FC2ブログ

手が美しい芸能人Best 5

2009年10月07日 20:49

クリエイティブネール(www.cndkr.co.kr)では、新村(シンチョン)現代百貨店と龍山(ヨンサン)アイパーク百貨店の直営店を訪れる200人余りの顧客を対象に、手が美しい芸能人Best5アンケート調査を実施した。

女性芸能人の中で、最も手が美しい芸能人1位にはチェ・ジウが選ばれた。 1位を選択した意見の中には「ドラマで髪をかきあげる時の、その細い指がとても美しく、すべての女性たちの憧れの対象であり、男性たちの心を揺さぶるのに十分だ」というのがある。

2位にはソン・イェジンが選ばれた。ソン・イェジンを選んだ理由としては、その美貌同様真っ直ぐに伸びた美しい指が彼女の清らかさをよりいっそう引き立てるという意見。 美しい手の3位にはイ・ナヨンが選ばれた。イ・ナヨンを選んだ意見には、優れた身長に小さい顔、手まで美しいから、神様は不公平だという言葉が自然に出てくる、というものだ。

4位には最近一児のママとして、さらにかわいくなって帰ってきたキム・ヒソンが選ばれ、5位には近頃ドラマで忙しいソン・ユリが選ばれた。

男性芸能人の中ではソ・ジソプが1位に選ばれた。多くの意見の中、「소간지(?)」というニックネームで多くの女性たちの胸をときめかすソ・ジソプは、女性に劣らず長くて真っ直ぐな指の持ち主だというものが入っている。

2位にはイ・ジュンギが選ばれた。「王の男」で、実は女ではないかと勘ぐるほどの美貌を備えていたイ・ジュンギは、手の全体が美しく、苦労しないで育った金持ちの息子のようだという意見だ。美しい手の3位にチョ・インソンが、
4位にカン・ドンウォンが選ばれた。カン・ドンウォンを選んだ意見の中には、憂愁に満ちた目つきとともに、手をあごに当てている写真を見ていると、女性の手がこれ以上に美しいだろうかと思うほど、というものがある。 美しい手の5位には、彫刻のような美男、チャン・ドンゴンが選ばれた。

クリエイティブネールのクォン・ヨンヒ院長は、「美しい手の基本条件は、生れつきもあるが後天的に育てることの方がさらに重要だ」と伝えた。また、「以前は男性の手の場合、荒っぽい手が人気を集めたが、この頃は長くて細い手が人気を集めている」「美しい手を管理するためには、洗浄と補充、栄養を供給することが基本的に最も重要だ」とつけ加えた。


≫チェ・ジウ-ソ・ジソプ、「手が美しい男女芸能人」1位登板(マイデイリー)より


女性でも、「真っ先に、まず男性の手を見る」っていう人、いますよね?
私はもっぱら目きれいな目とその目力にひかれるのですが、結局、美しく整った顔の持ち主は、頭の先からつま先まで全身美しい・・・それはまるで全身が美の黄金率?とでもいうべきものに支配されているかのように・・・と、グラビアを見ながらいつもタメイキついてます。
画像のチェ・ジウの手は色っぽいし、ソ・ジソプの指もくっきりとキレイですねぇ・・・
ドンくんも、真っ直ぐに伸ばした指で口をおおっている画像をどこかで見たような・・・やはりキレイな指だと思いました。記事中に出てくる「憂愁に満ちた目つきとともに、手をあごに当てている写真」も、どこかで見たことあるような・・・?


スポンサーサイト

映画の中で一番お似合いの年上年下カップル。

2009年03月03日 12:59

今や年上年下カップル時代だ。 ドラマや映画の中に出てきた年上年下カップルの中で、どのカップルが一番お似合いだろうか。 パッチ(韓国の女性向けサイト)会員334人に尋ねた。

1.一番お似合いのドラマの年上年下カップルは?

1位は32%でMBCドラマ「私の名前はキム・サムスン」のキム・ソナ&ヒョンビンカップルが占めた。放映が終了して4年経つこのドラマのカップルは、今なお私たちに強く認識されたカップルであるようだ。一番は、時代の平凡な現実の中の姿にぴったりの「サムスン」での、キム・ソナの体当たりの演技と、若干の「礼儀」を兼ね備えたヒョンビンとのカップルの掛け合いが、ドラマに熱狂する私たちにうらやましさのあまり歯ぎしりをさせたドラマだ。

2位は16%でKBSシチュエーションコメディ「オールドミスダイアリー」の、イェ・ジウォン&チ・ヒョンウカップルだ。そのシチュエーションコメディの「チPD」チ・ヒョンウは、イェ・ジウォンにだけでなく、すべての20~30代のお姉さんたちを熱狂させ、成功した年下男性の姿を見事に作り上げた。

3位は12%のSBS「甘い私の都市」の、チェ・ガンヒ&チ・ヒョンウカップルだ。 ここで証明された。チ・ヒョンウは、望ましい年下男性のロールモデルを作り出し、もうどんなお姉さんとも最強のカップルになれる資質をそろえたということを! 事実、現在放映中であるKBS「愛しの金枝玉葉」でカップルとして出てくるユ・インヨンとは、なぜかあまり似合わないと多くの人々が言っている。


2.一番お似合いの映画の年上年下カップルは?


1位は34%で「私たちの幸せな時間」のイ・ナヨン&カン・ドンウォンカップルだ。 あまりにも幼く見えるイ・ナヨンの容貌で、それほど歳の差のあるカップルには見えないが、映画の中で合わされた彼らの呼吸は、最高の年上年下カップルに選ばれるのに十分だ。

2位は31%で「オールドミス ダイアリー―劇場版」の、イェ・ジウォン&チ・ヒョンウカップルだ。 これからさらに時間が過ぎても、年下の男「チPD」チ・ヒョンウキャラクターに追随するに値する俳優が、果たして出てこれるか気になる。

3位は意外な結果で13%の、「浮気するのにいい日」のキム・ヘス&イ・ミンギカップルが占めた。セクシー美の代名詞キム・ヘスと、ドラマの中でおっちょこちょいでまごまごするイ・ミンギの調和は、まるで叔母とおいがまず連想されるカップルだったが、映画で見られる彼らの演技と呼吸は、カップルランキング3位に上がるほどお似合いだった。


≫[スターリサーチ]ドラマの中のベスト年上年下カップルは?(JES)より


「年上年下カップル」とは、どうやら女性が年上のカップルを指すようで・・・。
映画の中で一番お似合いの年上年下カップルベスト1は、ナヨンちゃんとドンウォンくん
文章では、ナヨンちゃんの方がかなり年上な印象を受けるけど、実年齢で2歳上なだけ。
私の感覚では「ほぼ同い年」って感じだけどなぁ・・・=3

「私の名前はキム・サムスン」にしても、サムスンとジノンの年齢差は3歳。こんなの、私にとっちゃぁ、年下の域には入らない。せめて10歳くらい離れていなきゃぁ・・・
自分の年齢より10歳下でも、社会的には全然大人な年齢なので・・・自分が精神年齢低い分、相手が10歳くらい離れてても全然平気!って感じです。

それにしてもドラマ部門で2位、3位にランクインした「オールドミスダイアリー」と「甘い私の都市」、観てみた~い




映画で一番お似合いの
年上年下カップル♡



「私たちの幸せな時間」幻のラストシーン

2008年04月01日 23:10

FILM 2.0 のサイトで、「あなたがスクリーンで見られなかった結末」として、いろんな映画の「幻のラストシーン」が紹介されていた。中には「私たちの幸せな時間」も。

「私たちの幸せな時間」は、イ・ナヨンのエピローグが存在したケースだ。
決して癒されることのなさそうな傷を負って生きていく二人の男女の精神的交流を見つめたこの映画は、ユンス(カン・ドンウォン)との出会いと彼の死を通じて新しく希望を抱いて生きていこうとするユジョン(イ・ナヨン)の後日談を通じて、15歳のときの傷から脱した爽やかな姿を形象化する。
彼女はユンスが文通をしていた江原道分校の小学生たちと、海へ遊びに行こうといっていた約束を代わりに守るために、彼らと一緒に汽車に乗ってどこかへ向かう。やがて到着した海辺で、子どもの手に導かれて緑色の海へ近づく場面は惜しくも時間上の理由で劇場版に載せられることはなかった。


≫Last Scene Standing, 結末の再発見映画結末話(FILM 2.0)より

へぇ~、そんなシーンを撮ってたんだ。内容的には悪くない感じ。ユジョンが、ユンスの死の衝撃を乗り越え、もっと生きたかった彼の分まで懸命に生きている姿が描かれているようで、まさに爽やかなエンディングになったかもしれない。

でも、やはり劇場版のエンディングの方が正解だったと私は思う。ユジョンが写った1枚の写真、あのワンシーンは実に様々なことを物語っていた。この作品は、傷ついた魂同士の出会いと再生とともに、死刑制度の是非を問うものでもあったので、あの、あまりにも切なすぎるラストシーンが、映画が訴えたかったことを、実にストレートに観客の胸に打ち込んでくれたと思う。



私たちの幸せな時間
Amazon



私たちの幸せな時間

2007年08月08日 00:56



心を閉ざした二人の出会いが起こす奇跡

ユンス(カン・ドンウォン)とユジョン(イ・ナヨン)。
人に傷つき、人生に絶望して、生きる希望を失っていた二人が
出会えたこと。その二人が、お互いの心の傷となっている出来
事について語り、涙を流した後、心から信頼しあえるようになり、
生きることに心が向かうようになったのは素晴らしいことだと思う。

絶望の淵にあっても、人は、「一人じゃない」と実感できることで
踏みとどまれるし、「こんな自分でも誰かに必要とされている」
と感じることで立ち直れるものなのだ。


不幸せな中でも、人は幸せになれる

また私は、この映画から大切なことを教わった。
人は、不幸せな状況の中でも幸せになれる、ということを。
いつ死刑になるかわからないという状況の中でも、木曜日の
面会時に、楽しげに話をするユンスとユジョンには、確かに
幸せが訪れていた。二人の時間は輝いていた。

これまで自分は、自分の中に「幸せ」の理想像を掲げて、
現実の人生がそれとは程遠いことを嘆き続けてきた。
自分は不幸せな人間であると、ずっと思い続けていた。
そう感じる理由は現に存在した。

でも、ユンスとユジョンを観ていると、自分もこれまでに、
つらくて涙を流したとき、支えてくれた友人がいてくれたことを
思い出した。また自分も、友人がつらいときにはそばにいて、
そのことを感謝されてうれしかったことも思い出した。

自分にも、ユンス(この場合、心の深い部分でつながり合える
存在という意味で)がいてくれる。それは、とても幸せなこと
なんじゃないか。そういう自分は、もうすでに、幸せだったん
じゃないのか。そのことに気づいたとき、涙があふれ出て止ま
らなくなった。

人は、自分の理想像(思い込み、ともいう)からはずれた幸せ
には、なかなか気づけなくて、絵に描いた「幸せ」を求めて
空回りしてしまうものなのかもしれない。


あなたにとって、幸せとは何ですか?

二人の恋愛は悲しい結末を迎えてしまったが、ユジョンはこの先、
ユンスの死を乗り越え、彼の分までひたむきに生きていくに違いない。

悲しい物語だったけど、私にとっては、「自分にとっての幸せとは何か」
に気づかせてくれ、生きる希望を与えてくれた素晴らしい映画である。



映画の評価 ★★★★★
※評価ランク ☆ ★の半分 ★イマイチ ★★まあよかった
★★★フツーに感動 ★★★★強く感動 ★★★★★完璧



私たちの幸せな時間
監督:ソン・ヘソン 原作:コン・ジヨン「私たちの幸せな時間」(蓮池薫訳/新潮社刊)
脚本:ジャン・ミンソク 出演:カン・ドンウォン イ・ナヨン 他 2006年/韓国

NEW ENTRIES