FC2ブログ

プロダクション立ち上げちゃえば?

2008年06月30日 00:19

Yahoo!動画の「M-Time」に、「韓国大手芸能プロダクションの光と影、第2部『俳優編』」というニュースがあり、タイトルが気になって見てみた。冒頭の部分でチラッと、ドンウォンくんのクリス・クリスティ撮影写真の映像が流れたので、「ドンくんも途中で登場するのかな?」と期待したんだけど、残念ながら登場シーンはなかった。





大手プロダクションが俳優に払う契約金が膨大すぎて、契約期間内に元を取るのが難しくなり、資金繰りのため違法行為に手を染めたり、俳優にハードスケジュールを課したりする場合があるという、大手の「影」の部分についてふれた後、有名俳優のバックアップをするための小規模なプロダクションが増えていることもあげられていた。

中でも気になったのは、「チャングム」のイ・ヨンエが、自分のマネージャーと芸能プロダクションを立ち上げたという話。実質、今、ドンくんもマネージャーと共に活動しているわけだから、いっそ、二人でプロダクションを立ち上げちゃえばいいんじゃない?と思ったのだ。
そしたら、現在のフリーの状態と同様に、自分で出演作品を選べるわけだし。

で、こっからは私の勝手な妄想話になるんだけど・・・
[プロダクション立ち上げちゃえば?]の続きを読む
スポンサーサイト



カタログ撮影現場@Yahoo!動画

2008年04月18日 14:19

本日よりYahoo!動画で、ドンウォンくんのクリス・クリスティ夏カタログ撮影現場(Mnet)が
観れます。縦長く映ってるところがちょっと残念なんだけど・・・撮影中のドンくんは、
なんかこう、色っぽいねぇ~ こんなに色っぽかったっけ?と思ってしまいました(*^^*)





またまた。

2008年03月18日 16:24

配信スタートしちゃいました「1%の奇跡」。Yahoo!動画で昨日から。ついこの間やってたのに・・・と思ったら、昨年の9月末だった。およそ半年ぶりの再配信。

話は変わるけど、最近、「冬ソナ」もまたGyaOでスタートした。昨年以来、GyaOで公開され、Yahoo!動画で公開され、またGyaOで・・・と、ほとんど途切れることがない状態。なのに毎回必ずアクセス上位にランクインする。

ということは、配信されるたびに観るリピーターがいるんだなぁ・・・と感心していたが、考えてみれば自分も、「ドンウォンくん出演作品やお気に入りのドラマが公開されたら、何度でも観るなぁ」と思った。
その矢先の「1%」公開だったので、思わず笑ってしまった。やっぱり観てるし・・・^^;

しかし、ドンくんファンとして贅沢をいわせてもらうと、たまには「威風堂々な彼女」なんかも観たいなぁ(民放で途中からしか観たことないので)。「マジック」は、無料配信が実現するとしても、もっと先のことになるんだろうね・・・最近、日本版のDVDが出たとこ(下巻は今月21日発売予定)だから。

「1%の奇跡」第1話。タダ(キム・ジョンファ)とイ会長(ピョン・ヒボン=ちなみにいま観てる「マイガール」でも財閥の会長役。会長役がよくお似合い)の出会いからスタートし、タダの日常シーン、チェイン(カン・ドンウォン)の日常シーンが同時進行していき、ついには中学校での出会い、ガチンコ対決へ!このストーリー展開がいい。

「1%」は、これまでにもう何回観たかわからないくらいだけど、今回はイ部長(チ・サンリョル=「チャングム」の頼りない医官役もこの人なんだ~^^)が、チェインを待つ間、外国人のクライアントに怪しげな英語で話しかけるシーンがツボだった。
「チャッカ、モーメント、プリーズ」って、最初の言葉、韓国語だろーが!( ̄∇ ̄;)ノ☆

それにしても韓国ドラマは、観るドラマごとに必ずその主演俳優(とくに♂)のファンになるくらい、どの人もステキなんだけど、中でもやはり私の韓流フィーバーの原点、ドンウォンくんは格別だ!
切れ長の目、うつむいたときのラインがとくにキレイで、さすがぁ~って感じです。





ランラン18歳 第1話

2007年10月25日 22:03

Yahoo!動画で、今日から配信がスタートした。

お互いの祖父同士の約束により、許婚にさせられた女子高生ジョンスク(ハン・ジヘ)と検事ヒョクジュン(イ・ドンゴン)の恋物語。

ジョンスクは最初、「こんなオジサンと結婚なんてヤだ!」と拒否反応を示すが、自分の一目惚れの相手がヒョクジュンだったと気づき、がぜん、結婚に乗り気になった様子。
一方、ヒョクジュンの方は、ジョンスクのことを妹のような存在としか見ておらず、結婚に乗り気でない。がんばれジョンスク!というのが今後の展開。

私がこれまでに観た韓国ドラマでは、男性の方が積極的に女性をクドくパターンの方が圧倒的に多かった気がするが、こういう逆パターンの方が、ヒロインに感情移入しやすい。「がんばれ!」と応援したくなる感じ。

最初、ジョンスクが友人グループと一緒に、ファッションセンスの異なる女の子グループにインネンつけてるシーンは、見てて何かイヤだな~と思ったけど、物語が進むうちに、彼女の勝気な性格がなんだかかわいく見えてきた。

ジョンスクよりもさらにパワフルな、怖い女性担任教師のキャラも気に入った。
いいな、あのキャラ。豪快で^^

韓国ドラマを観る楽しみの一つに、これまで顔写真でしか知らなかった俳優の演技を観れるという楽しみがある。今回は初、イ・ドンゴン!あぁ、このお目々パッチリなイケメンがドンゴンさんなのね~としみじみ。
とにかく韓国俳優は、ドラマで見るとすごくカッコイイ♡

それにしても、韓国ドラマのアクション・シーンには、よく特撮が使われるような・・・。
ヒョクジュンが犯罪者と間違えて不良グループと乱闘するシーンでは、壁を蹴って飛ぶわ、空中で相手のアゴを蹴りまくるわ・・・^^;
よほどの「武術の達人」とか「魔法使い」とかいう設定以外では、アクションは特撮じゃなく、リアルな立ち回りで見せてほしいなと思うのだが。

とにかくまた一つ、毎週チェック!の韓ドラが増えた。

おかげで日本ドラマの方は、今シーズンは「医龍2」オンリーとなってしまった( ∇ ;)

でも、今TVでやってた「ガリレオ」次回予告の「ポルターガイスト」には、ちょっと興味そそられた。このドラマ、第1章はおもしろかったけど、第2章はイマイチだった。福山雅治&柴咲コウのキャスティングはいいと思うので、あと毎回、謎の事件の種明かしに「なるほど!」と思わせる説得力を持たせられれば、高視聴率をキープできるんじゃないかと思う。

他のドラマも数本チェックしたけど、韓ドラの「LOVE」と「人間ドラマ」の濃さの前には、インパクト弱過ぎだ・・・。




ドンくん記者会見@Yahoo!動画

2007年10月19日 22:42

Yahoo!動画に、釜山国際映画祭のドンくん記者会見シーン登場(↓プレイリストにあり)
短いけど、これまでより大きめの画像で、字幕入りで観れるのがうれしい^^

下のプレイリストの中の<釜山国際映画祭>スターたちの饗宴 “アジアの星”が輝く夜というタイトルの動画は、レッドカーペットに登場するスターたちを、コメントなしで、テンポのいいBGMに乗せてどんどん紹介するというスタイルを取っていて、結構楽しめた。

映画祭のゲストの写真は、これまでにもネットでチラッと見たけど、写真と名前だけではピンとこなかった俳優さんも、動画で観ると「あ、この人、ドラマで見たことある!」と気づくことがあり、そういう発見も楽しかった。




NEW ENTRIES