FC2ブログ

「義兄弟」の夏、終わる。

2009年09月29日 23:58

去る6月5日クランクインした「義兄弟」は、4ヶ月間の日程を経て、去る22日仁川(インチョン)空港にて、「ハンギュ」と「チウォン」の出国場面でクランクアップした。ソン・ガンホとカン・ドンウォンをはじめ、すべてのスタッフたちは、2009年夏シーズンの間、貴重な玉の汗を流してオールインした映画「義兄弟」を通して、2010年上半期の劇場街を熱い雰囲気に包む予定だ。

クランクアップ当日、二人の主人公ソン・ガンホとカン・ドンウォンは、それぞれ現実的で人間的な性格の「ハンギュ」と、うわべは冷たいが内面にあたたかい感性を持った「チウォン」のキャラクターに完璧に没頭したことはもちろん、幻想の演技呼吸を誇示して有終の美を飾った。

チャン・フン監督のOKサインが下りた後には、監督と俳優、スタッフたちがお互いを励まし合い、撮影終了に対する惜しさをほのめかしたりした。

「ハンギュ」役のソン・ガンホは、「昨夏は『義兄弟』のための季節だった。観客の方たちが私たちの映画を好んで見てくれたらいいなと思う」と、最後の撮影に対する所感を伝えたし、「チウォン」役のカン・ドンウォンもまた、「皆が苦労して撮った映画だ。4ヶ月間何の事故もなく無事に撮影を終えることができて幸いに思う。熱心に撮ったぶん良い映画として完成してほしい」と最後の所感を残した。


≫映画「義兄弟」来年封切り予定(プライム経済)より


映画「義兄弟」、9月22日にクランクアップ。
キャストはじめスタッフのみなさん、お疲れさまでした!
ほんと、ドンくんの言うように、撮影期間中、無事故で終えられて何よりです。
待望の画像がアップ 沈鬱な面持ちのチウォン、「うわべは冷たいが内面にあたたかい感性を持った」彼に早く会いたいです(≧▽≦)
映画は来年上半期に韓国で公開。その頃ドンくんは、どうしているのかな・・・?


スポンサーサイト



いよいよ始動!「義兄弟」

2009年06月07日 16:29

★映画俳優ソン・ガンホが11年ぶりに国家情報院要員になった。

ソン・ガンホは、映画「義兄弟」(監督チャン・フン)で元国家情報院要員イ・ハンギュ役を引き受けた。彼は去る1998年、韓国映画のルネサンス期を開いたカン・チェギュ監督の「シュリ」でも国家情報院要員を演じた。

ソン・ガンホ演じるイ・ハンギュは、頭よりも行動が先走る人間味あふれる要員だ。ソウルのど真ん中での謎の銃撃戦のため、国家情報院から追い出されることになった彼は、その6年後、北から見捨てられた南派スパイ・ジウォンと身分を偽ったまま対決を繰り広げることとなる。相手役である緻密で冷徹な北朝鮮のエリート工作員「ソン・ジウォン」役は、カン・ドンウォンが引き受けた。ソン・ガンホは、昨年のデビュー作「映画は映画だ」で脚光を浴びたチャン・フン監督への信頼のために、シノプシスだけ見た段階で出演を決めたという裏話だ。

「義兄弟」は、忠武路(チュンムロ)最高の「演技派俳優」ソン・ガンホと、「スター俳優」カン・ドンウォン、チャン・フン監督の出会いだけで期待作として浮上している。
5日には、国家情報院でハンギュが単独で作戦を指示する場面の撮影を始め、4ヵ月間の撮影を経て、今秋に封切りする予定だ。


≫ソン・ガンホ、11年ぶりに諜報活動に入る(スポーツカン)より


★ソン・ガンホ、カン・ドンウォンが主演する映画「義兄弟」が5日から撮影を始める。昨年「映画は映画だ」で革命的にデビューしたチャン・フン監督の次回作だ。韓国を代表するソン・ガンホが早目にキャスティングされて注目を浴び、最近カン・ドンウォンのキャスティングも確定した。二人が映画で一緒に息を合わせるのは今回が初めてだ。

映画を製作・配給するショーボックスメディアフレックス関係者は、「良い監督やスターキャスティングを察するに、興行性と完成度を取りそろえた作品が生まれるだろうと自信を持つ」と明らかにした。映画はこれから4ヵ月間の撮影を経て、今秋封切りする予定だ。


≫ソン・ガンホ、カン・ドンウォン「義兄弟」撮影開始(スポーツワールド)より


★俳優ユン・ヒソクが映画「義兄弟」にキャスティングされた。

彼はカン・ドンウォンの友人である北朝鮮工作員、ソン・テスン役を引き受けた。家族命のソン・テスンは優柔不断で優しい性格の持ち主で、強靭に徹するスパイのイメージにそぐわない個性を持つスパイの姿を披露する予定だ。

ユン・ヒソクは、映画「古い庭園」「お熱いのがお好き」や、MBCドラマ「90日、愛する時間」、KBS 2TV「BAD LOVE」、KBS「春、春春」、SBS「甘い私の都市」等に出演、幅広い演技と多様な魅力で広く愛されている。


≫ユン・ヒソク、カン・ドンウォンの友人で「義兄弟」にキャスティング…優柔不断なスパイに変身(Newsen)より


6月5日クランクイン! いやぁ~、始まりましたね~「義兄弟」。
ドンくんは、「緻密で冷徹な北朝鮮のエリート工作員」・・・きゃぁぁあ~ん
観たい、早く観た~い、coolなドンくん!(≧▽≦)
今秋封切り予定・・・こっちの方が「チョン・ウチ」より早く公開されるんですね。
coolなソン・ジウォンの後に、hotなチョン・ウチ・・・メリハリがあってよろしいんじゃないでしょうか?^^
ドンくんの友人役には、ユン・ヒソクさんが決定。今後続々とキャスティングが発表されそうですね。どんな作品が出来上がるのか、とーっても楽しみです!^^



次回作検討中?

2009年03月25日 02:31

俳優カン・ドンウォンとソン・ガンホが、映画「義兄弟」(仮題)にキャスティングされた。

映画「義兄弟」は、昨年「映画は映画だ」でデビューしたチャン・フン監督の新作で、南に送り込まれた北朝鮮の工作員と、元国家情報院要員が同居を始めることになって広がる話を盛り込む。

早めに出演を確定したソン・ガンホは、劇の中で元国家情報院要員で出演する。彼はチャン・フン監督に対する信頼と、シナリオの完成度を見て快く出演を決心したとわかった。

ソン・ガンホの相手役として、カン・ドンウォンが呼吸を合わせる。カン・ドンウォンは北朝鮮の工作員で出演する。南に送り込まれるスパイとして徹底した教育を受けたが、韓国にきて予期できない状況に巻き込まれることになる。

ある映画界関係者は、「カン・ドンウォンが出演を肯定的に検討していて、現在、詳細な契約を調整していることで分かる」と明らかにした。

「義兄弟」は来る5月クランクインする予定だ。


≫ソン・ガンホ-カン・ドンウォン、映画「義兄弟」で会う(OSEN)より


北朝鮮の工作員と、南の国家情報院要員・・・なんだか映画「シュリ」をほうふつとさせる設定だ・・・と思ったら、ソン・ガンホ、「シュリ」に出演してたんだね!ハン・ソッキュの同僚役で(いま知った)。

ガンホssiとドンくん、二人の画像を見比べると、いかついオッサン(失礼)と愛らしい少年(青年ですが・・・)って感じで対照的・・・と思っていたら、ガンホssi、自分より年下だった・・・ガ~ン(いや、別に、オヤジギャグじゃなくて

今度は友情と敵対する立場の間で引き裂かれる、男同士のせつない物語?

それにしても、クランクインが5月って・・・出演決定となると、ドンくん、「チョン・ウチ」のクランクアップと同時に、次回作の撮影に入るわけ? 準備期間は? 休養どころじゃないよね・・・ なんか入隊前に一気に撮りまくるって感じで・・・ファンとしては、スクリーンで彼の姿が観れる機会が増えるのはうれしけど、彼の身が心配です



NEW ENTRIES