FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓流ぴあ 初春号

2010年01月28日 23:11


ドンウォンくんのスペシャル・インタビュー、思わず「写真買い」してしまいました^^小顔+ダボッとしたニットの組み合わせがとってもキュート

記事1ページめの全面写真が小さく掲載されています↓
≫韓流ぴあ初春号│ぴあBOOKSHOP

テキストも読みごたえアリで、日本人が取材しただけのことはある!という納得の内容です。

インタビュアの、「チョン・ウチのキャラクターは、『GTO』や『ワンピース』のような日本のアニメの主人公を連想させるが・・・・・・」の言葉に対するドンくんの発言。

『ワンピース』の主人公、ルフィのようなイメージを取り入れたかったんです。ちょっと間抜けでおかしくて、悪気はないけどハチャメチャなキャラクター?

愛読書の『ワンピース』、出た~!^^

他にも映画のキャスティングについての裏話(「チョン・ウチ」や、イ・ミョンセ監督の次回作)や、オフの過ごし方(ビン兄とネットカフェでゲーム、など)、公式ファンクラブを作らない理由、オムチナ報道に関連して語った家族の話、デビュー当時の話などなど・・・貴重な情報盛りだくさんです


韓流ぴあ 初春号 2010年 3/5号 [雑誌]
韓流ぴあ 初春号(ぴあ)¥880
Amazon


最近、韓流雑誌売り場が楽しい♪ KEJと、もう一冊なんの雑誌だったか忘れたけど、表紙にドンくんがいるし、その他の雑誌にも記事が掲載されていたりで、ドンくんだらけ・・・

しかし、いま韓流で一番熱いのは、なんといっても東方神起。彼らが表紙のJJ今月号はソッコー売り切れ。重版が決まり、来月頭にウチの本屋にも数冊再入荷するが、全部お客様の注文で埋まってしまい、店頭には並ばない・・・

東方神起の特集記事を掲載した「KBOOM」今月号も即日完売。きょうお客様から問い合わせを受けて出版社に電話したら、品切れで重版分も注文で埋まっているといわれ、もはや注文できない状態・・・恐るべし


スポンサーサイト

강동원 씨, 생일 축하합니다!

2010年01月18日 22:59





ドンウォンくん、満29歳のお誕生日おめでとう!

韓国では数え年で30歳になるから、三十路を迎えた特別な感慨などあったりするのでしょうか?
昨日のセンイルパーティでは、ファンとあたたかいひとときを過ごしたのでしょうね。
今日はYou Tubeでドンくん出演のPVが流れたのでしょうか?
まだ情報チェックしていないのでわかりませんが・・・。
今年はしばしのお別れが訪れる年となりそうですが、いつまでも輝いていてください、私の希望の星よ!

さて、お祝いの花は、実は、今日たまたまフラワーアレンジメント教室で作った、「ヴァーティカル」という形式のアレンジです。この花を腕に抱え、30分の道のりを歩いて帰ったので、支柱となるてっぺんのバラが傾いて、全体のバランスが微妙に崩れてしまいました。今度から大きな作品のときは、ケチらずタクシーで帰ろう・・・


田禹治、幻のポスター公開。

2010年01月16日 23:36


「4週連続で韓国映画興行成績1位」を占め、興行旋風を巻き起こしている田禹治(チョン・ウチ)が、新たなキャラクターポスターを公開した。

個性豊かなキャラクターたちの総登場と、これを演じたスター俳優たちの結合で、早くから話題を呼んだだけに、田禹治のキャラクターポスターは公開当時、「ハリウッドのブロックバスターポスターにも劣らない華麗なビジュアル」という評価を受けた。

今回公開された新しいキャラクターポスターは、最終候補に残ったが、公開直前に残念ながら落伍した、イメージとしての主要登場人物4人のキャラクターポスターである。

チョン・ウチ(カン・ドンウォン)、ファダム(キム・ユンソク)、ソ・インギョン(イム・スジョン)、チョ・レンイ(ユ・ヘジン)の新しいイメージは、キャラクターの特徴を表現しながらも、本来のキャラクターポスターとはまた違った魅力を盛り込んでいる。

「田禹治」の未公開ポスターは、公開された本来のキャラクターポスター同様に、カン・ドンウォンの茶目っ気ある子どもっぽい微笑が目を引く。 しかし、彼のあまりに美しい容姿を理由に公開されていない。細くて美しいネックラインと、腰に手をかけたポーズにモデル力がほとばしり、無茶苦茶ないたずら道士というにはカッコよすぎるという意見が続いた。

一方、田禹治は現在、全国の観客465万人を突破し、500万人突破のための興行行進をずっと続けている。


≫田禹治、あまりにも笑わせて落伍した未公開ポスター公開(ベータニュース)より

ポスターはこちら
≫Gallery(韓国版ヒーロームービー「田禹治」)

ポスターのドンくん、スッとしてて女性的で色っぽいです。
「茶目っ気道士」って感じではないですね^^
それにしても、観客動員数465万人を突破! ウレシイなぁ
この調子だと続編もアリですね♪
てか、早く日本でも上映してくれ~!


表紙買い☆

2010年01月16日 19:28


雑誌の表紙買いは、基本的にしないんですが、今回ばかりは・・・

今朝、本屋さんで雑誌出しをしていたとき。裏返しに梱包されていた「コリア エンタテインメント ジャーナル」をくるりと表に返すと、そこにドンウォンくんの顔が・・・

キャ~ッ!(≧▽≦)

と黄色い(字は赤いが)声を上げ、思わず胸に抱きしめちゃいましたよっ

なんだか昨年末から(ひょっとしたら昨年の6月から?)何かをしようという気力がわかなくて、サエない日々が続いていたのですが・・・この至福の邂逅に、「神はいるな」とふと思わされました。

ここしばらくネットでのニュースチェックをしていないので、ピンクの蝶ネクタイ姿を目にするのは初めて!
昨年のファンミ&「チョン・ウチ」記者会見でのショートパンツ姿といい・・・この人、自分のかわいいルックスをとてもよく自覚していて、それをフルに演出してるのではなかろうか?という気がしてきました
内面は結構、男らしいタイプのようだけど。

「義兄弟」制作発表会の記事中で印象に残った言葉。

カン・ドンウォンは、ソン・ガンホについて「怖かった」と話して視線を集めた。性格ではなく、とても演技が上手いので「恐ろしいお方だ」と感じる時が多かったという。

直訳っぽい日本語がちょっと笑えますが^^それはさておき、ドンくんに畏怖の気持ちを抱かせるガンホssiの演技力、やはりスゴイのだなぁと思わされました。その「怖さ」が、ドンくんの糧となっていそうな気がします。

「チョン・ウチ」にしろ「義兄弟」にしろ、今回ドンくんの口からよく、共演者と飲んだという話が聞かれましたが、ここでもそれにふれた発言が。

「ソン・ガンホ先輩と飲んでいるとキム・ユンソク先輩が来たり、その反対の場合もありました」

ってヲイ!「義兄弟」と「チョン・ウチ」、入り乱れ!? ( ̄∇ ̄;)ノ☆
ともあれ両映画のベテラン共演者から愛されてますねぇ、ドンくん

また役柄でのビジュアルについて、チャン・フン監督、語る。

ドンウォンさんはともすればモデルのように見えてしまうので、もっと平凡にしようと注意しました

やっぱり~?^^
映画のスチールやポスターを見る限り、ドンくん、華を抑えてとっても男臭い(言葉がよくない?)感じに撮られてる気がします。

KEJ、ポストカードもついてるし、絶対「買い」ですよ




KEJ VOL073 ¥780
(コリアエンタテインメントジャーナル)


「チョン・ウチ」雑誌情報

2009年12月05日 23:48

本日、本屋さんに入荷した韓流雑誌2冊、どちらも「チョン・ウチ」記者会見の特集が載っていました

まずは「もっと知りたい!韓国TVドラマ vol.34」の特集4ページ。記事の内容は、基本的には「制作報告会」の動画と同じですが、雑誌のレポートの方がよりくわしく書かれています。なんといってもツボだったのは、最後のページの、首をかしげ口元に手を当てて笑うドンくん写真・・・ サイズは小さいですが、この笑顔が私にこの雑誌を買わせました^^ホントにこの人の無邪気な笑顔といったら・・・これもまさしく「キラースマイル」ですな。

もう一冊は「韓流旋風 28」。3ページめから、いきなりドンくんの笑顔がドーンとアップで登場 こっちも買おうかどうしようか相当迷ったのですが、ネットで見覚えのあるような画像もあり、なんといっても韓流雑誌2冊買いはおサイフ的にキツイ・・・ということでこちらは断念しました


もっと知りたい!韓国TVドラマvol.34 (MOOK21)
もっと知りたい! 韓国TVドラマ vol.34
(共同通信社)¥1,260
Amazon



韓流旋風 28
韓流旋風 28(コスミック出版)¥1,380
Amazon


あとは、25日発売予定の「HOT CHILI PAPER」にもドンくんの名前があり、こちらの中身も気になるのですが、この雑誌は返品不可商品なので、ヘタに仕入れができない・・・(一度、知らないで注文してアセった結局、仕入れた分は完売したのでよかったのですが) こちらは、大手書店へ見に行って^^; 中身を見てから決めたいと思います。

「チョン・ウチ」制作報告会

2009年11月20日 22:23


『チョン・ウチ』制作報告会①より

(カン・ドンウォン)シナリオを初めて見た時はこんなに大変な映画になるとは思いませんでした。とにかく本当に楽しく撮影して一生懸命撮ったので、期待して・・・いや、期待はあまりしないで楽しく見て下さい。

期待しないほうがいいんですか?^^; まぁ、先入観なしで物語世界を楽しんでほしい、ということでしょうか。

―ワイヤーアクションを上手にする秘訣は?

特別なことはよく分かりません。秘訣とまで言うものはありません。私はカッコよくポーズだけ決めれば、一生懸命ワイヤーを引いてくれるので、そうやって息を合わせるのが一番重要だったと思います。

―ワイヤー演技は怖くなかったか?

落ちても怪我しても腕が一つ二つ折れるだろうと思うくらいの高さだと、別にこわくなかったんですが、落ちたらこれは本当に死ぬなと思うと本当に怖かったです。

私たちが普段生活していて、「腕が一つ二つ折れたとしても怖くない」覚悟で仕事に臨むことなんてあるでしょうか? 腕一本折れただけでも大騒ぎですよ。俳優さんって、本当に危険と隣り合わせの職業なんですね・・・

―友人チョ・ハンソンが結婚したが祝賀メッセージを

結婚するという連絡はありませんでした。私も記事で見ました。しかしお互い連絡が出来なくなって何年か経つので、心寂しくはありませんでした。会いたいです。会いたいし奥さんになる方にも一回お会いしたいです。ハンソン、結婚おめでとう!

ドンくんも、除隊後はいよいよかな。ハンソンくんのように、入隊前に電撃入籍!なんてことはないですよね・・・

≫〔芸能〕カン・ドンウォン「僕の友人ハンソン、結婚おめでとう!」(innolife.net) より


『チョン・ウチ』制作報告会③より

―「美男」という修飾語が負担にならないか?

それほど私は・・・・・・良い言葉なら私はすべて嬉しいです。ハンサムだと言って下されば嬉しいし、美男だといって下さっても嬉しいし、良い意味で言って下さることはみな良いです。「あの人は美男という修飾語がついているので、演技するのに支障がある」と考えて下さるなら、その考えを破ることが私には違う楽しみになる場合もあります。

この質問自体が、日本ではまずあり得ないような・・・「美男美女」に対しては、ひたすら羨望のまなざしを向けてチヤホヤする(反動で敵意むき出しにする人もいるが)お国柄ですから。でも確かに俳優であれば、美しさが災いして型にはまった役柄しかオファーが来ず、演技力を伸ばす機会が得られないというデメリットもあるかもしれません。でも、花美男と呼ばれようがどう思われようが、演技を通して相手の認識を変えて見せるという、ドンくんの気概が伝わってきますね。

―釜山の方言を使っているが、わざわざ直さないのか、直せないのか?

直せませんでした。実際、方言を使っているという事実が分からないです。他の人たちに比べて、言語的感度が低いのかもしれません。以前は演技で方言がとても気になったし、方言を使っているというのが分かることが嫌いでした。なぜならキャラクターが慶尚道出身の役ではなかったためでしたが、最近は特別に気を遣っていないです。

「1%の奇跡」でチェインを演じたとき、慶尚道なまりを徹底的に直したのに、「私たちの幸せな時間」では逆に慶尚道なまりを要求されてとまどった、とかいう話を何かで読んだような気がしますが・・・紆余曲折を経て、結局、方言OKってことで、自分の中で落ち着いたのかもしれません。

―さいごに

いつも映画を作るときは難しく苦労します。すべての映画がすべてそうですが、今回はとりわけ苦労しました。それでも、やり甲斐がある苦労につながりました。私がまたいつ、アパートの6階から飛び降りるだろうかと思いました。(飛び降りたんですね・・・TT)この作品を撮りながら「酒を飲むのは本当に楽しい」と新たに感じることになった、そんな作品でした。

それはやはり、ファンミで語っていた、ガンホさんとの撮影後の酒盛りのせいでしょうか?^^

≫〔芸能〕釜山の方言を使うイケメンカン・ドンウォン「イケメンという修飾語、気分が良くて感謝します」(innolife.net)より


「チョン・ウチ」観たい~っ!!!(>ω<)


GANGDONGWON.COM FAN MEETING 20091016 おまけ

2009年10月21日 19:45



091021_02.jpg
会場受付で手渡されるカード。
裏には席番が書いてある。




091021_05.jpg
リーフレットとカンバッチもらえました❤




091021_03.jpg
リーフ外面。
右側はドンウォンくんのデザイン。
Tシャツのプリントもこれです。




091021_04.jpg
リーフ中面。


せっかくのドンくんからのメッセージが、あまりに達筆すぎて読めな~い!と困っていたら、「SELF-RENEWAL@ファンミーティング/20091016」(カン・ドンウォン&ドンゴン好きの部屋)で、さやりんさんが詳しく解説してくださっています。必見です!

≪GANGDONGWON.COM FAN MEETING 20091016 その3
≪GANGDONGWON.COM FAN MEETING 20091016 その2
≪GANGDONGWON.COM FAN MEETING 20091016 その1


GANGDONGWON.COM FAN MEETING 20091016 その3

2009年10月21日 18:08


■圧巻!のギター演奏

さて、ここで、ドンくんから私たちに曲のプレゼントが

D 去年、時間があるときに少しギターを習ったんですが、いまだにヘタです。ちょっとミスっても大目に見てください。
Q 曲のレパートリーはたくさんありますか?
D いいえ。正式に弾けるのはこれだけしか・・・

と語った後、ドンくんが弾きはじめたのは・・・そのイントロはもしや・・・「戦場のメリークリスマス」!(大好き曲も映画も)静かなイントロから一転、「チャララララ~ン♪」の例のフレーズ(わかんない?)の奏法がダイナミックで、いきなり引き込まれてしまいました・・・。

もう、ここからは、ドンくんのことを見てるというより、クラシックコンサートモードに入り、しばし演奏に釘付け(途中でドンくんが帽子をかぶるまで、いつの間にか帽子を脱いでたことにも気づかなかった)。時おり不慣れな部分もあったりしたけど、奏法が高度で、とても聴かせる演奏でした。

演奏が終わった後、「ちょっと響かなかった」(これはおそらくハーモニクス奏法のことで、弦に軽く左手の指を触れたまま、右手で弦をはじいてポーンと音を響かせる)と言ってましたが・・・凄かった! ギターが趣味で、ちょっと好きな曲を弾いてみます、というレベルの演奏ではなかったです。よほど本格的に習っていたのでしょう。

その後、「僕が一番好きな歌手の曲を」と言って、英語の曲をギターを弾きながら歌ってくれました。さらに「アンコール!」の声にこたえてもう1曲。(曲名は、どこかのブログに詳しく書かれていたのですが、探し出せませんでした・・・

彼が「今朝の5時まで練習してた」といってたのは、これだったのですね・・・^^

ちょうど演奏中、近くに座ってた人の「マネージャーさんが・・・」の声に、ふと舞台袖を見ると、舞台向かって左側のカーテンの陰に、スーツ姿の男性が立っていて、ドンくんが演奏する様子をじっと見守っていました。なんか・・・微笑ましかったです。

演奏が終わった後、ドンくんは「『義兄弟』が終わってから間もないし、その前は『チョン・ウチ』も撮ってたし、これまで弾いた中で一番うまくいかなかった。こんな形でセッティングして、みなさんの前で弾いたのは初めて」と語っていました。
ふふ・・・完璧主義の負けず嫌いさん 普段はもっとうまく弾けるのに・・・と悔しかったのでしょうね。でも、「僕としてはがんばりました。(Tシャツの胸のロゴ「IN A PRETTY GO[:]PERSON」を指さして)僕はいいヤツだ、という意味です」と言ってました。

最後にドンくん、観客に向かって「カムサハムニダ(ありがとうございます)」とあいさつしてくれた後、司会者のリクエストにこたえて、恒例(?)のサランヘポーズ(両手で頭の上にハートマークをつくる)をとってくれました。

その後も、司会者の質問に答え、日本食や買い物の話を。
「好きでよく行ってたトンカツのお店がなくなってしまいました」
「日本食は韓国でもよく食べています。ラーメンもカレーも食べました」

(・・・なるほど、日本食ですねぇ)
「買い物も少ししました。この(着ている)Tシャツも買いました」

Q 俳優としての決意、想いは?
D あえて決めていません。その都度忠実に、演りたい演技をする。そんな風に、楽しく演技をしていると、将来、いい俳優になっていると思います。
これからも一生懸命がんばっていれば、また、日本でこんな風にみなさんと会えると思います。
しばらくまた会えない期間もあると思いますが、僕のことを忘れずに、次の作品も期待してください。


絶対忘れないよぉ~、期待してるよぉ~、ドンく~ん!(T0T)

―END―

【さいごに】

今回、日本でのファンミーティングが決定したとき、真っ先に思ったのは、「ドンくん、入隊でしばらく会えなくなる前に、日本のファンにもあいさつの意味を込めて来てくれるのだな」と。日本のファンにも気配りしてくれる彼の気持ちが、とてもうれしかったです。しかも、費用は全て自分持ち。私たちを招待してくれる形でのファンミーティングです。

私は今回、ファンミ初体験。ドンくんと2時間、同じ場所と時間を共有すると・・・そこには何か特別なコミュニケーションが成立すると感じました。私たちファンは、彼を心から愛していて、彼のことはもちろんとても大切な存在。でも、ひょっとしたら彼にとっても、私たちは彼の心の支えとなり得る大切な存在であるのかもしれない・・・と。

俳優とファン、仲のいい友人同士のような関係は築けなくても、そこに何かを築きたい・・・今回のファンミにはドンくんのそんな意図があったのかも?という気がします。
「コミナム(花美男)」カン・ドンウォンが、私にとって「ワンソナム」=自分のすべてを捧げても惜しくない男性に変わった瞬間でした。

今回、こんな素晴らしい機会を、私たち日本のファンのために設けてくれたドンウォンくん、そして、運営・進行などに努めてくれたGANGDONGWON.COMのスタッフのみなさんに、心よりの感謝と愛を伝えたいと思います。

강동원 씨, 감사합니다. どうもありがとうございましたm(_ _)m

≫GANGDONGWON.COM FAN MEETING 20091016 おまけ
≪GANGDONGWON.COM FAN MEETING 20091016 その2
≪GANGDONGWON.COM FAN MEETING 20091016 その1


GANGDONGWON.COM FAN MEETING 20091016 その2

2009年10月21日 17:17


■めざせ「1%の奇跡」―クイズバトル

ここからはクイズコーナー。ドンくんの答えと同じ答えを選んだ人が勝ち!ということで、最終的に勝ち残る10人は誰か!?のクイズバトルがスタート。会場では、青とピンクが裏表になった画用紙が配られていて、それで回答を示します。

まず最初に、大きなスペードのAとハートのAのカード2枚から、ドンくんがひいたカードを当てます。この時点で、回答者は半減(ここまでは私、まだ残ってました)。

Q タイムマシンで行きたいのは過去?未来?
D 未来。(ここで早々に自分、脱落TT)

Q 無人島へ持って行くのはゲーム?サバイバル用品?
D サバイバル用品。

Q 女性から誘惑されたい方?それとも誘惑したい方?
D 誘惑されたい方。誘惑してみたこともあったけど(キャーッ!)うまくいかなかった。(・・・それはお気の毒 ドンくんも人の子?)

Q 服装をキメたとき、一緒に歩く人にもおしゃれしてほしい?
D NO。一緒におしゃれしてくれれば言うことはないが、あくまでも個人の好みだと思いますので。(これ、すっごい同感!) 

Q 「彼女を信じないでください」での唐辛子にかぶりつくシーンor濃厚なラブシーン、もう一度やらなければならないとしたらどちらを選ぶ?
D 唐辛子にかぶりつくシーン。いくら仕事とはいえ、知らない人と(ラブシーンを)やるのは・・・自分の彼女ではないので気を使います。

司会者の「彼女ならOKですか?」のさらなるツッ込みにも、やはり「NO」と言ってました^^

Q これまで見たラブシーンで、「こういうのなら演ってみたい」というのは?
(司会者さん、ツッ込むツッ込む!
D ない。(笑)でも、濃い感じじゃなく、軽めのキスシーンなら演ってもいい。
(次回作で、ぜひぜひお願いします!)

ここまでクイズに勝ち残った方々を、観客席の通路へ集めようとしたスタッフさん。でもドンくんがひとこと「舞台に上がってもらっては」と。(さすが!)回答者がドンくんの両側にズラリ一列に並び、クイズ再開。

Q 彼女の手料理がおいしくなくても、黙々と食べる?おいしくないという?
D 黙々と食べる。(やはり気配りのドンくんですね)

Q 自分のヘアスタイルは、長髪、短髪どちらが好き?
一応二択問題なので「短髪」と答えていましたが、「髪型は役柄によって変えるものなので・・・両方とも自分はいいなと思っている」と語っていました。「普段はあまり、髪型を気にしていない」とも。

Q 彼女とは腕を組む?それとも手をつなぐ?
D 手をつなぐ。(「そういえば韓国ドラマで、腕を組んでるのってあまり観たことないですよねぇ?」と、隣の人と話してました)

この最後のクイズで、ちょうど勝ち残った方が10名となり、会場990人中の10人、まさに「1%の奇跡」が成立したのでした。(BGMに「初恋」流れ出す♪)10名の勝者は、ドンくんのデザインしたTシャツ(スタッフさんたちが着ていたものと同じ)に、ドンくんのサインと、ご本人の名前を入れてもらい、最後に握手してもらってました(超ウラヤマシイ~!)一人一人、握手するたびに椅子から腰を浮かせていた、礼儀正しいドンくんでした。

≫GANGDONGWON.COM FAN MEETING 20091016 その3
≪GANGDONGWON.COM FAN MEETING 20091016 その1


GANGDONGWON.COM FAN MEETING 20091016 その1

2009年10月21日 16:53


テキストは、自分の拾い書きメモから書き起こしているので、ドンウォンくんの言葉そのものを忠実に再現しているものではありません。また、質問と回答は内容ごとにまとめているので、実際に会場で行われた順番通りではありません。

1回め 13:00~15:00

「ドンウォンシ(ドンウォンさん)~!」の、ファンの歓声と拍手に迎えられてドンくん、舞台に登場。この日のファッションは、全身黒一色でコーディネート。ハット(照明の加減かもしれないけど、グレーもしくはシルバーにも見えた)からは、「義兄弟」のために短くカットしたヘアが少し見え、トップは長袖パーカー(下は丈が長めの半袖Tシャツ→後ほど披露)、ボトムは、ショートパンツにレギンス(?)、ハイカットのひも靴というスタイル。

ショートパンツとレギンスの組み合わせが・・・なんかもう、「モッチダ~(カッコイイ)」というより、「むっちゃカワイイ!」と、思わず声を上げてしまいました。ただでさえ童顔なのに、このファッション・・・28歳男子にしてはカワイ過ぎ! とってもプリティなドンくんでした。また、レギンスに包まれたの足の細いこと・・・

■「ドンウォンくんに質問!」コーナー
まずはドンくんへの数々の質問が貼られたボードが登場。ボードはよく、会社のミーティングなどで使われるホワイトボードのサイズですが、ボードの上から頭が飛び出る人を、私は初めて見ましたよ・・・!

◆映画について

司会者(以下Q)「チョン・ウチ」に出演した理由は?
ドンウォン(以下D)イメージ的にマンガが好きなので、ファンタジーのジャンルが好きで、出演しました。チョン・ウチはおもしろい。たぶん、みなさん笑えると思いますよ。

Q 最新映画2作についての感想やエピソードなどがあればお願いします。
D 「チョン・ウチ」は、1日に1~2回、命がけの撮影がありました。(ヒエ~ッ!)寒い時期に山の中で撮影したので、常にふるえていて、ワイヤーに吊るされ、5~6㎏やせました。(TT)
「義兄弟」は、準備期間が短かったので、どういう風に演じればいいか悩みました。撮影中、指の靭帯を痛めました。(マジっすか!?)
ソン・ガンホさんとは、撮影後毎回、酒を飲んでいました。(ガンホさんは、いかにも酒、強そうですもんね~)そのうちに、一緒に飲むのが待ち遠しくなりました。(いいッスね~♪)アサヒビールを飲んでました。(スーパードライ?^^)

Q 出演作品を選ぶポイントは?
D 一番重要なのはキャラクター。演じるときに楽しめるかどうかです。
でも、それと同じくらいに、監督も大事です。


Q シナリオを読んでから決める方ですか?
D 作品が何かわからないと決められないので(笑)

Q これまで演じた中で、一番自分に近いキャラクターは?
D 全てのキャラクターが、どこかしら自分に似てると思います。チョン・ウチは茶目っ気があるところ、(「M」の)ミヌはいらだった様子が、自分の中にあると思います。「あいつの声」以外は(笑)(さすがに、冷酷な殺人犯と自分に共通点を見出せなかったようです・・・^^ていうか、「あいつの声」、ぜひぜひ日本で映画化されてほしいですよね!?)

Q 今後はどんな役を演りたいですか?
D アクションはもう・・・ メロドラマ、ラブストーリー。いま決まっている作品があります。(おおぉっ!!!)

Q もし監督になったら撮りたい作品はありますか?
D 一度もなりたいと思ったことはありません。役者以上に大変そうだから。でも、もしも撮るなら、その時点で撮りたいもの、関心を持てるものを撮ると思います。

Q 自分の30年後をどんな風に考えていますか?
D 10年後は、今よりも忙しく仕事をがんばっていると思います。20年後はゆっくり、30年後はもっとゆっくり仕事をしていると思います。俳優を辞める気はありません。いま俳優を辞めても、どこにも就職できませんから。(ファンにはとてもうれしい言葉ですね♪)

◆ファッションについて

Q 気になるこの秋冬のスタイルは?
D その都度流行しているアイテムには気を取られません。自分の気に入ったアイテムを取り入れてマッチさせています。

Q ファッションの情報はネットから?雑誌から?
D ネットも雑誌も見ます。ネットは夜中じゅう見たり。

Q ちなみに昨夜は何時ごろ寝ましたか?
D 5時頃。(会場「エ~ッ!」)ある練習をしていたので。(その成果は後ほど披露してくれることに・・・)

Q 好きな女性のファッションは?
D 着る人本人が、自分の好きなものを着ているのがいいです。でも、セクシー系はあまり好きじゃない。(そんなアナタが好き

◆趣味について

Q 好きなマンガ、ゲームは?
D 好きなマンガは「ワンピース」。(好きなキャラ名を「ブッピー」とメモっていたのですが、たぶん主人公の「ルフィ」のことですよね・・・?^^;)
好きなゲームは「ウィニングイレブン」と「スタークラフト」(オンラインゲーム)。

Q インテリアに興味を持ったきっかけは?
D 元々ファッションに興味があり、それが自然とインテリアへの興味につながった。また、2年半ほど木工を習い、山で木を削ったりしていたので、そっちの方面からも興味を持ちました。

Q いまハマっているものは?
D しばらくは家具作りにハマっていて、大きな家具を作っていました。「チョン・ウチ」の撮影が終わって、「義兄弟」に入るまで、10日間休みがあったのですが、そのうち5日間は作っていました。(なんてエネルギッシュ・・・)
今は、以前読んだマンガをもう一度読み返したり。「capeta(カペタ)」や「鋼の錬金術師」。

091021_01.jpg
ドンウォンくんの愛読書❤


◆その他いろいろ

Q マネージャーに一言!
D 酒を飲んでとやかく言ってすみません。いつもそうです。仕事の話になると、いろいろ言ってしまう。翌日に謝ってます。でも一言だけ言わせてもらうと・・・もうちょっとしっかりしてください。(爆)ますます、仕事をがんばってほしいです。

と、ここでドンくん、「暑い~」って感じで、手であおぎ、そして着ていたパーカーを脱いだ!(場内「キャ~!」)
下に着ていたのは長めの丈の半袖Tシャツ。
黒地にゴールドの胸のロゴ
IN A PRETTY
GO[:]PERSON

と、やはりゴールドの模様入り。

Q 愛用している香水はありますか?
D 香水はあまり好きじゃありません。花の匂いもあまり好きじゃない。お香が好き。好きな香りがあるのですが、いまは思い出せません。少しスモーキーな感じの匂いが好きです。お香は結構たいてます。アロマキャンドルも好き。これなら花の香りも好きです。

Q 好きな色は?
D 黒と白と赤が好き。嫌いなのは青。なぜか嫌い。空色系統の青が、あまり好きじゃありません。空自体は好きですけどね。
(これは私が思うに、空色系統の青―カラー分析でいう「夏色」が、ドンくんに似合わないためではないかと。人間、結構、自分に似合う色を無意識に好きだったりするので。ちなみに原色の黒と白と赤は「冬色」なんですが、ドンくん、冬色タイプにも見えないんだけど・・・あの強烈な美貌があれば、多少似合わない色でも、自分に引き寄せて着れちゃうのかもしれません)

≫GANGDONGWON.COM FAN MEETING 20091016 その2


会場に到着。

2009年10月16日 23:26


名古屋から新横浜まで新幹線で
その後JR、小田急線を乗り継ぎ
ファンミーティング会場に着いたのは10時。
受付開始の1時間前に着いちゃったよ・・・




091016_02.jpg

建物の正面に、
花が3基飾られていました。
真ん中と右の花が
私たち有志で贈ったものです。




091016_03.jpg

真ん中のプラカードには、
私のハンドルネームが(*^-^*)
(ちなみに220はファンミの申請番号です)
DW★Holicのみなさん、きれいなお花を
手配してくださり、ありがとうございます




091016_04.jpg

また花が1基、追加で来ました。
この後にもう1基来てたような。
花の匂いはあまり好きじゃないというドンくん。
でも私たちは、歓迎の気持ちを
花に込めたいのです・・・




091016_05.jpg

本日の催物のボードに、
ちゃんとマジックで書かれているあたり、
なんか、地域の催し物みたい^^
第4会議室は、ドンくんの控え室
だったのでしょうか・・・?




091016_06.jpg

入り口を入ったところの受付です。
gangdongwon.comのスタッフさんは、
みんな女性。




091016_07.jpg

このポスターの絵は、ドンくん自身が
デザインしたのだとか。
スタッフさん全員、この絵のプリントの
Tシャツを着てました。
うらやましい・・・( ̄¬ ̄)

ファンミーティングの内容は、メモが多いので、文章に起こすのに時間がかかりそうです。
しばしお待ちを・・・m(_ _)m

ドンくんは、とってもプリティでしたよ


当日の朝。

2009年10月16日 05:50

4時にトイレに起きてから寝付けなくて(本当は6時起床予定だった)、とうとう5時過ぎに起き出しました。ファンミ1回めの回、昼食取ってホッと一息ついた後の2時間、途中で眠気に襲われたらどうしよう・・・(T▽T) 新幹線で座れたら、仮眠するしかない・・・って、仮眠できるほど乗車時間長くないけど~

とうとう当日を迎えました。ドンくんも、参加するみなさんも、無事に会場入りできて、幸せな気分でファンミを楽しめますように・・・


「義兄弟」に日本からラブコール!

2009年10月13日 12:02

映画「エジャ」「義兄弟」「パジュ」「チャウ」などが、海外の映画関係者たちの高い関心を買っている。

11日から開かれているアジアンフィルムマーケットで、「国家代表」「パジュ」など、最近の韓国映画の話題作が、マーケット序盤に海外バイヤーたちから大変注目をあびている。

「国家代表」「エジャ」「イテウォン殺人事件」「義兄弟」「アクトレス」などのラインナップをそろえたショーボックス側によれば、「エジャ」などが大いなる関心を得ており、ソン・ガンホとカン・ドンウォンが出演した「義兄弟」は、韓流の影響を受けて日本側の問い合わせが絶えることなく続く。

だが、韓国映画の海外セールスに乗り出したこの関係者たちは、「全世界的な景気寒波の影響で、マーケットの参加バイヤーたちが多くない」「ヨーロッパの方のバイヤーはほとんど見当たらないし、アジア地域でも徐々に人数が減っていて、以前ほど取り引きが活発ではない」と言いながら憂慮を示した。


≫「義兄弟」「パジュ」など、海外バイヤーから相次ぐラブコール(ジョイニュース)より


「義兄弟」に日本側の問い合わせが殺到!それはよござんす
「韓流の影響」などという漠っとした理由ではなく、ドンくんの日本での人気と、ガンホssiの実力から察するに、観客動員数が見込めそうだと踏んだ結果、といえるのではないでしょうか。
もう、日韓同時上映とか、しちゃいましょうよ!
あ、でも、そしたらドンくん、日本に舞台挨拶に来れないか・・・1週間遅れでいいッス♪

それにしても、世界的景気減速の影響が、映画マーケットにも影を落としているというのは・・・憂慮すべき事態ですね・・・(つーか、自分の生計にもしっかり影落としてるし


ウレシイ情報♪

2009年10月10日 19:51

「GANG DONG WON Official Site」で、ファンからの様々な質問への回答の中に、

Q.ファンミーティングの動画や写真を後日gangdongwon.comにアップする予定ですか?
A.はい。

というのがありました。

公式サイト、バンザ~イ!\(^0^)/

画像もうれしいけど、ここは一つ、期間限定でもいいから動画を公開して、今回参加できなかったファンの方も楽しめるようにしてほしいと願います。参加組も、自分の参加しなかった回を観れるとうれしいし。ぜひぜひ、実現願いたいです!

さて、公式サイトでは、ドンウォンくんへの質問も、明日まで受け付けてくれています。
私も4つほど質問を投稿しました。そのうち二つは、ファンならみんな気になるんじゃないかな~?と思うもの。とくに一つは、イベント性もあるものなので、ぜひぜひ会場で回答いただけたらと思います。あとの二つは、ドンくんに、というより、自分の好きな俳優、タレントさんに共通して聞きたい事柄・・・いってみれば月並みな質問です。
さてさて、この中でいくつ回答もらえるかな・・・?


【追加】
「ファンミ会場にお花を添えよう」企画が立ち上がっています。
詳しくは『2009・お花企画』(カン・ドンウォン・・・見つめていたい♪)へGO!
受付は明日まで。ただし、定員(40名)に達した場合はその時点で募集終了、とのことです。
⇒締め切られました!


手が美しい芸能人Best 5

2009年10月07日 20:49

クリエイティブネール(www.cndkr.co.kr)では、新村(シンチョン)現代百貨店と龍山(ヨンサン)アイパーク百貨店の直営店を訪れる200人余りの顧客を対象に、手が美しい芸能人Best5アンケート調査を実施した。

女性芸能人の中で、最も手が美しい芸能人1位にはチェ・ジウが選ばれた。 1位を選択した意見の中には「ドラマで髪をかきあげる時の、その細い指がとても美しく、すべての女性たちの憧れの対象であり、男性たちの心を揺さぶるのに十分だ」というのがある。

2位にはソン・イェジンが選ばれた。ソン・イェジンを選んだ理由としては、その美貌同様真っ直ぐに伸びた美しい指が彼女の清らかさをよりいっそう引き立てるという意見。 美しい手の3位にはイ・ナヨンが選ばれた。イ・ナヨンを選んだ意見には、優れた身長に小さい顔、手まで美しいから、神様は不公平だという言葉が自然に出てくる、というものだ。

4位には最近一児のママとして、さらにかわいくなって帰ってきたキム・ヒソンが選ばれ、5位には近頃ドラマで忙しいソン・ユリが選ばれた。

男性芸能人の中ではソ・ジソプが1位に選ばれた。多くの意見の中、「소간지(?)」というニックネームで多くの女性たちの胸をときめかすソ・ジソプは、女性に劣らず長くて真っ直ぐな指の持ち主だというものが入っている。

2位にはイ・ジュンギが選ばれた。「王の男」で、実は女ではないかと勘ぐるほどの美貌を備えていたイ・ジュンギは、手の全体が美しく、苦労しないで育った金持ちの息子のようだという意見だ。美しい手の3位にチョ・インソンが、
4位にカン・ドンウォンが選ばれた。カン・ドンウォンを選んだ意見の中には、憂愁に満ちた目つきとともに、手をあごに当てている写真を見ていると、女性の手がこれ以上に美しいだろうかと思うほど、というものがある。 美しい手の5位には、彫刻のような美男、チャン・ドンゴンが選ばれた。

クリエイティブネールのクォン・ヨンヒ院長は、「美しい手の基本条件は、生れつきもあるが後天的に育てることの方がさらに重要だ」と伝えた。また、「以前は男性の手の場合、荒っぽい手が人気を集めたが、この頃は長くて細い手が人気を集めている」「美しい手を管理するためには、洗浄と補充、栄養を供給することが基本的に最も重要だ」とつけ加えた。


≫チェ・ジウ-ソ・ジソプ、「手が美しい男女芸能人」1位登板(マイデイリー)より


女性でも、「真っ先に、まず男性の手を見る」っていう人、いますよね?
私はもっぱら目きれいな目とその目力にひかれるのですが、結局、美しく整った顔の持ち主は、頭の先からつま先まで全身美しい・・・それはまるで全身が美の黄金率?とでもいうべきものに支配されているかのように・・・と、グラビアを見ながらいつもタメイキついてます。
画像のチェ・ジウの手は色っぽいし、ソ・ジソプの指もくっきりとキレイですねぇ・・・
ドンくんも、真っ直ぐに伸ばした指で口をおおっている画像をどこかで見たような・・・やはりキレイな指だと思いました。記事中に出てくる「憂愁に満ちた目つきとともに、手をあごに当てている写真」も、どこかで見たことあるような・・・?


ファンミーティング最終名簿

2009年10月07日 11:31

ドンウォンくんのファンミーティング最終名簿、確認してまいりました。
やはり、自分のハンドルネームとIDがあったので、参加確定かと

1回め、2回めの会、共に各990人。総勢2000人足らずのファンが、ドンくんと楽しいひとときを過ごせるのですね

私は1回めの会参加です。同席のみなさま、どうぞよろしくお願いします(*^-^*)


「チョン・ウチ」ドンくん、お目見え。

2009年10月04日 19:48

100億ウォン台の超大型道術が繰り広げられる

「韓国版『オーシャンズイレブン』」あるいは「チェ・ドンフンの『いい奴、悪い奴、変な奴』」というたとえのように、「田禹治(チョン・ウチ)」はいろいろな面で派手だ。ひとまず延々8ヵ月の間ソウル、釜山(プサン)、大邱(テグ)、鉄原(チョルウォン)、前週(チョンジュ)、益山(イクサン)などを回り、フィリピン・ボラカイ海外撮影まで大規模ロケを消化した「田禹治」は、100億ウォン台の製作費が投入された超大型プロジェクトだ。

都心ビル群でのワイヤーアクションはもちろん、江南大路(カンナムデロ)や清渓川(チョンゲチョン)、明洞(ミョンドン)などの繁華街で「道術」を使いながら通った。そこに「犯罪の再構成」(2004)と「タチャ」(2006)に至るチェ・ドンフン映画のファンならば非常にうれしい面々が総出動する。

「チョン・ウチ」の師匠ペク・ユンシクには、「タチャ」のピョン・キョンチャンが浮上し、ユ・ヘジンの「犬みたいな人間」の演技は、すでに目先ににちらつき、「タチャ」の「餓鬼」キム・ユンソクは、高尚な人と悪魔の間を行き来する冷ややかな二重人格的姿を見せてくれる。

いわゆる「チェ・ドンフン師団」に新しく合流したカン・ドンウォンもあなどれない。ふと「刑事 Duelist」での長髪とクールなジェスチャーが浮かび上がるが、チョン・ドゥホン武術監督が「オリンピックにワイヤー種目があったら断然金メダル」とほめたたえた彼は、過去の全てのキャラクターと比べて最も明朗マンガに近いムチャクチャな道士だ。

だが、やはり今まで負け知らずで駆けてきたチェ・ドンフン監督に対する信頼が最も大きい。強奪や賭博など、卓越した語り手として犯罪映画の新しいトレンドを作った彼が土俗的ファンタジーとして「道術」に挑戦したこと。何か明らかにしてみれば、トリックとしての犯罪や道術は同一かも知れない。それは、やはり撮影前から長期の犯罪映画的な要素と創意的なCGについて、皆で悩んでいた。問題は500年の時間差を、不自然でないように描き出すということであるはずなのに。

「犯罪の再構成」では韓国銀行の前でも臆せず、「タチャ」ではホ・ヨンマンという名の前でも達者な腕前を見せてきた彼だ。スポーツにたとえれば、彼は常に攻めのサッカー、攻めの野球を駆使する監督だ。これで、彼がどんな札を取り出すのか見守るだけになった。

UP 「韓国型ブロックバスター」ではなく「韓国型スーパーヒーロー物」と呼んでほしいという通り、「田禹治」は単に規模にだけ気を使わない。怪物中の怪物、「海雲台(ヘウンデ)」の波と比べようとするなら、「道術」はもう少しアップグレードされた韓国映画の挑戦でもある。

DOWN 現在の韓国映画界において、デビュー作から3~4作に至るまで負け知らずで駆けてきた監督は、唯一キム・ヨンファのみだ。ポン・ジュノもデビュー作を除いては「殺人の追憶」のみ該当する。そのような点で「田禹治」は、チェ・ドンフン監督の最も重要な勝負どころである。


[下半期期待作] 9.戦友分(CINE21.com)より


「チョン・ウチ」のドンくん画像登場
暗くて表情はイマイチよくわからないけど、光まぶしい夜のビル街を背景にした韓服姿は、
ミスマッチなところが新鮮でよいです。
「これまで負け知らず」のチェ・ドンフン監督の手腕に大いに期待したいです。
(ドンくんがいい演技をしてるだろうことは疑う余地もないので)


至福の10月。

2009年10月01日 23:29

gangdongwon.comのドンくんファンミ申請名簿を見てきました。名前があったということは・・・各回990人で先着順募集ということは・・・参加確定と思っていいんですね!?

ヤッタ~!\(^o^)/と喜んでいいんですね!?

なんだか、あまりにも簡単にコトが進んで信じられない・・・
だって、昨年の映画舞台挨拶のときは、抽選だったから、人海戦術の前にあえなく敗れ、一度はチケットを取り逃したのですから・・・(まぁ、でも結果的には、人海戦術のおかげで救っていただいたわけですが)。

あぁ、新幹線チケット取らなきゃ!
当日は、勤務を同僚に代わってもらい、すでに休暇申請済み。
そして、洋服も新調したりなんかしちゃったりしてる・・・。

エェ~ッ、ホントにホントに、ドンくんに会えるの?
通知が届くまでは、まだピンとこない感じです・・・。


で、本日は家にこんなものも届きました。



私がドンくんのファンになった時には、既に絶版になっていた雑誌。Amazonでgetしました。中古品ですが、クリアファイル付き、巻末にはポストカード付きで状態良くって、満足~♪


「義兄弟」の夏、終わる。

2009年09月29日 23:58

去る6月5日クランクインした「義兄弟」は、4ヶ月間の日程を経て、去る22日仁川(インチョン)空港にて、「ハンギュ」と「チウォン」の出国場面でクランクアップした。ソン・ガンホとカン・ドンウォンをはじめ、すべてのスタッフたちは、2009年夏シーズンの間、貴重な玉の汗を流してオールインした映画「義兄弟」を通して、2010年上半期の劇場街を熱い雰囲気に包む予定だ。

クランクアップ当日、二人の主人公ソン・ガンホとカン・ドンウォンは、それぞれ現実的で人間的な性格の「ハンギュ」と、うわべは冷たいが内面にあたたかい感性を持った「チウォン」のキャラクターに完璧に没頭したことはもちろん、幻想の演技呼吸を誇示して有終の美を飾った。

チャン・フン監督のOKサインが下りた後には、監督と俳優、スタッフたちがお互いを励まし合い、撮影終了に対する惜しさをほのめかしたりした。

「ハンギュ」役のソン・ガンホは、「昨夏は『義兄弟』のための季節だった。観客の方たちが私たちの映画を好んで見てくれたらいいなと思う」と、最後の撮影に対する所感を伝えたし、「チウォン」役のカン・ドンウォンもまた、「皆が苦労して撮った映画だ。4ヶ月間何の事故もなく無事に撮影を終えることができて幸いに思う。熱心に撮ったぶん良い映画として完成してほしい」と最後の所感を残した。


≫映画「義兄弟」来年封切り予定(プライム経済)より


映画「義兄弟」、9月22日にクランクアップ。
キャストはじめスタッフのみなさん、お疲れさまでした!
ほんと、ドンくんの言うように、撮影期間中、無事故で終えられて何よりです。
待望の画像がアップ 沈鬱な面持ちのチウォン、「うわべは冷たいが内面にあたたかい感性を持った」彼に早く会いたいです(≧▽≦)
映画は来年上半期に韓国で公開。その頃ドンくんは、どうしているのかな・・・?


ドンウォンくんのファンミーティング

2009年09月28日 22:11

さっき申請してきました。

名ばかりの公式サイトだと思っていたのに・・・なんと素晴らしい爆弾企画を立ててくれたことでしょう!

しかも、

ファンミーティングの参加費は全て無料で、入場料もかかりません。
今回のファンミーティングはカン・ドンウォンさんが直接主催し、進行はカン・ドンウォン、gangdongwon.comで成り立ちます。


って、なんて太っ腹なの!やる気マンマンなのドンくん!(T▽T)
金なんて、払えと言われれば喜んで払うのに・・・来日費用や会場の手配、準備等、何かと経費がかかるだろうに・・・とかえって心苦しい限りです。

でも、兵役のことも考えてかな? 日本のファンにもちゃんと気配りしてくれるのは、とってもうれしくありがたいことです(T▽T)

来月、会える・・・のかな
あぁ、東京までの往復運賃分が赤字だよ~!
って、ウレシイ悲鳴?(いや、実は切実な問題なのだが


Mnet 韓国スター福袋 カン・ドンウォン

2009年08月28日 22:55

久しぶりのドンくん記事です。

今日、仕事が充実していて、家に帰ってもシャキッとしていて、気が向いたときにしかやらない韓国語の勉強(ヲイ)をやり、洗い物やシャワーを早めに済ませたら、なんか時間が空いちゃって・・・。
基本的に、いつも何かやりたいことややらなきゃならないことを抱えていて、何かに追われるように生きている自分です。だから「退屈」とは無縁の人生を送っているわけですが、今夜はめずらしく、やることが思いつかなくて・・・。
「なんか新しい韓ドラでもスタートしてないかな?」と「GyaOアジナビ」をのぞいてみたらば、トップページに、なつっこい素朴な笑顔を発見! これはどう見てもドンウォンくん そう、Mnetでドンくん特集をやってたのです。しかも本日更新されたばかり・・・こんなときは「神さまっているかも」と、ふと思ったりします。

内容は
①映画「彼女を信じないでください」
撮影現場、試写会場でのインタビュー
②映画「オオカミの誘惑」
撮影現場でのインタビュー
③映画「デュエリスト」
記者会見場、撮影現場でのインタビュー
④携帯CM撮影現場でのインタビュー
窓から雨を眺めているドンくん
⑤映画「デュエリスト」
試写会場でのインタビュー
⑥愛のチャリティー会場
「デュエリスト」で使用した小道具、ドンくんの衣装などを提供したオークション
⑦携帯CM撮影現場でのインタビュー
あの有名な、シャツ姿でバスタブにつかったり、床に寝転がってたりするヤツです。

なんか、自分にとっては、初めて知る情報がちょこちょこあって面白かった^^

「彼女を信じないでください」では、ドンくんとキム・ハヌルさん、二人が身分証の取り合いでもみあいになる、例のシーンの撮影現場が見れて「おぉ~!」って感じだったし、ドンくんが唐辛子にがむしゃらに食らいつくシーンでは、途中で咳が出てNGとなったり(キャ~TT)。インタビュー中、ドンくんがハヌルさんのことを「ヌナ」って呼んでたのがツボでした。


オリジナル・サウンドトラック 彼女を信じないでください
Amazon


「オオカミの誘惑」では、なんたってテソンなドンくんがス・テ・キ 廃工場でのアクションシーン撮りのとき、イ・チョンアちゃんが、「みんなワイヤーに吊られてると思った」と言ってたんですが、私も同様に、廃工場でのアクションシーンとか、テソンがハンギョンに会いに行った帰りに男子生徒たちと乱闘するシーン、どちらもワイヤーアクションだと思ってました。そしたら、廃工場でのシーンは跳び蹴りの際、踏み切り台を使ってた程度で、乱闘シーンでもドンくん、素で壁を蹴って跳び蹴りしてました ワイヤーを使わないであの迫力・・・今更ながらに驚きです。
さらに新たに知る事実。ドンくん、テコンドー2段だって? さすがにアクションシーンがばっちりキマるわけですよ~。本当に、身体能力の高さはハンパじゃないんですねぇ・・・。スポーツ全般、何でもできるでしょう?きっと。


オオカミの誘惑
Amazon


雨降りCMでは、「雨が好き?」という質問に、「雨の日はあまり好きじゃない。外出するとぬれるし、運動もできないからね」と答えてました。とことんスポーツマンなんですね~。

「デュエリスト」試写会場では、映画を観に来た芸能人へのインタビューもあり、コン・ユくんが「トンウォナ、ファイティン!」と言ってました。ドンウォンくんって、姓抜きで名前だけ呼ぶと「トンウォン」くんなんですよね・・・それに気づいた当初、ちょっとショックを受けました 日本語では、濁点があるとなしとじゃ、かなり言葉のイメージが変わるじゃないですか。「ドンくん」じゃなくて実は「トンくん」・・・今ではもう慣れましたが、日本語表記では「ドンくん」で通させてもらいます。


デュエリスト オリジナル・サウンドトラック
Amazon


正味55分16秒のこの番組、まさに「福袋」な感じで楽しめました♪
配信期間は9/7正午まで。

GyaOホーム>アジア>音楽・バラエティ>Mnet 韓国スター福袋>カン・ドンウォン


「美容室事件」詳報。

2009年06月07日 23:06

歌手チャン・ナラが、俳優カン・ドンウォンが理想のタイプと明かした。

彼女は、6日放送されたSBSの深夜音楽プログラム「キム・ジョンウンのチョコレート」に出演して、キュート女王らしい可愛い姿を思う存分振る舞った。

彼女は、「男性を見る時、何を一番重要視するのか」と尋ねるMCキム・ジョンウンの質問に「声。 容貌ももちろん重要。花のように美しい人が好きで。 でも声が良ければ容貌を飛び越える」と明らかにした。 さらに「だからカン・ドンウォンが良い。神秘的だし」と驚くべき発言をした。

彼女は理想のタイプ、カン・ドンウォンと美容室で会ったことがあるという。 「その後、その美容室に二度と行けなかった。 また会うんじゃないかと心配で」と言って、皆の好奇心をそそった。

彼女は、「本当に最悪の姿で出くわした。 化粧気がなくて眉毛も描かないで、その上美容室のガウンもまとっていた」と話した。さらに「前髪を半分切った時、カン・ドンウォンが挨拶をしたの」「私がとても冷淡で、『また来る』と言う言葉だけ残して、半分だけ切ったまま店を出てしまった」と狼狽したその時を回想した。


≫チャン・ナラ、「声、容貌すべて揃えたカン・ドンウォンが好きなの」理想のタイプを告白 (Newsen)より


私も好きなの(うるさいね
番組のカットが9点あって、かわいいナラちゃん全開!
(ドンくんの小さいカットも
前回の記事ではよくわからなかった、美容室での悲劇が明らかに・・・
「化粧気がなくて眉毛も描かない」状態でも、ドンくんがナラちゃんに気づいたということは、素顔もカワイイってことじゃないの?
でも、恥ずかしさのあまり、前髪を半分だけ切ったまま店を出てしまったナラちゃん・・・いじらしいやら、ちょっと笑えるやら・・・です^^



いよいよ始動!「義兄弟」

2009年06月07日 16:29

★映画俳優ソン・ガンホが11年ぶりに国家情報院要員になった。

ソン・ガンホは、映画「義兄弟」(監督チャン・フン)で元国家情報院要員イ・ハンギュ役を引き受けた。彼は去る1998年、韓国映画のルネサンス期を開いたカン・チェギュ監督の「シュリ」でも国家情報院要員を演じた。

ソン・ガンホ演じるイ・ハンギュは、頭よりも行動が先走る人間味あふれる要員だ。ソウルのど真ん中での謎の銃撃戦のため、国家情報院から追い出されることになった彼は、その6年後、北から見捨てられた南派スパイ・ジウォンと身分を偽ったまま対決を繰り広げることとなる。相手役である緻密で冷徹な北朝鮮のエリート工作員「ソン・ジウォン」役は、カン・ドンウォンが引き受けた。ソン・ガンホは、昨年のデビュー作「映画は映画だ」で脚光を浴びたチャン・フン監督への信頼のために、シノプシスだけ見た段階で出演を決めたという裏話だ。

「義兄弟」は、忠武路(チュンムロ)最高の「演技派俳優」ソン・ガンホと、「スター俳優」カン・ドンウォン、チャン・フン監督の出会いだけで期待作として浮上している。
5日には、国家情報院でハンギュが単独で作戦を指示する場面の撮影を始め、4ヵ月間の撮影を経て、今秋に封切りする予定だ。


≫ソン・ガンホ、11年ぶりに諜報活動に入る(スポーツカン)より


★ソン・ガンホ、カン・ドンウォンが主演する映画「義兄弟」が5日から撮影を始める。昨年「映画は映画だ」で革命的にデビューしたチャン・フン監督の次回作だ。韓国を代表するソン・ガンホが早目にキャスティングされて注目を浴び、最近カン・ドンウォンのキャスティングも確定した。二人が映画で一緒に息を合わせるのは今回が初めてだ。

映画を製作・配給するショーボックスメディアフレックス関係者は、「良い監督やスターキャスティングを察するに、興行性と完成度を取りそろえた作品が生まれるだろうと自信を持つ」と明らかにした。映画はこれから4ヵ月間の撮影を経て、今秋封切りする予定だ。


≫ソン・ガンホ、カン・ドンウォン「義兄弟」撮影開始(スポーツワールド)より


★俳優ユン・ヒソクが映画「義兄弟」にキャスティングされた。

彼はカン・ドンウォンの友人である北朝鮮工作員、ソン・テスン役を引き受けた。家族命のソン・テスンは優柔不断で優しい性格の持ち主で、強靭に徹するスパイのイメージにそぐわない個性を持つスパイの姿を披露する予定だ。

ユン・ヒソクは、映画「古い庭園」「お熱いのがお好き」や、MBCドラマ「90日、愛する時間」、KBS 2TV「BAD LOVE」、KBS「春、春春」、SBS「甘い私の都市」等に出演、幅広い演技と多様な魅力で広く愛されている。


≫ユン・ヒソク、カン・ドンウォンの友人で「義兄弟」にキャスティング…優柔不断なスパイに変身(Newsen)より


6月5日クランクイン! いやぁ~、始まりましたね~「義兄弟」。
ドンくんは、「緻密で冷徹な北朝鮮のエリート工作員」・・・きゃぁぁあ~ん
観たい、早く観た~い、coolなドンくん!(≧▽≦)
今秋封切り予定・・・こっちの方が「チョン・ウチ」より早く公開されるんですね。
coolなソン・ジウォンの後に、hotなチョン・ウチ・・・メリハリがあってよろしいんじゃないでしょうか?^^
ドンくんの友人役には、ユン・ヒソクさんが決定。今後続々とキャスティングが発表されそうですね。どんな作品が出来上がるのか、とーっても楽しみです!^^



カン・ドンウォンのせいで美容室を変えた。

2009年06月03日 19:03

演技者としてカムバックする歌手チャン・ナラが、カン・ドンウォンのせいで美容室を変えた理由を公開した。

チャン・ナラは最近、SBS「キム・ジョンウンのチョコレート」の録画で、自分の異性観を明らかにして、カン・ドンウォンを理想のタイプに選んだ。

チャン・ナラは、「可愛いとかセクシーとか」というテーマで対話をしている中、MCキム・ジョンウンから「男を見る時、真っ先に見ること」についての質問を受けた。

チャン・ナラは、「実は容貌を見たりするが、声が素敵なことが最優先」と明らかにして、「いくらハンサムでも、声が気に入らなければ良くない」と答えた。

また、彼女は俳優カン・ドンウォンを理想のタイプに選び、「美容室で見たことがある」と言って人目を引いた。「ある日、頭を半分程度した状態で、めちゃくちゃの姿で座っている時、カン・ドンウォンからあいさつを受けた」「いい感じにあいさつを交わしたりしたが、震えて、その時格好がとてもめちゃくちゃだったので、二度とその美容室に行かない」と話して笑いを誘った。 放送は6日夜12時20分。


≫チャン・ナラ「理想のタイプ、カン・ドンウォンのせいで美容室を変えた」(Newsen)
より


チャン・ナラちゃんは、私の好きな女優さんの一人。元々は歌手みたいだけど、私にとっては「女優さん」なんです。ドラマ「ウェディング」のイ・セナが大好きで~ もう、彼女の気持ちに共感しまくりで、私にとっては「冬ソナ」よりも泣けたドラマでした。

だから「理想はカン・ドンウォン」と知ったときはうれしくて~!(*^-^*) ぜひ共演してもらいたいものだと。ラブコメかなんか演ってほしいな~♪ ナラちゃん、理想の人と並んだね(画像)

それにしてもナラちゃん、ドンくんの声が好きだとは・・・これは意外でした。ヨン様やビョン様など、のどがよく響く美声の持ち主が多い韓国俳優さんの中で、ドンくんの声は正直・・・普通?(だけど、な~んかくすぐられる声なのよね~)と思っていたものだから^^

上記のエピソード、「理想の人と美容室がかぶった悲劇」とでもいえましょうか? キレイになったところに、偶然居合わせたならまだしも・・・タイミングが悪すぎですねぇ~
ナラちゃんのオトメ心に共感しちゃいました。

ちなみに私、キム・ジョンウンも好きなんです~! この番組、好きな女優さんを二人同時に見れてオイシイかも・・・見れるかな、SBS?


関連記事≫「美容室事件」詳報。



ビン兄、ドンくんとのつき合いについて語る。

2009年06月02日 23:58

ポン・ジュノ監督映画「マザー」(邦題「母なる証明」)に出演したウォンビンへのインタビュー。中にドンくんとのつき合いについて語られた一文が。

-カン・ドンウォンととても親しいとか

▲他の俳優たちと比べて会う頻度が高い。仕事で会うのではなくプライベートで会う。 作品の話はほとんどしなくて、会えば普通の友達のようにあれこれ話をする。酒はあまり飲まない。飲む場合はほとんどないようだ。ご飯を食べたり、そんな程度だ。


≫ウォンビン、「理想のタイプ? 私を愛してくれる女性」[インタビュー](OSEN)より


作品の話はほとんどしない。酒もほとんど飲まない・・・なんか、淡々としたつき合いですね~。お酒、ドンくんはそこそこ好きそうなのに・・・ビン兄が飲まないのかな?

「ビン兄」なんて・・・彼より年上なのに、アニキ呼ばわりしてすんません でも、セイシンネンレイはドンくんと同い年なので・・・いや、2コ上くらいにしておこう。「ヌナ(姉さん)!」と呼ばれたいので(*^o^*)

それにしてもビン兄、今年で満32歳になるとは思えない童顔ぶり。キレイ
彼の理想のタイプは「何より私をたくさん愛してくれる人」だそう。
そんなの、ファン全員がそうじゃん。ラッキー!^^v

映画はこの秋、日本でも公開されるとか。ぜひ観に行きたいです。
ってなんか、映画もやっぱり韓国~?



キャ~!!!

2009年06月01日 23:54

キム・ユンソク、チョン・キョンホ、キョン・ミリ(「チャングム」のチェ尚宮?)、ソン・ウソンが出演する映画「亀走る」(監督イ・ヨンウ/製作シネ2000) VIP試写会が、6月1日午後8時に、ソウル江南(カンナム)区、三成洞(サムソンドン)のメガボックスKOEXで開かれた。

この日、俳優カン・ドンウォンが出席した

映画「亀走る」という、犯罪のない静かな村・忠清南道(チュンチョンナムド)の禮山(イェサン)を背景に、ある日突然現れた神出鬼没の脱走犯に全てのものを奪われた田舎刑事・チョ・ピルソンの、粘り強い勝負を描いた作品で、来る6月11日に封切られる。


≫[フォトには]カン・ドンウォン、「シンプルな服装で映画を見に来ました」 (Newsen)より

キャ~、いきなりアップですよ~っ!
奇抜な模様のキャップをかぶってますね~。
髪もショートに! 「私たちの幸せな時間」のときほどは短くないけど。
以下、画像が続きま~す

≫[フォトには]カン・ドンウォン、映画「亀走る」 期待されます(Newsen)

≫[フォトには]彫刻美男カン・ドンウォン、「微笑みを浮かべて」(Newsen)

≫映画館を探したカン・ドンウォン(聯合ニュース)

≫カン・ドンウォン、映画を見に来ました(聯合ニュース)

≫カン・ドンウォン-ソン・ガンホ、映画を見に来ました(聯合ニュース)
*今月クランクイン予定の映画「義兄弟」で共演するソン・ガンホssiとのツーショット。

≫「亀走る」を見に来たカン・ドンウォン(聯合ニュース)
*Tシャツの襟のくたびれ?具合がいいですね~^^

≫[フォトには]カン・ドンウォン-ソン・ガンホ、うれしい有名人(Newsen)
*お二人、なにやら歓談されてます。

この後も、ぞくぞく画像が出てきそう~♪
続きはまた明日、拾います。



「義兄弟」6月中頃クランクイン予定。

2009年05月20日 19:31

都会的な役を主に引き受けてきた花美男俳優カン・ドンウォンが、今度は南派スパイに変身する。

カン・ドンウォンの所属会社
(?)は、「何日も休むことができず、直ちに(映画「義兄弟」の)撮影準備に入らなければならない」「クランクインの日にちは決まらなかったが来月中旬ぐらいになる見込み」と伝えた。

カン・ドンウォンは去る18日、フィリピン・ボラカイ島でファンタジーアクション物「田禹治(チョン・ウチ)」(監督チェ・ドンフン)の撮影を9ヵ月ぶりに終えた。 撮影中ずっとワイヤーアクション演技を消化するために大小の打撲を負い、体重も5㎏減った。

だが、フィリピンの撮影場から帰ってきた彼は、数日だけ休息を取り、直ちに「義兄弟」の撮影準備に入らなければならない状況だ。「義兄弟」は昨年、「映画は映画だ」で注目されたチャン・フン監督演出、ソン・ガンホ出演で期待を集めている。ソン・ガンホは元国家情報院要員役を引き受け、カン・ドンウォンは南派スパイを演じることがわかった。


≫俳優カン・ドンウォン、南派スパイに変身(朝鮮日報)より

※南派
任務を与えて南に送ること。特に北朝鮮で南韓(南北に分断された韓国の休戦線南側地域)にスパイなどを送ることをいう。


クランクアップの後にすぐクランクインの記事・・・なんというあわただしさ
次の映画の撮影が迫っていると、つかの間の休日も休息にならないだろうね・・・。
ドンくん、ほんと、お疲れさまです~

ところで、髪、切っちゃうんでしょうかね?



「チョン・ウチ」18日にクランクアップ!

2009年05月19日 17:05

映画「田禹治(チョン・ウチ)」(監督チェ・ドンフン/製作映画会社「家」)が去る5月18日、フィリピン、ボラカイ海外撮影を最後にクランクアップした。

有名な国内最高の俳優たちを一堂に集め、100億ウォン台の製作費を投入して作る超大型プロジェクトらしく、「田禹治」は昨年9月撮影を始めて延々8ヵ月間、ソウル―釜山(プサン)―大邱(テグ)―鉄原(チョルウォン)―全州(チョンジュ)―益山(イクサン)など全国を縫ってフィリピン海外撮影まで大規模ロケを消化した。

特に、都心ビルディング群でのワイヤーアクションやカーチェイスなど映画の中で主要な場面を、清渓川(チョンゲチョン)、江南大路(カンナムデロ)、明洞(ミョンドン)、仁寺洞(インサドン)など、交通規制と群衆殺到問題で撮影許可さえ難しいソウル都心の繁華街で撮影を敢行したことが知られて注目されている。本場ハリウッドのスーパーヒーロー物に挑戦する「韓国スーパーヒーロー映画」を掲げるだけに、首都ソウルを代表する空間を鮮やかに盛り込みたかった製作陣の強い意志がうかがえる。

一方、「田禹治」はカン・ドンウォン、キム・ユンソク、イム・スジョン、ユ・ヘジンなど主演俳優たちが皆ワイヤー撮影を進行したほど、アクションの比重が大きい映画で、俳優たちの肉体的な苦労も侮れなかったという後日談だ。特に主人公チョン・ウチ役のカン・ドンウォンは、撮影前からソウルアクションスクールでワイヤー、剣術、格闘訓練など手にタコがいっぱいできるほどつらい訓練を受けた
(T__T)

また撮影量の半分以上がワイアーアクションのため、体重が5kg以上減り、全身にアザのない日はなかったが(T__T)高難度アクションまで大部分のシーンを代役なしで直接消化する闘魂を見せて、スタッフたちの賛辞を受けた。国内最高の武術監督と呼ばれるチョン・ドゥホン監督さえ、「これ以上教えることがないというくらい、アクションの才能に優れている。こんな俳優は初めて見た。オリンピックにワイヤー部門があったら、カン・ドンウォンが金メダル候補だ」と絶賛した。

8ヵ月間の撮影の長丁場を終えた「田禹治」は、映画の中の派手なアクションと時空間を行き来する壮大なスケールの道術ファンタジーを実感できるよう具現するために、約6ヵ月にわたる後半の作業後、12月に封切りの予定だ。

「田禹治」のある広報担当者は、「今回の映画には、『良い奴、悪い奴、変な奴』のチョ・ファソン美術監督とチョン・ドゥホン武術監督、『良い奴・・・』『レッドクリフ』の特殊効果を担当したデモリション、『グエムル』『コウモリ』『マザー』を手がけた国内最高のCG会社エイジウォクスが参加した」
「国内最高のビジュアルスタッフたちが一つになって作った韓国スーパーヒーロー映画『田禹治』は、韓国版怪獣映画『グエムル』、韓国版ウェスタン映画『良い奴、悪い奴、変な奴』に引き続き、もう一度国内映画のめざましい発展を告げるwell made(格好のよい、できのよい)映像を具現すると期待される」と明らかにした。


≫100億ウォンの大作「田禹治」18日にクランクアップ(Newsen)より


ドンくん、本当にお疲れさまでした~m(_ _)m
ハードな8ヵ月+撮影準備期間を経て、体重は5kg以上減り、全身アザだらけ、手はタコだらけ・・・(T_T) そして高難度のワイヤーアクションを代役なしでこなし、チョン武術監督から「オリンピックにワイヤー競技があったら金メダル候補だ」と言われるほどの素晴らしいアクションを披露した・・・と。

人一倍負けず嫌いで努力家だとは思っていたけど、その身体能力の高さときたら・・・凄すぎて正直引いちゃうほど きっとスポーツ選手になっていても活躍してたんだろうね。

それにしても膨大な制作費と時間を投入し、韓国内最高のビジュアルスタッフを揃え、主役のワイヤーアクションも完璧とくれば・・・ビジュアル的には相当見ごたえのある作品になりそう。あとはチェ監督のストーリー構成力に期待です。

で、ドンくん、今度は「義兄弟」の撮影準備? キャ~



恋愛演技をしたい俳優1位☆

2009年05月08日 22:06

俳優カン・ドンウォンとハン・イェスルが共に、恋愛演技をしたい俳優1位に選ばれた。

演技トレーニングセンター「C.A.S.T. by iHQ」が、4月23日から5月5日まで俳優志望生1,299人を対象に、「恋愛映画の主人公を一緒に演じる相手役に誰を選ぶか」というアンケート調査を実施した結果、カン・ドンウォンとハン・イェスルがそれぞれ男女1位に選ばれた。

カン・ドンウォンは429票、ハン・イェスルは372票で1位に上がり、2位はチョン・ウソン(333票)とソン・ヘギョ(240票)、3位にはチャン・ドンゴン(225票)とイム・スジョン(186票)が選ばれた。

一方、「韓国を代表する俳優の中で、暮らせる機会がたった一日与えらたとしたら、果たして誰と暮らしたいですか?」という質問に、チョ・インソンが387票、チョン・ジヒョンが462票を得てそれぞれ男女1位に上がった。2位はハ・ジョンウ(258票)とキム・ヘス(270票)、3位はソン・ガンホ(222票)とチョン・ドヨン(241票)が選ばれた。


≫カン・ドンウォン-ハン・イェスル、恋愛演技を一緒にしたい男女俳優1位に上がる(Newsen)より


恋愛映画の相手役にドンウォンくんをご指名とは・・・俳優になろうという人たちは、さすがに大胆ですね~(まぁ、中には自分の知名度アップのために、という野心家もいるかも) 私は、ドンくん相手にラブシーンなんて、恥ずかしすぎてできないわ~

でも、もし演技のワークショップかなんかが開催されて、ドンくんと一緒に演技できる機会が巡ってきたとしたら(出たよ妄想)・・・恋愛未満の微妙なところにいる男女の寸劇なんかやってみたいですね~。たとえていうなら、オフコースの曲「Yes-No」の

今なんていったの? 他のこと考えて
君のことぼんやり見てた


っていう、あの世界ですよ~っ!ドンくんがぼんやり見てる「君」は、私だったりするわけですよ~ キャ~ッ(≧▽≦) (重症

一日一緒に暮らしたい(というのは、一緒に過ごしたいというニュアンス?)のも、もちろん、ドンくんで~す 釜山の観光案内してもらいたい♪ 映画「HERO」を観て、山の斜面に家々が立ち並ぶ風景や、屋台が気に入っちゃったんです。そしてその後、川沿いを手をつないで歩きたい・・・

・・・って、なんかもう、記事の感想というより、妄想炸裂・・・スンマセン



バトルカップルは人見知りカップルだった?

2009年05月04日 23:28

役者キム・ジョンファが、最近MBC「ユ・ジェソク、キム・ウォニの遊びにきて」録画中に、モデル出身のトップ俳優、カン・ドンウォンとのエピソードを公開した。

MBCドラマ「1%の奇跡」で共演したキム・ジョンファとカン・ドンウォンは、撮影中の6ヶ月、ずっとぎこちなかったという。「以前の私は内気な性格で、相手の俳優と親しくなりにくかった。カン・ドンウォンと撮影する時は、より一層そうだった」と告白した。引き続き「結婚後に子どもを持つシーンまで撮ったのに、抱き合う場面さえとてもぎこちなくて、撮影が大変だった」「監督が私たちに、恋愛もしてこなかったのかと怒るほどだった」と付け加えて説明した。


≫キム・ジョンファ、カン・ドンウォンとぎこちなかった過去打ち明けて
「私があまりにも内気だから、相手の俳優と親しくなりにくかった」(ナヌムニュース)

より

キム・ジョンファは、「これではだめだと思い、ちょっとでも親しくなろうと、食事のときに同席してみたりもしたけど、とてもぎこちなくて、ご飯がまともに喉を通らなかった」「結局、最後の打ち上げパーティーの日に、互いに90度でお辞儀して、尊敬語で『今度会ったらきっと親しくなります』と言って別れた」と話して爆笑を誘った。

≫キム・ジョンファ、カン・ドンウォンと6ヶ月の間ぎこちなかった理由は?(スターニュース)より


10asiaというサイトでは、キム・ジョンファのこの発言に対し、
「本当に内気ですね(カン・ドンウォンなのに、カン・ドンウォンなのに!)」
とコメントしていましたが・・・いくら相手が魅力ある人物でも、波長が合う合わないはどうしようもないもんね~ 私だって、こんなにこんなにドンくんLOVEでも、実際に会って話すと、「違う・・・」と思ったりすることもあるかもしれない。

なんというか・・・内気な者同士というのは、互いに打ち解けにくい性質を持つ者同士ということなので、よほど波長が合う相手以外は、無理に近づこうとせず、お互いに気まずくならない適度な距離を取ることが良策かな?と経験上思います。

それにしても、気まずい相手と気まずい思いをしながらの恋愛演技・・・俳優さんって本当に大変な職業ですねぇ そんな困難を抱えつつも、ロマンチックかつコミカルな「1%」ワールドを堪能させてくれた二人に拍手&感謝です(*^-^*)



1%の奇跡/イルパーセントエ・オトン・ゴッ  (韓国盤)
内気さん同士
Amazon



NEW ENTRIES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。