへんねぇ」
と最後に母がシメた。

確かに・・・。
35万と聞くと「海外行けるやん!」と思ってしまうもんなぁ。

しかし、こんなバブル期のような報道が流れるとは、さすが格差社会、ではある。

気の乗らないことはテキトーに。

2006年12月15日 17:36

mado


今日は朝からいい天気だった。
「窓拭きしぃや。今日みたいにあったかい日にしとかな、
寒くなったらようせんから」と母から「窓拭き指令」が出た。

私は掃除が嫌いである。
だから突然そんなこといわれたって、
全然やろうという気になれない。

でも自分がその気になるのを待ってたら、
少なくとも正月は余裕で越えてしまうだろうし、
寒い日にやるのはもっと「あり得ない」し・・・
仕方がないのでイヤイヤ動き出した。

最初はイヤイヤ始めても、体を動かしているうちに熱中してきて、
終わった後はスッキリいい気分、というときもある。
でも今日は、やってる間中ずっとイヤイヤで、
終わった後もスッキリしなかった。

何がイヤって・・・窓ガラスを拭くこと自体はそんなに苦ではない。
問題なのはサッシの溝。
デコボコしていて、たまった砂ボコリが取りにくい。

過去に読んだ雑誌か何かには、
ブラシ型の掃除機で吸い取るとか、使い古しの歯ブラシを使うとか、
いろんなことが書いてあったような気がする。
でも、ブラシ型のヘッドはないし、
そこまでサッシ掃除に情熱を燃やそうという意欲もない。

とにかく気分が乗らないから「もうテキトーでいいや」と思い、
いい加減にぞうきんで拭いて済ませた。

でも、このイヤイヤ窓拭きから学んだことがある。

気の進まないことには「テキトーでいいや」という気構えでのぞむこと。

何事にも一生懸命に取り組めればいうことはないが、
全てのことに100%の力を注ぎ込むなんてどだい無理な話である。
とくに気の進まないことや苦手なことに「完璧な結果」を期待したりすると、
完璧に向かうどころか、その場から一歩も動けなくなる事態に陥る。

だから、できないことはできないなりにやれればそれでいい。
自分にできることを一生懸命にやればいいのだ。

とくに私のような「片づけられない女」にとっては、
「年に1回の手抜き掃除」でさえ十分意味のあることなのだ。
なんせ一番避けたいのは
「ここ10年窓なんて拭いたことがない」という事態なのだから・・・

人間、無理しないことが大切。無理して壊れてどうする?
気の乗らないことはテキトーに済ませよう。
(はなはだしく人に迷惑をかけない程度に)

できることは、あきらめないこと。

2006年12月14日 23:58

プロフェッショナル 仕事の流儀 file:036

今回のプロフェッショナルは、
水族館に勤務する海獣医師・勝俣悦子さん。

生態がほとんどわかっていないカマイルカの子どもが、
栄養失調で危険な状態に陥る。
母イルカの母乳が足りないのでは?と判断した勝俣さんは、
流動食を与えてみるが、状態は改善しない。

瀬戸際に立たされたとき、勝俣さんがいつも思う一つのこと。

できることは、あきらめないこと。

自分が考え抜いて試してみたことがうまくいかないと、
人はもうそこであきらめたくなる。
「もう無理だ」と手放して、厄介な問題から早く開放されたくなる。

でも、そこで「今できることは、あきらめないということだ」
と、気持ちを切り替えて踏ん張れる、その精神力の強さがすごいと思う。

そんな勝俣さんの考えるプロフェッショナルとは。

「海のものに例えて“海草”。
葉は揺らぐし、なびくんだけど、
根っこは揺るぎなくて動かない、ということです。」


もうただ「カッコいい」の一語に尽きる(T_T)

まったりテレビ。

2006年12月14日 15:31

友人から「今まったりテレビしてる」というメールが来た。
まったりテレビ
いいなぁと思った。

テレビを見るという行為は、何だか、
時間の無駄づかいの代名詞のような気がして、
自分の中ではあまり価値が高くない。
でも、楽しんで見てる時間があるのは確かだから、
もっとその価値を積極的に認めてもいいのではないかという気がした。

暖かい部屋で、まったりとテレビを見て過ごす。
これって、冬の幸せの一風景じゃないだろうか。
好きだな、私も。まったりテレビ(^_^)

見過ぎはよくないけどね。
でも、やり過ぎが害になるのは、
テレビだけじゃなく何事においてもそうだから。

のだめカンタービレ Lesson9

2006年12月11日 23:42



今シーズン唯一、毎週楽しみにしてるドラマ。
残すところあと2話か・・・と思うとサビシイ(T_T)
しかし、今回はのっけから、ツボのオンパレード!

千秋、北海道まで飛行機で飛ぶ(with 峰くん)。
麗しの千秋さま。お願いだから、白目むかないで~! Σ( ̄∇ ̄|||
北海道銘菓「白い愛人」って!? ( ̄∇ ̄;;)
のだめの催眠術で(ついでに)インプットされたみやげを
大量に買いまくる千秋さま。
あっけに取られて峰くんつぶやく「清良、ビンボーでごめん・・・」
千秋先輩からの北海道みやげを見て、
「飛行機に乗れた=ヨーロッパへ行っちゃう」と思い
寂しげな表情ののだめちゃん。
気持ちわかるけど、タラバはヤケ食いしないで味わって食べまひょ~(T_T)
江藤先生の町人のヅラ姿、笑える(何て似合わないんだ(^o^)
久々の再会後、クラブで騒ぎまくるシュトレーゼマンに
ひきまくりの千秋さま&黒木くん。「ひき友だち」ができてよかったね☆

千秋&のだめが、ライトアップされた街路樹をバックに
ヨーロッパ行きの話をするシーン。
そのときに流れてた甘く切ない旋律♪は何の曲?
「のだめで使われた曲を全部解説するスレ」まとめサイト
の情報待ちだな・・・
→ドヴォルザーク♪スラブ舞曲第2集より 第2番 Op.72-2 B.147-2
映画とかでもよく耳にするような。


千秋のトラウマは、のだめの愛の催眠術(-_-;)のおかげで、
何とか乗り越えられるめどがついた。
でも「好きに弾きたい」というのだめの心の奥にも、
実はトラウマがあったのね・・・

今回は、二人の絡みが少なくて寂しかったな。

今後、どういう展開になるんだろ?
のだめは、コンクールでの優勝は逃すけど、
外国人の審査員に気に入られて海外留学が決まるとか。
んで、二人仲よくヨーロッパ行っちゃうか?最終的には。

ともあれ、あと2回、見逃せないわ。

僕妹チョコクロ

2006年12月09日 22:40

名駅でニノの「硫黄島からの手紙」を観終わった(T_T)後、
近くのサンマルクカフェに立ち寄った。
目当ては、僕妹パッケージの「おみやげチョコクロ」。

しかしその店では手違いがあり、まだ僕妹パッケージが
届いていないとのことだったので、急ぎ金山店へ。
今日は妹家族も家に来るので、おやつ用にと2箱get!

チョコ入りミニクロワッサンなんて、生まれて初めて食べるかも・・・
(甘い物はそんなに食べない)


だね~!(* ̄▽ ̄*)自己陶酔っ


空いた箱から、キャンペーンに応募しよっと☆





裏側も同じ写真でした

今夜の目玉!

2006年12月06日 23:13

今夜のTV番組の目玉は、当初「2006FNS歌謡祭」だったはず・・・。

オープニングのSMAPに続いて、登場!
大野&相葉の金髪ブラザーズ( ̄ー ̄;)なんかユニーク!!
と思ってるうちに、ラキラキ♪歌ってソッコー終わり。

その後、風呂に入ってから、9時半過ぎに
新説!?みのもんたの日本ミステリー!」を見たら、
これがおもしろくって、最後まで見てしまった。

なんせ、初の海外旅行がペルーだったほど、巨大遺跡好きな私。
ピラミッドかもしれない?秋田県の黒又山とか、
青森沖に沈む謎の石群とか、メチャおもしろい!

あれだね・・・今から1万年以上前、
日本には巨石文明が栄えてたね( ̄ー ̄)b゛ちっちっ
その建造物は、あるものは海に沈み(与那国とか青森とか)、
あるものは木に覆われて今では山にしか見えなかったり
(黒又山とか)するんじゃないだろうか・・・

ウ~ン、ワクワクしてくる!(≧▽≦)
不思議ニッポン!国内でミステリーツアー、いっぱいできるじゃん!
と、うれしくなってきた。

池田湖の「イッシー」も、ずっと気になってたし~。
香川の「寛永通宝」の砂絵にもビックリ!
お隣の愛媛県には父の実家があるんですけど・・・
近くにこんなものがあったなんて、今日初めて知ったよ(^^;;;)

史実にはあまり興味がないんだけど、
「本能寺の変」には実は黒幕がいた!とか、
松尾芭蕉キリシタン説とかも、
いかにもありえそうな話でおもしろかった。

最初のエピソード(ソーラン節?)だけ見逃して残念。
ごっつぁんですm(_ _)m
この番組、今後シリーズ化してほしい。


そういえば歌謡祭。その後、嵐さんたちは、
会場でチラチラ映ったりとかしてたんだろうか?

名駅周辺→栄

2006年12月05日 23:31



映画チラシをもらいに
109シネマズ名古屋へ。
建物前のXmasツリー。




120505.jpg


まんまるでっかい夕陽が沈む。




12050801.jpg


大津通沿いのイルミネーション。





12060301.jpg


今日の収穫。
のだめクリアファイル2種と
映画チラシ3枚。

硫黄島は今週土曜いよいよ公開。
楽しみ・・・というか号泣の予感^^;

Love so sweet

2006年12月05日 13:51

花男2の主題歌は嵐の新曲「Love so sweet」オリスタ情報


どっひゃぁ~~~ o(≧▽≦)o

ウレスィ~~~!!!



テンション上がりまくり!
さぁ、今日も一日がんばろう!(もう昼をまわってますが…)

カーネ-ションs

2006年12月05日 13:17



母がお友達の退院祝いに買った
花束の余り物をもらう。




120502.jpg


折れた大輪が身を寄せ合って。

武士の一分

2006年12月05日 12:44

あるメルマガライターの体験談。
その人が映画のチケットを買うために並んでいると、
前に並んでいた若いカップルが

「ぶしのいっぷんください」

と言ってたとか。


・・・そう来たか!!!
思いがけない奇襲にたまげたわ o(> w <) 〇゛

ちなみに今日配信されたインターネットTVガイドメールマガジンでは、

山田洋次監督×藤沢周平原作の時代劇三部作の最終章
 「武士の一分(いちぶん)」


と、読みがながふってあった。


映画のタイトルは、ちゃんと確認してからチケットを買いに行こう?^^;


*いちぶん【一分】その人の面目。( 三省堂「大辞林 第二版」より)

ゲームニッキ その696

2006年12月04日 19:43

「拝啓、父上様」の撮影、順調に進行中。

八千草薫さんのこと、

かわいいなぁ

っていっちゃうニノに




スタジオ撮影でNG出しまくりっすか…。

ニノも木から落ちる?(^^;)

ウタワラ。

2006年12月03日 21:52

今夜はダンス選手権に押されて、ゲストのクイズコーナーはナシ…(T_T)

仕方なく「友近艶子バックバンド探しの旅」で
四角いマスの中の潤くんを凝視(◎_◎;)

でもこの四角いマス、苦手なんだよね~。小さくて見づらくて。
メインの画面で出てくれ~(T_T)

不思議な外人さんをバックに、
艶子さんが「アメージング・グレース」を歌うシーン
(声も演奏もキレイでよかった☆)で、
四角の中の潤くんがなぜか微妙に笑ってる…。

VTRが終わった後、艶子さんに
「これは今までの中で一番シュールな映像でしたね」と話しかけていた。
それでか…(^-^)

今回はロケ中に遭遇した、バリバリ関西弁の金髪美女が一番笑えたかも。

Very Best Of Arashi

2006年12月02日 23:50

潤くんのラジオ番組「ARASHI JUN STYLE」で、
好きな嵐の曲をリスナーから募集していたことは、
愛知にいても風の噂?(^_^;)で知っていた。
その結果が発表された11月11日放送分を、今日やっと聴くことができた。

【 2006年 Very Best of Arashi 】
1位 きっと大丈夫
2位 A・RA・SHI
3位 Yes?No?
4位 PIKA★★NCHI DOUBLE
5位 サクラ咲ケ
6位 I Want Somebody
7位 素晴らしき世界
8位 COOL & SOUL
9位 WISH
10位 a Day in Our Life


ランキングを見ると、やっぱ、今年発売されたアルバムから
多くエントリーするのだなぁと(4曲ランクイン)。
ま、人それぞれ好みがあるし、ファン歴も違うし、
4位以下はいろんな曲が入ってくるだろうと思っていた。

3位「Yes?No?」には、オォ!(〃▽〃)って感じ。
そうだよね~、この曲いいよね!コンサートでも盛り上がるし。

2位「A・RA・SHI」は、やはり、とっても偉大な
インパクトのあるデビュー曲だから、妥当な線かと。

そして1位は…「きっと大丈夫」か。
「スゴイ好きだけど、1位なんだ!?」って潤くんがいってたけど、
私も同感。ちょっと意外なベスト1だった。

ちなみに、ラジオでこの企画をすると知ったとき、
私も自分のベスト10↓を選んでみた。

1位 言葉より大切なもの
2位 A・RA・SHI
3位 とまどいながら
4位 アオゾラペダル
5位 ファイトソング
6位 Hero
7位 La familia
8位 時代
9位 サクラ咲ケ
10位 WISH

ランキングと重なっている曲が3曲あった。
こういうベスト10をやってもらえると、他の人の好みがわかるのでおもしろい。
それにしても「ラキラキベイブ~♪」が1位とは…(いや、楽しくていいけどね^^;)

プロフェッショナル file:034

2006年12月01日 13:00

毎回「目からウロコ」の素晴らしい言葉に学ぶことの多い
NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」。
今回のプロフェッショナルは、ユニセフ・タジキスタン代表として活躍する
杢尾(もくお)雪絵さん。

スタジオ対談の中で、脳科学者の茂木健一郎さんが、
「人間の脳って、あんまりシャカリキになっちゃうと、
意思決定もちゃんとできなくなっちゃうんですよね」

とコメントしていた。
「杢尾さんと話していると余裕があると感じる」とも。
なるほど。脳の意思決定には余裕が必要なのね。シャカリキ注意!(^_^)

仕事の困難に直面したときの杢尾さんのモットーは「いつも心に青空を」
「世の中にはもっと大きな事があるんだと常に思い出すことですよね。
私の直面してる問題は、全てではないと。
そういう気持ちになれると、次のステップが見えてきたりする。」


杢尾さんはかつて、旧ユーゴスラビアのコソボ自治州に赴任した。
NATOの空爆が始まり、難民が流れ込んだマケドニアの政府に
支援を要請したが、押し寄せる難民に支援が追いつかない。

絶望的な状況の中でふと思い出したのが、
かつて夢中になったスカイダイビング中に、
青い空の上から見た光景だった。

複雑な民族紛争の只中では、無意味にしか思えない自分の仕事。
しかし離れたところから見てみれば、何かに役立っているかもしれない。
出口が見えないからこそ、自分を俯瞰してみる青空を、
心の中に持ち続けよう。
だから「絶望の中でこそ、いつも心に青空を」。

危機に直面したとき、置かれた状況からいっとき離れて、
全体を俯瞰してみると、突破口が見出せることがある―
「俯瞰する」ことの大切さについては、
以前file:013の秋山咲恵さんの回でもふれられていた。

話が一区切りついたところで、住吉美紀アナが45歳の杢尾さんに質問。
「おうかがいしていいかわからないですけど、
お子さんはいらっしゃらないんですか。
欲しいと思われなかったですか。」

それに対し、過去に2回流産した経験を話す杢尾さん。
そして「私のパ-トナーは『子どものための仕事をして、
世界中に何万人という子どもがいるからいいんだよ』と
いってくれてますけど」
と、笑顔でコメント。

ここで思わず、住吉アナ、泣いちゃった~!
観てる自分も、もらい泣き~(ToT)
「並々ならぬ思いで、タジキスタンの子どもたちと向き合ってるんですね…」と
コメントしつつ、住吉アナはボロボロ涙をこぼしていた。
杢尾さんの思い、生き方が、同じ女性として心の琴線にふれたんだろうな。

今回もいいお話が聞けました。ありがとう!

しかし、今回の私のひそかなツボ、それは、
杢尾さんのお仕事ノートの表紙がディカプリオだったことかも。
杢尾さん、お茶目☆

NEW ENTRIES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。