FC2ブログ

嵐買い。

2008年11月19日 16:25


きょうは行きつけの本屋に行き(バイトも本屋、休日も本屋・・・)、TV誌、女性週刊誌など嵐関連の雑誌を軒並みチェック。その中から厳選して4冊を購入した。

「TV LIFE」「TVぴあ」は「流星の絆」関係。「女性自身」は、週刊誌のコーナーを見渡したが置いてない! 綴じ込みのソウルツアーグラビアのせいで売り切れか!?と思いきや、「女性セブン」の後ろに1冊隠れていたのを発見、get!「Cut」は潤くんに表紙から悩殺され・・・

「買う前に計算してたより、意外と安く済んだなぁ・・・」と思いながらの帰り道、うっかり「an・an」を買い忘れたことに気づいた私。思わず、「あー、しまったぁ~っ!!」と叫びながら、住宅街の道の真ん中で、まるでドラマのワンシーンのようにしゃがみ込んだ。すると背後から、チキチキチキ・・・と自転車が近づいてくる音が・・・恥ずかしくて後ろを振り向けませんでしたよ
「いったいあの人は、何をあんなに落胆してるんだ?」って話ですよ・・・

結局「an・an」は、途中のコンビニで買って帰りました。





スポンサーサイト



もし僕らが、嵐でなかったら。

2008年11月02日 09:03


先回、auカタログについて、なんかトボケた感想を書いてしまったけど、昨日、TVでCMを観て驚きました。「もし僕らが、嵐でなかったら。」というキャッチコピーで、CM展開されてたとは!

さっそくauサイトで、彼ら5人のプロフィールを読んでみると、先回抱いたイメージとさほど違いはなかったけど。翔くんは商社マンで、潤くんは有名オーケストラの若手楽団員。変わった形の楽器ケースだなぁと思ってたら、中からトロンボーンを取り出してましたね。ニノは、バイトしながら小劇団で創作芝居に打ち込み中。大ちゃんは、外資系証券会社のディーラー。アイちゃんは、実家がパン屋さんなんですね。どうりで、社会で飼い慣らされてない、自由な雰囲気があると思いました。

この中で、ニノだけがやっぱり「演じること」に携わってるんだよね。他の4人は畑違いな職業設定なのに。CM制作者が、やはり、ニノの役者としての天性の才能を、彼のイメージから捨てきれなかったのかなと思うと、興味深いです。私としては、ゲームクリエーターでも「アリ」だと思うんだけどね。でも、コンビニ店員さんの方が、視聴者にとっては身近で親しみやすい職業なので、OKだと思います。

このCMのコンセプト、おもしろくて好きだな

ちなみに携帯の機種、迷いに迷ったあげく、ようやく決まりそうです。
基本使用料「シンプル980」対応の機種を、機種変更で一括購入すると、ゆうに3万円を超えるんだよね・・・最近の機種は高い その中から、比較的お値打ちで、カメラ機能のいい物をショップの店員さんに選んでもらったので、後日、それを購入しようと思っています。


NEW ENTRIES