FC2ブログ

「チョン・ウチ」ドンくん、お目見え。

2009年10月04日 19:48

100億ウォン台の超大型道術が繰り広げられる

「韓国版『オーシャンズイレブン』」あるいは「チェ・ドンフンの『いい奴、悪い奴、変な奴』」というたとえのように、「田禹治(チョン・ウチ)」はいろいろな面で派手だ。ひとまず延々8ヵ月の間ソウル、釜山(プサン)、大邱(テグ)、鉄原(チョルウォン)、前週(チョンジュ)、益山(イクサン)などを回り、フィリピン・ボラカイ海外撮影まで大規模ロケを消化した「田禹治」は、100億ウォン台の製作費が投入された超大型プロジェクトだ。

都心ビル群でのワイヤーアクションはもちろん、江南大路(カンナムデロ)や清渓川(チョンゲチョン)、明洞(ミョンドン)などの繁華街で「道術」を使いながら通った。そこに「犯罪の再構成」(2004)と「タチャ」(2006)に至るチェ・ドンフン映画のファンならば非常にうれしい面々が総出動する。

「チョン・ウチ」の師匠ペク・ユンシクには、「タチャ」のピョン・キョンチャンが浮上し、ユ・ヘジンの「犬みたいな人間」の演技は、すでに目先ににちらつき、「タチャ」の「餓鬼」キム・ユンソクは、高尚な人と悪魔の間を行き来する冷ややかな二重人格的姿を見せてくれる。

いわゆる「チェ・ドンフン師団」に新しく合流したカン・ドンウォンもあなどれない。ふと「刑事 Duelist」での長髪とクールなジェスチャーが浮かび上がるが、チョン・ドゥホン武術監督が「オリンピックにワイヤー種目があったら断然金メダル」とほめたたえた彼は、過去の全てのキャラクターと比べて最も明朗マンガに近いムチャクチャな道士だ。

だが、やはり今まで負け知らずで駆けてきたチェ・ドンフン監督に対する信頼が最も大きい。強奪や賭博など、卓越した語り手として犯罪映画の新しいトレンドを作った彼が土俗的ファンタジーとして「道術」に挑戦したこと。何か明らかにしてみれば、トリックとしての犯罪や道術は同一かも知れない。それは、やはり撮影前から長期の犯罪映画的な要素と創意的なCGについて、皆で悩んでいた。問題は500年の時間差を、不自然でないように描き出すということであるはずなのに。

「犯罪の再構成」では韓国銀行の前でも臆せず、「タチャ」ではホ・ヨンマンという名の前でも達者な腕前を見せてきた彼だ。スポーツにたとえれば、彼は常に攻めのサッカー、攻めの野球を駆使する監督だ。これで、彼がどんな札を取り出すのか見守るだけになった。

UP 「韓国型ブロックバスター」ではなく「韓国型スーパーヒーロー物」と呼んでほしいという通り、「田禹治」は単に規模にだけ気を使わない。怪物中の怪物、「海雲台(ヘウンデ)」の波と比べようとするなら、「道術」はもう少しアップグレードされた韓国映画の挑戦でもある。

DOWN 現在の韓国映画界において、デビュー作から3~4作に至るまで負け知らずで駆けてきた監督は、唯一キム・ヨンファのみだ。ポン・ジュノもデビュー作を除いては「殺人の追憶」のみ該当する。そのような点で「田禹治」は、チェ・ドンフン監督の最も重要な勝負どころである。


[下半期期待作] 9.戦友分(CINE21.com)より


「チョン・ウチ」のドンくん画像登場
暗くて表情はイマイチよくわからないけど、光まぶしい夜のビル街を背景にした韓服姿は、
ミスマッチなところが新鮮でよいです。
「これまで負け知らず」のチェ・ドンフン監督の手腕に大いに期待したいです。
(ドンくんがいい演技をしてるだろうことは疑う余地もないので)


スポンサーサイト



ファンタジーコミックアクション「田禹治」

2008年12月29日 22:32

新年の韓国映画期待作として、パク・チャンウク、ポン・ジュノ、チェ・ドンフン監督の作品がそれぞれ紹介されていた。

■チェ・ドンフン <田禹治(チョン・ウチ)>

朝鮮の田禹治「ファンタジーコミックアクション」で復活

「タチァ」「犯罪の再構成」を生み出したチェ・ドンフン監督が、朝鮮時代に向かった。古典小説「田禹治伝」からアイデアを得た映画「田禹治」だ。
濡れ衣を着せられて絵掛け軸に閉じ込められた朝鮮時代の道士・チョン・ウチが、500年後に封印から解かれ、現代の世を乱す妖怪たちと戦う話である。
チョン・ウチは「修行」より「女」により関心の高い若き道士。封印を解かれる条件として、やむをえず妖怪退治を引き受けるが、生まれつきのいたずらっ気と勝負欲、そして500年の時差のために、常に騒動を巻き起こす。ジャンルでいえば、ファンタジーコミックアクションといえる。

がっちりしたプロットと頭の切れる演出で名声を得たチェ監督が、昔の伝来童話をスクリーンに繰り広げ、どんな面白味を見せてくれるのかが期待される。製作者のイ・ユジン映画会社「家」代表は「ヒーロー映画が多くない私たちの現実で、韓国的なヒーロー映画を試みるということに意義がある」として、「外国の多くのマン・シリーズのように、続編を製作できるほどチョン・ウチのキャラクターをうまく生かせれば良いだろう」と語った。

カン・ドンウォン(写真)がチョン・ウチ役を、イム・スジョンが過去にチョン・ウチが慕った女性似の現代女性ソ・インギョン役を担った。チョン・ウチと対決するファダムをキム・ユンソクが引き受け、高尚そうな人間が悪党に変わっていく姿を見せてくれる予定だ。チョン・ウチの道術で人になった犬、チョ・レンイにはユ・ヘジンがキャスティングされ、チェ監督軍団といえるペク・ユンシクとヨム・ジョンア等も出演する。 コンピューターグラフィックが入る場面が、映画の半分程の200ヵ所もある。 現在50%ほど撮影。8月封切り予定。


凍りついた忠武路(チュンムロ)はあなたたちを待っていた(ハンギョレ)より


また、現在「チョン・ウチ」撮影中の撮影所からの話題も。

先月1日から、全州(チョンジュ)映画総合撮影所の野外セット場で、撮影の真っ最中であるカン・ドンウォン、イム・スジョン主演の「田禹治」が、今年62日の撮影日数を数え、来年3月8日まで66日にかけて撮影を進行する予定だ。

全州映画総合撮影所、韓国映画撮影場の産室として位置づけ(NeWSIS)
より


チェ・ドンフン監督、なかなかイケてるじゃないですか。 「恋するハイエナ」のオ・マンソク(チェ・ジンボム役)にちょっと似てる。

チョン・ウチの「生まれつきのいたずらっ気と勝負欲」って、そのままドンくんのイメージに当てはまりません?^^*

「チョン・ウチ」は、ジャンルでいえば「ファンタジーコミックアクション」・・・ それだけいろんな要素が混在してるってことですね。いっそ、「ファンタジーコミックロマンスアクション」といきましょう

映画の製作会社代表の話によると、どうやら興行成績次第で、今後のシリーズ化もあり得ると・・・これはぜひぜひヒットしてほしい! でもドンくんには、そんなこと関係なく、のびのびと演技してほしいと思います。

ドンくんの写真、「チョン・ウチ姿が見れる?」と期待してたら、ファッション写真でした・・・。映画完成までマスコミへの公開が「封印」されてるのかな?

映画の半分が、コンピューターグラフィックのシーン・・・CGも使いようで、迫力が増したり陳腐なシーンになったりするので、何ともいえないけど、チェ監督のセンスに期待したいです。

8月公開予定かぁ。観に行きたいなぁ



有名監督、花美男スターとタッグを組む。

2008年05月08日 21:11

韓国を代表するスター監督たちが美男スターにハマった。

多くの映画ファンが新作を指折り数えて待っている、名前だけである程度の興行が保障されるポン・ジュノ、チェ・ドンフン監督。 最近、国内で二番目というには悲しい美男俳優ウォンビン、カン・ドンウォンと手を取り合った。また「マルチュク青春通り」「卑劣な街」のユ・ハ監督は、チョ・インソンだけでは足りずチュ・ジンモまでキャスティングして撮影に入り、キム・ギドク監督はオダギリジョー、久しぶりに復帰したヨ・ギュンドン監督もイ・ジョンジェ、キム・ソックンと撮影を終わらせた。

ポン・ジュノ監督は新しい映画「マザー」にウォンビンをキャスティング。ヒロインにキム・ヘジャを早めに確定した後、苦心の末にウォンビンと手を取り合った。製作関係者は「ポン・ジュノ監督でも興行に対する負担は大きい。商業映画期のために男性主人公のキャスティングに多くの努力を注いだ。 特にヒロインのキム・ヘジャを相手にできる演技力を持つ美男俳優が必要だった」と明らかにした。

「タチァ」のチェ・ドンフン監督も新しい映画「チョン・ウチ」のタイトルロールにカン・ドンウォンを選択した。長年の仲間であるキム・ユンソク、ユ・ヘジンを先にキャスティングした後、カン・ドンウォンが迎え入れられた。

ユ・ハ監督の「サンファジョム」は、チュ・ジンモとチョ・インソンが共演しているし、キム・ギドク監督の「非夢」はオダギリジョーが撮影を終わらせた。ヨ・ギュンドン監督はイ・ジョンジェとキム・ソックンという二人の貫禄ある美男俳優と「妓房乱闘事件」を完成させた。

「ファンタジーの相棒」スター監督と美男俳優の出会いは、お互いの必要の上に成り立つ最良の組み合わせだ。とくに映画市場が不況を経験して難しくなった投資市場はこれらの出会いをけしかけている。

スター監督は美男スターの選択、製作費投資も容易で、興行に対する負担も減らすことができる。美男スターにとっても、有名監督の映画出演はフィルモグラフィーを引き立てられる良い機会だ。とくにカン・ドンウォンとチョ・インソンは、それぞれイ・ミョンセ、ユ・ハ監督と出会い、花美男スターの映画俳優として認められた。

≫ 「監督は美男がお好き」(スポーツ東亜)より
*画像は左がチョ・インソン、右がウォンビン、真ん中は・・・誰?


韓国の映画市場も不況のため、できるだけ興行収入が得られるよう、有名監督と人気俳優を組み合わせて観客動員を狙う傾向にあるのね・・・。
ドンくんが「花美男スターの映画俳優として認められた」作品といえば、イ・ミョンセ作品もそうだけど、何といってもキム・テギュン監督の「オオカミの誘惑」でしょう
「チョン・ウチ」は絶対観たい(≧▽≦) けど、ビン兄の「マザー」とオダジョー出演作品も気になる♪




ドンくん、スーパーヒーローに決定!

2008年04月29日 21:22

チェ・ドンフン監督の次回作を製作する映画会社チブは29日、「チェ・ドンフン監督の次回作『田禹治(チョン・ウチ)』にカン・ドンウォンとキム・ユンソク、イム・スジョンがそれぞれキャスティングされた」と明らかにした。

「田禹治」というチェ・ドンフン監督の次回作という点と、時空間を超越して現代に登場する道士たちの話という点で、これまで忠武路(チュンムロ)の関心を集めた作品だ。

「田禹治」は、濡れ衣を着せられて絵掛け軸に閉じ込められた朝鮮時代の道士・田禹治が、500年後の現代に封印を解かれて、世の中を惑わす妖怪たちと対立して戦う活躍の姿を描いた映画。「洪吉童伝」と共に代表的な古典英雄小説として知られる「田禹治伝」からキャラクターモチーフを取り、現代を主要背景に再創造したファンタジーアクション物だ。

「M」以後、長い沈黙を守ってきたカン・ドンウォンは、チェ・ドンフン監督の全面的な信頼によりこの映画出演を決めたことが分かった。 カン・ドンウォンが声の出演をした「あいつの声」を製作した映画四集との縁も一役買ったという裏話だ。

カン・ドンウォンは「田禹治」で、道術の実力は優れているが、遂行よりは風流と女にもっと関心の高い若い道士、田禹治役を引き受けた。封印から解かれる条件で、やむをえず妖怪を捕まえる任務を引き受けるが、生まれつきの茶目っ気と勝負欲、そして500年間の時差のために常に騒動を巻き起こすムチャクチャな悪童を演じる。

映画四集のイ・ユジン代表は「カン・ドンウォンは、『私たちの幸せな時間』『M』などで貴重な演技をしたが、『彼女を信じないでください』で以前コミック演技の披露もした。 カン・ドンウォンとしても『田禹治』は挑戦だが、良い結果が出ると思う」と明らかにした。


キム・ユンソクは道学が深いことで有名な道士 「ファダム」 役を引き受けて、カン・ドンウォンと対決の構図を取る。朝鮮時代に神仙たちの手助けをして田禹治を封印したファダムは、現代では妖怪を操る伝説の笛「万波息笛」の主として田禹治と再び対決することになる人物。

ホ・ジノ監督の「幸福」以後、しばらく次回作を決めなかったイム・スジョンは、チェ・ドンフン監督と映画四集に対する信頼から「田禹治」に合流した。今年初めからニューヨークに滞在しながら、CF撮影のためにたまに帰国したイム・スジョンは、「幸福」で縁を結んだ映画四集でチェ・ドンフン監督の次回作を製作することに大きな期待感を表したという裏話だ。

イ・ユジン代表は「イム・スジョンとカン・ドンウォンは、通常のヒーロー映画の男女の主人公のようにロマンスを映画で表現するだろう」と明らかにした。

≫「タチァ」 チェ・ドンフン監督次回作「田禹治」はどんな映画?(マネートゥデースターニュース)より

ユ・ヘジンは田禹治の最高の助力者で友人の「チョ・レンイ」役にキャスティングされた。「チョ・レンイ」は、実は田禹治が道術を使って人に変身させた「犬」で、人として過ごすことになじんで、本来の姿に戻るのを死ぬほど嫌がる。 名前のように滑稽なおしゃべりキャラクター「チョ・レンイ」は、ユ・ヘジン印のコミック演技と結合して、観客を笑わす責任を担う。

≫スーパーヒーローのための最高の結集「スクリーントップ4人衆」(デイリー)より


日本語記事もあり↓
≫カン・ドンウォン-イム・スジョン、映画「チョン・ウチ」キャスティング(BUNKAKOREA)
≫カン・ドンウォン、韓国英雄キャラクターで映画カムバック(Innolife)
*なんか、まるで引退してたようなタイトル・・・^^;
≫映画『田禹治』、カン・ドンウォンの相手役はイム・スジョンに決定(Innolife)
≫主役にカン・ドンウォンとイム・スジョン=映画『田禹治』(朝鮮日報)


今朝から、このニュースがネットを賑わせてましたね~^^
結局、主役はドンくんに決定!現代が舞台の妖怪退治ファンタジーって・・・ちょっと想像つかないけど、面白いものが出来上がるといいなぁ。
ドンくんの役どころって、なんか、「デュエリスト」で見せたアクションと、「マジック」のプレイボーイぶり、「オオカミの誘惑」で見せた茶目っ気、そして「彼女を信じないでください」のコメディ演技が合体したような感じでしょうか?どんな彼が観れるのか楽しみです。
クランクインは8月中旬。ドンくん、ファイティン!



ドンウォン、「朝鮮時代のスパイダーマン」となるか?

2008年04月21日 14:12

花美男スター、カン・ドンウォンがチェ・ドンフン監督の「戦友致奠」(映画会社家)を次期作に検討中だ。正確に言えばスター監督との「ウィン-ウィン」(win-win=両者にとって有利)を摸索中だ。

カン・ドンウォンのマネジャー、パク・ヒョンジュン室長は、「ドンウォンさんが、映画会社から『戦友致奠』についての話を聞いて関心を見せたが、まだシナリオ完成本が出来てこない状態」として線を引いた。 投資・配給会社も未定であるだけに、まだ出演の有無を論じる段階ではないという慎重さだった。

しかし忠武路(チュンムロ)では、すでにカン・ドンウォンの「戦友致奠」出演を既成事実化する雰囲気だ。 カン・ドンウォンがチェ・ドンフン監督の出演依頼を断る理由と名分が多くないからだ。誰もが共同作業してみたいチェ監督を、カン・ドンウォンが拒むわけがないという推測だ。

ある忠武路関係者は、「何より『戦友致奠』の主人公のキャラクターが、カン・ドンウォンによく似合う」と話した。 ほっそりしている体型としらじらしい笑い(?)などが、前愚癡のキャラクターとよくマッチするという説明だ。 劇中、師匠として出てくる徐敬徳との道術バトルシーンも、カン・ドンウォンにふさわしいという評が支配的だ。

ここに「オオカミの誘惑」「私たちの幸せな時間」を除いて、最近これといった興行作品がないという点も、「カン・ドンウォン+チェ・ドンフン」コンビを期待させる要因だ。カン・ドンウォンはイ・ミョンセ監督の「デュエリスト」「M」に相次いで出演したが、映画の美学的成就を除けば、演技力と興行成績はあまりぱっとしなかった。軍入隊の前にフィルモグラフィーをしっかりと作れる絶好の機会だ。

「戦友致奠」は朝鮮時代の作者未詳の古代小説で、各種道術に長けた前愚癡の活躍が筋書きの柱だ。弱者を代弁する前愚癡は、悪い宴官汚吏をこらしめ、貧しく無力な階層を助けるという点で、ホン・ギルドンと肩を並べる時代の英雄だった。「戦友致奠」が「朝鮮時代のスパイダーマン」に例えられる理由がここにある。

KAISTのキム・タクファン教授も、道術で世の中の不正に対して戦う男の人生という点で、「戦友致奠」はドラマや映画の魅力的な素材であると語った。

一方、映画会社家のイ・ユジン代表は、「ドンウォンさんとは『あいつの声』を通じて親しくなった間柄だが、『戦友致奠』に対してはまだ具体的に交わした話がない」と語った。

チェ・ドンフン監督の三作目となる「戦友致奠」に、カン・ドンウォンが無事「乗船」できるか気になる。

≫カン・ドンウォン「戦友致奠」でチェ・ドンフン監督とウィン・ウィン?(JES)より


これまた、カワイイ画像が載せられちゃって
まだ正式に決まってもないのに、忠武路では「主役はドンウォン」と話題になってると。
正義のヒーロー・ドンくんも、観てみたい気がしなくもないなぁ・・・(*^^*)
でも、映画の興行成績とドンくんの演技力を同列に並べて評するのはやめてほしい・・・ =3
「軍入隊」の文字を見ると、なんか、ハッとさせられるわ



NEW ENTRIES