FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛ドラマモード2/2

2008年05月25日 23:55

で、「コーヒープリンス1号店」第11~16話。

前回の第10話で、ウンチャン(ユン・ウネ)のことを男だと思っているハンギョル(コン・ユ)が、ウンチャンに愛の告白をする名セリフがあった。
「お前が好きだ。お前が男だろうが、宇宙人だろうが、もうどうでもいい。・・・行ってみよう、行けるところまで。二人で行ってみよう」
ク~ッ!(>ω<) これはもう、性別や星別?を超え、自分のキャパシティの限界にも挑もうという、究極の愛の告白だ~!

これは少女マンガの古典的名作、萩尾望都の「11人いる!」の中で、タダがフロルにプロポーズした言葉「僕でがまんしなよ」に匹敵する名セリフだと思った(今聞くと何てことのない言葉だけど、当時の少女マンガの愛の告白が「愛してる!」「結婚しよう!」が主流だった中で、とても謙虚でさりげないそのセリフが新鮮で子ども心にも感銘を受けた)

男にホレた自分に混乱し苦悩しながらも、愛を貫く覚悟を決めたハンギョルだから、実はウンチャンが女で、その事実を知らなかったのは自分一人だけだったと知った日にゃ、そりゃあ腹も立ちますよ。で、ウンチャンや周りの人たちと言いたいこと言い合ってケンカして、でも、ウンチャンを好きな気持ちは抑えきれず、結局二人は仲直り。

で、今度は、すぐにでも結婚して一緒に暮らしたいハンギョルと、自分がバリスタ(ノンアルコール飲料、とりわけコーヒーに関する知識と技術を持つ職業)として一人前になり、家族の生活を支えられるようになるまでは結婚したくないと言い張るウンチャンが、またまた対立。そこでハンギョルの祖母(キム・ヨンオク)が一肌脱ぎ、会社の研修制度を使ってウンチャンを2年間バリスタ修行のためイタリア留学させる案を出す。

ラブラブ最高潮な二人にとって、2年間離れ離れになるというのは痛手だが、これなら自立したいというウンチャンの意志は尊重されるし、ハンギョルも譲歩できなくもない条件だ。若い二人が自分の意志を通し続けて譲らず、なかなか解決できない問題を、人生の大先輩が助言することで解決の道へと導く。これが、とかく主人公の恋物語に家族も絡んでくる韓国ドラマの醍醐味だ(日本の面白いドラマも、主人公の周りの家族などの人間関係がやはりうまく描かれている)。

夜、ハンギョルに「会いたいよ」と携帯メールを打つウンチャン。ハンギョルは「夢で会おうな」と返信する。それを見て、いてもたってもいられなくなったウンチャンは、ハンギョルの家に押しかけ、そして二人は結ばれる・・・この「夢で会おうな」が絶妙だ。「また明日会おうな」とか、期待を後日につなぐ言葉だと、ウンチャンは恋しさを抱えつつもそのまま眠りについたかもしれない。でも、「夢じゃイヤだ」という激しい思いが、ウンチャンをハンギョルの元に走らせたのだと思う。

いよいよ次週で最終回かぁ。今度はネットのノーカット版でちゃんと観直したいな。



Soundtrack from コーヒープリンス1号店~心ときめくコーヒーの香り~
Amazon



スポンサーサイト

コーヒープリンス1号店 8杯目

2008年04月25日 16:02

毎週木・金曜にテレビ愛知で放送されているのを観ているが、カットされたシーンのために、「え、どういうこと?」と物語の流れがつかめなくなることが多々あり、民放のドラマ枠で放送するには難ありという気がする。

でもストーリーは、やっぱ、おもしろい!

ウンチャン(ユン・ウネ)とユジュ(チェ・ジョンアン)はタイプの違う女性なのに、ハンギョル(コン・ユ)とハンソン(イ・ソンギュン)のいとこ同士は、なんでここまで女の好みがカブるんでしょう?^^;
ハンギョルにはギュッとハグされ、ハンソンにはいきなりチュウされて、ウンチャンのオトメ心は複雑だ・・・。

ウンチャンがハンソンにキスされて家を飛び出し、ちょうど彼女とすれ違いに来たユジュと、ウンチャンの後を追うハンソンが、玄関で鉢合わせしたとき、二人の目線、微妙な表情のやり取りだけで、ユジュは何が起こったのかを悟り、ハンソンも彼女に気づかれたことを知る。その間、セリフは何もなしで、最後にユジュが一言「明日電話するわ」と言って去る。

こういうシーンを観るとすごいなぁと思う。日本のドラマは、えてしてこういう場合、余計なセリフを入れたり、大げさな表情を作ったりして、わざとらしくなりがちだから。こういうシーンに、「大人の鑑賞に堪える」韓国ドラマの底力を感じる。

今回は、ハンギョルの家庭事情が明かされ、なるほどな・・・と。バアちゃんとはズケズケ言い合いながらもあったかい間柄なのに、なぜか母親の方はハンギョルに遠慮がちなのがちょっと気になってたので。父親との確執の理由もこれでわかったし。父は妻や母に負い目のようなものを感じていて、ハンギョルに愛情を注げなかった、ってとこでしょうか?

しかし今回は、コヒプリ店員のソンギ(キム・ジェウク)にも、ウンチャンが女であることがバレ、あとはハリム(キム・ドンウク)にバレるのも時間の問題?結局、最後まで知らないのはハンギョル、という展開になりそうな・・・^^

コン・ユくんは、やっぱ、ウマイなぁと思う。魅力的です

次週も楽しみ♪



コーヒープリンス1号店 オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
Amazon


NEW ENTRIES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。